アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > ビールのスペシャリストで楽しく仕事!日本ビール検定とは

ビールのスペシャリストで楽しく仕事!日本ビール検定とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

日本人はビールが大好きですね。値上げされる前は本格的なビールを毎日晩酌で楽しまれていた方も多かったのではありませんか?中には夏場になるとビアガーデンなどを利用して、楽しい時間を過ごされている方もいらっしゃいます。

もちろん夏季限定ではなく1年中ビールを楽しむ方もいらっしゃるでしょう。今回は日本人が愛するビールに関係している資格、「日本ビール検定」についてをご紹介いたします。

日本ビール検定ってどんな資格なのか?



日本ビール検定というのは別に資格というわけではなく、ビールに関する広い知識を持っているという事を証明するための軽いものです。ビールがどうやってできているのかや、原料はどんなものが使われているのかなども知っている必要があります。

実はこの資格は「ビア検」とも言われている人気の資格でもあります。ビールが大好きという方が取得されているのもあるかもしれませんが、実は仕事にも活かす事ができる検定でもあるのです。今回はそこを掘り下げてご紹介していきましょう。

日本ビール検定はビールに関しての知識を知っている必要があり、知識が深ければ深いほど取れる資格の級も上がっていきます。もともとビールが大好きという方でその知識を仕事に活かしたい方に向いている検定です。

趣味の域を出ていないのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はお酒を取り扱う職業で有利になる検定の一つが日本ビール検定なのです。では具体的な説明をいたしましょう。

日本ビール検定を持っているとどんな得があるのか?



お仕事で活用する予定がなくても持っているとちょっと自慢できる検定かもしれません。職場でちょっとしたうんちくを語る事もできるでしょう。でもお仕事でこの検定を使うと有利になる事もあるのです。

例えば居酒屋で仕事をした場合で、日本や世界のビールを扱っているお店だと、おすすめポイントなどをご紹介したりビールの特徴などをお客様に説明したりもできますね。居酒屋だけじゃなくバーやスナックなどでも活躍できます。

さらに最近では世界中のビールやお酒を扱うお店も増えているので、お酒専門店でも活躍する事ができるでしょう。そんなはずがないでしょ?と思われるかもしれませんが、実際に持っている人だと作業効率も上がります。

それにビールを売り場で紹介する文章を考える時にも役立つでしょう。趣味で取得した検定でも本格的に仕事に活かす事ができるものもあるのです。その代表の一つが日本ビール検定という資格なのです。

もしも自分でウェブサイトなどを持っている方で、ビールに関する情報を紹介したいという場合も肩書として出す事ができるので、信頼性も上がるのではないでしょうか。

日本ビール検定の受験資格と試験内容



では日本ビール検定の受験についての詳しい内容をご紹介いたします。まず受験受付ですが4月~8月末までに受験の受付を済ませます。筆記試験を受けるのは9月末になるのでその間に勉強しておくと良いでしょう。

受験者数ですが年々減ってきているのは事実です。1年間でおよそ1000人程度の方々がこの「日本ビール検定」の試験を受けています。合格率は2018年で91.4%なので勉強をしっかりしていれば誰でも合格できる資格だと言えそうです。

学校などはありませんから自ら勉強するしかありませんが、参考書として日本ビール検定公式テキストなどが販売されているので、書籍にて受験日までにしっかりと勉強していくと良いですね。かなり詳しく記載されえいるので利用した方が得かもしれません。

受験資格は当然ですが20歳を過ぎている事です。受験会場は札幌、東京、名古屋、大阪、福岡なので遠い方にとってはハードルが若干高いかもしれませんね。受験料は級によって違います。

1級(2級合格者しか受験できません)→7,200円、2級→5,150円、3級→4,600円、1級2級併願→11,500円、2級・3級併願→9,250円です。ちなみに1級の合格率は6.1%と非常に難しいので十分に勉強してから受験すると良いですね。

日本ビール検定の資格を活かせる仕事とは?



先ほども少し触れましたが、居酒屋やビール専門店、バーやスナック、ビール専門の酒屋などに就職する時にもちょっとした知識があるという点で、採用率も上がるかもしれませんよね。

例えばお酒の量販店などに行った時によく見かける、お酒についての説明書きなどがありますが、ああいった説明書などを書くときに知識があれば、よりお客様の目を惹くコピーを考える事ができるかもしれません。

最近ネットを活用した専門サイトなどを作る時にも役立つでしょう。ちょっとおしゃれなバーなどではお客様に説明しながら地ビールを提供する事もできるでしょう。他にも活用の場はたくさんあるでしょう。

小売店や飲食店などで専門的な知識を有する人を欲しいという場合にも資格があった方が良いですね。ですが全般的にはお酒に関する商売をする時に有利な資格です。

【まとめ】ビールの専門家として活躍したい人におすすめの検定



今回はん本ビール検定というちょっと珍しい資格というか検定についてご紹介いたしました。毎年意外と受験者数が多い資格ですが、決して取得が楽な検定資格ではありません。

本当にビールについて知りたいという方はもちろんですが、本格的にビールの知識を必要とする仕事に就きたいと思っている方が取得すると、仕事や趣味がより充実するのではないでしょうか。

関連記事