アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > ビジネスマン・ウーマンとして恥ずかしくない時計の選び方

ビジネスマン・ウーマンとして恥ずかしくない時計の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

ビジネスマン・ビジネスウーマンとして今年から活躍する方の多くは新しい生活が始まる事でワクワクしているかもしれませんが、中には新型コロナウイルスの影響で不安があるという方もいるかもしれません。

どんな状況であっても一社会人として冷静な判断と行動でこの時期を乗り切りたいところです。今回はビジネスマン・ビジネスウーマンとして新たに活動をする方に、時計の選び方やマナーなどをご紹介いたします。

失敗しない時計のマナー



ビジネスで活躍する方にとって腕時計は無くてはならないツールの一つです。最近は携帯(スマホ)があるから時計は要らないという方も増えているようですが、時間を確認するためにスマホなどを取り出してチェックするのはあまりスマートではありません。

そこで社会人として恥ずかしくない時計をさり気なく身につける事をおすすめします。まずはビジネスで使用する時計に求められる基本的なマナーを頭に入れておくと良いでしょう。

一番気を付けなくてはならないのは、明らかに上司よりも良いブランドの時計を身につける事です。いくら時計が好きという方でも社長よりも良いブランドの高級時計はいけません。できれば会社内での自分の地位にあった時計やブランドを選びましょう。

あまりに良い時計を身につけていると、お得意さんがそれを目にした時に不快な気持ちになったり不安な気持ちになったりすることがあってはいけません。なので若い頃から高級ブランド腕時計を使うのは避けましょう。もちろんプライベートでは問題ありません。

また、あまり派手な腕時計を身につけるのではなく、ベルトは皮かメタルの落ち着いた雰囲気のものを選ぶと良いでしょう。さらにサイズはぶかぶか過ぎない適度な大きさで調節します。

ビジネスで活躍する時計を選ぶ時の注意



ビジネスマン・ビジネスウーマンとして恥ずかしくない、人気のブランドはどこなのかをご紹介していきます。

まずはできればデジタルよりもアナログの腕時計を選びましょう。デジタルでは絶対にダメというわけではありませんが、デジタルだと仕事用というよりも遊び用という印象がまだ定着しているようです。

なので仕事用として選ぶならアナログ腕時計を選びましょう。文字盤はできれば白い文字盤の方が良いでしょう。時・分・秒と3針のものが基本のようです。できれば皮のベルトが望ましいようですが、派手すぎなければ金属のものでも問題はありません。

その際には金よりも銀色(シルバー)を選ぶようにしましょう。文字盤については白だけではなくブルーの文字盤でも特に失礼はありません。あまり派手過ぎないものや小さすぎず大きすぎないものを選ぶと良いですね。

先にも説明したようにちょうど良いサイズのものだからといって、高級ブランドをさり気なく身につけるのはあまり良くありません。自分の会社での地位に合ったものを選ぶと良いですね。

仕事で時計をしないのはダメ?



腕時計なんてめんどくさい!今時腕時計なんてしてる人いないでしょ!なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ビジネスマンとして活躍するのなら腕時計はスーツと一緒で制服みたいなものです。

若い世代の方はスマホ見たら良い事だと思う方もいるかもしれませんが、世代によっては仕事の最中にスマホの画面をちらっと確認するのは大変失礼にあたります。例えそれが必要なツールであってもです。

お相手にはあなたがなぜスマホを見るのかがすぐには理解できませんし、何よりも「話してるのに何見てる?」と思われてしまったらせっかくの仕事を他の人に奪われないとも限りません。

もちろん腕時計なら何度でもがっつり見てもいいのかというとそうではありません。腕時計をチェックする時はさり気なく、相手に悟られないような見方をしましょう。

よくあるのは手を前にくんで腕時計を片方の手で覆っておいて、少し手を上にあげて腕時計を瞬時に確認する方法です。くれぐれもバレないようにこっそりと行いましょう。

20代ビジネスマン・ウーマンに人気の腕時計



CASIO(カシオ)CASIOは日本のブランドで、本社は渋谷といういかにも若い方にピッタリな時計ブランドです。CASIOはG-SHOCKを販売していて世界中で愛されていますが、さすがにG-SHOCKはいけません。

文字盤がシンプルなCASHIOのEDIFICE EQBなどは大人しめで、20代の男性ビジネスマンにおすすめです。男女共に人気でおすすめなのがORIENTの腕時計です。皮ベルトに白の文字盤といったシンプルでおしゃれなデザインが良いですね。

仕事ができる印象を与えたいと思う方に人気なのがダニエル・ウェリントンの腕時計でしょう。白文字盤でとてもシンプルで見た目もスッキリ見えます。CITIZENの腕時計も20代には人気が高くおすすめです。

30代ビジネスマン・ウーマンに人気の腕時計ランキング



30代というと中堅に近くなり責任のある仕事を任される年齢になってくる頃です。そろそろ部下の数や後輩の数が増えている年代です。腕時計も若い頃と同じではなく年齢に合った洗練されたデザインのものを選びましょう。

TAG HEUER(タグホイヤー)はシンプルでかつ洗練されたデザインが多くおすすめです。またJUNGHANS(ユンハンス)のシンプルで洗練されたデザインの腕時計もおすすめです。

高級感があるデザインの時計が多いので、30代の働き盛りのビジネスマンの方に最適でしょう。

40代ビジネスマン・ウーマンに人気の腕時計



そろそろポジション的には上の立場になっている年齢です。この年齢になるとやはり立場にあった腕時計を選ぶ必要があるでしょう。かといって背伸びしてハイクラスの腕時計を身につける必要もありません。

人気がそこそこ高くブランド名が知られていて、かつ価格が高額すぎないデザインの腕時計を選ぶと良いでしょう。

LONGINES(ロンジン)はシンプルでクラシカルなデザインが特徴で、40代のビジネスマンに最適です。GRAND SEIKO(グランドセイコー)なども良いですね。

他にもIWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)のポルトギーゼオートマティックはシンプルなのに高級感が漂います。何よりもどんなに古いタイプでも修理ができるのも良いですね。

ビジネスウーマンならCartier(カルティエ)などの腕時計がデザイン性も高く、機能性も高くておすすめです。

まとめ



今回はビジネスマン・ビジネスウーマンに最適な腕時計のマナーや、年代別に人気でおすすめの腕時計をご紹介いたしました。今の時期仕事どころの話じゃない方もいるかもしれませんが、ウイルスに負けず自分のやるべき事を行いましょう。

この記事が社会人になって初めて腕時計を選ぼうと思っているけれど、どんな腕時計を選べば良いのかわからないという方のお役に立てれば幸いです。

関連記事