HOME > コラム > お役立ち情報 > アルバイトなのに罰金を取られた時の相談場所と伝え方

アルバイトなのに罰金を取られた時の相談場所と伝え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

こんな話を聞いた事はありませんか?アルバイトで失敗をしてしまったら、会社に不利益をもたらしたなどと言って『罰金』を徴収されてしまった!もしもこんな話を聞いたらあなたはどう思うでしょうか?

おそらく多くの方が「ブラック企業」だと感じてしまうかもしれません。もしかしたら「失敗したんだから仕方がないのかな」なんて思う方もいるかもしれませんよね。

今回は、もしもアルバイトが失敗をして罰金を取られてしまった場合の、相談をする場所とどのようにして伝えたら良いのかについてのお話をしてきます。

アルバイトで罰金を取られてしまった過去の例



2018年1月下旬に大手コンビニエンスストアの「セブン-イレブン」で、体調が悪くてお休みしたいと訴えたアルバイトの女の子に、だったら代わりの人を探せと言われたという話は記憶に新しいですよね。

この時このアルバイトの方はお給料から1万円近く罰金として差し引かれていた事がわかり、母親による訴えでニュースとなりました。この時の罰金は代わりを探さなかったためだとか……。

また、コンビニエンスストアで深夜に勤めている方に多いものでは、廃棄処分をするお弁当やデザートを持ち帰った事がビデオカメラの映像で発覚し、商品代を払わないと万引きだと言われたなどがあるようです。

こうしてみるとコンビニエンスストアでの罰金が目立つように感じますが、営業でもノルマを達成できなかったからなどの理由で、お給料を出さなかったなんていう例もあるようですね。

さて、アルバイトで罰金を払うというのは実際には取ってはいけない事になっています。なぜならばアルバイトのお給料は、その人が生活をするのに必要不可欠なものだからですね。

仕事をしたのに些細な事で罰金を取られていたのではただ働きです!そんな事が許される時代はとうに過ぎているのです。

ですがこれは罰金を取られてしまう可能性が高いというものも確かに存在しています。それはどんな事なのかについてをお話ししましょう。

アルバイトでも罰金が生じる失敗ってどんな事?



本来はアルバイトにはペナルティを科すのは「違約金・賠償額予定の禁止」「賃金全額払いの法則」によって禁止されています。それでもこれは「ダメでしょう」という例もあるものです。

それは「信義則上相当と認められる限度」に当てはまる事をした時です。例えばお仕事をしている時に雇い主に著しく損害を与えるような事をしてしまった時です。

休憩中にタバコの火の不始末で火災を起こしてしまった場合、お客様に対して非礼を働いて顧客が著しく減ってしまった、などの場合ももしかしたら訴えられてしまうかもしれませんよね。

その際、お給料は支払われますが莫大な損害賠償を払う事にならないとも限りません。お客様への非礼に関しては社員教育の問題も指摘されるでしょうが、それでも多大な損害を与えた証拠があれば訴えられてしまうでしょう。

簡単に言えば、明らかにこれは過失だと判断された場合、(例えばお店のショーケースに入って撮影してSNSにアップしたなど)訴えられたりクビになってしまったりする可能性は高いといえます。

いずれもモラルに反した言動は慎むように心がけましょう。そうすれば多くの場合では罰金を取られる心配は無いと言えそうです。

アルバイトの問題の相談場所4選



それでももしも罰金を取られてしまい、これは納得ができないと思ったら、しかるべきところに相談をした方が良いですね。

労働に関する事での相談場所をいくつかご紹介いたしますので、もしも罰金を取られて困っているという場合は、気軽に相談してみても良いでしょう。

  • 弁護士ドットコム
  • ブラックバイトユニオン
  • 弁護士会法律相談センター
  • 市民相談室

相談場所に行った時の相談の仕方


もしも違法な罰金を取られてしまったら「相談場所」に相談をしにいくというのはわかりましたが、どうやって相談をしたらいいのかがわからなかったら意味がありません。

そこでもし不当に罰金を取られてしまった時に、各相談場所に行く時に必要なものや相談の仕方をご紹介いたしますね。

まずは相談しに行った時に、どんな風に罰金を取られてしまったのか、その理由はどんな事なのかについての細かな証拠を集めておく事をおすすめします。

相談先の方はその証拠を見て、その罰金が不当であるかどうかを素早く判断する事ができるからですね。罰金についての詳細を書いたものを書面でバイト先からもらうなどをすると良いかもしれません。

ですが警戒してもらえない場合には、給料明細などを持っていくと良いでしょう。さらに振込先となっている口座の通帳なども持っていくと良いですね。

もし不当に罰金を取られていたという事がわかれば、どうすべきなのかを教えてくれますし、必要なら罰金を取った企業に対して注意などをしてくれるでしょう。

泣き寝入りはダメ!自分のお金は自分で守ろう!



今回はもしもアルバイト先で不当な罰金を取られてしまった場合の、相談をする先と相談の仕方についてをご紹介いたしました。

せっかく働いているのに不当な理由でお金を取られてしまったらたまりません!今現在罰金の事で悩んでいるのであれば、相談できる場所を探して相談してみると良いでしょう。

関連記事