アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 今後たくさんの人が求められる業種「コンサルタント系」について

今後たくさんの人が求められる業種「コンサルタント系」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
今、世界中で会社が倒産に追い込まれてしまったり、業績がどんどん悪化してしまったりする企業が後を絶ちません。業績が悪化してしまう理由はそれぞれですが、今回のように長期になると生き残りが難しくなってしまいます。

そして多くの企業が新型コロナウイルスの騒動が収まった時の会社の立て直しに不安を抱えています。そんな世の中において企業の見方はコンサルタントです。

今回は、これからの時代に多くの企業で必要とされているコンサルタントとは何か、どんな仕事をするのか、なぜ求められているのかなどについてをご紹介していきます。

コンサルタントとは?



まずはコンサルタントとは何かについでからご紹介しましょう。コンサルタントというのはクライアントから依頼を受けて業績を上げる、売上を上げる、市場の拡大などさまざまな要望に応えるのがコンサルタントです。

例えば営業実績を上げたいと思っている企業があったとして、その企業もそれなりに業績を上げるためにいろいろな工夫や努力をしているものですが、それでもなかなか業績が上がらないとします。

その時に同じやり方や同じ視点で対策を考えたとしても、それがうまくいかない時もあるはずです。だからといってそのままの状態でいると他の同じような企業に抜かれてしまわないとも限りません。

そんな時に頼みの綱として頼るのがコンサルタントだったりするのです。もちろんそれだけではありません。社員の教育のやり方を変えたいと考えている企業の依頼では、社員のやる気や士気を高める教育方法を提案したりもします。

つまりコンサルタントというのは企業や人の悩みを解決する手助けをするものと考えれば良いでしょう。

企業がコンサルタントを必要とする理由



先ほども簡単に説明したように、企業がコンサルタントを利用する理由はさまざまです。業績アップをしようと思っているけど方法がわからないとか、新しいやり方を導入したいと思っているとかですね。

さらに社員教育も同様です。昔の場合は叩いて叱って伸ばすというやり方でもついてくるのが普通でしたが、最近の若い方の場合は厳しくすると委縮してしまったり、中には反抗的な感情を持つ方もいらっしゃるでしょう。

それが人間関係をぎすぎすさせてしまい、本来その人ができるはずのことができずに辞めてしまうかもしれません。それを防ぐために今の時代に合ったやり方を導入するためにコンサルタントを活用したりするのです。

皆さんも経験がありませんか?ずっとわからなかった問題の解き方を、友人が説明してくれたらわかるようになったなんてこと!企業はこれまでとは違うやり方を導入したい時などに活用します。

ちなみに新製品の発売を企画していて、その商品をより多く販売するための販促をどのようにすべきかなどを知りたいためにコンサルタントを活用する企業もあります。

さらに今世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルスの影響で下がってしまった業績を、いかにして正常な状態に戻すかも大きな課題ですよね、こうした緊急時をどう回避するかの相談も増えていくので、今後コンサルタント業界は需要が高まると予想できます。

コンサルタントに必要な語学力と資格について



私たちが普段使っている日本語はとても特殊で、世界のほとんどの国の方が「難しい」と口をそろえて言います。日本人としては母国語なので決して難しいとは思わないでしょうが、逆を考えるとそれがわかりますよね。

日本人が海外の言葉を習おうとしても文法が違うのでなかなか上達できません。発音も全く違うので海外の言葉を話そうと思っても流暢に話すのは難しいのです。これは日本語が特殊な言葉だからなのかもしれません。

それでもグローバル化が進む現代では、英語の一つくらい話せないと仕事にならないなんてことも起こっています。日本国内の企業や人との取引のみならもちろん問題は無いかもしれませんが、海外の企業や人との取引を行う場合には嫌が応にも外国語の勉強は必要になります。

そんな時に活躍するのがコンサルタントです。海外との対等な取引を願う企業にとって、取引先の言葉がわかるコンサルタントはとても重宝するものなのです。

中でも英語は多くの国で普通に使われています。また、中国語やスペイン語なども多くの国で使われています。なので最低限英語が話せるようになると良いかもしれません。

そのための資格としてTOEICや中小企業診断士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、経営士、MBA、農業経営アドバイザー、医業経営コンサルタントなどもあると幅広い企業に重宝されるでしょう。

コンサルタントの仕事内容や収入はどんな感じ?



コンサルタント企業へ就職するとどのくらいの年収がもらえるのかですが、月収にすると平均で50万円前後と言われています。企業に勤めていればボーナスも100万を超えるでしょう。予想通りかなりの高額報酬です。

もちろん保有している資格や業績などにもよると思いますが、平均的な年収が700万を超えるほどなので、上を目指そうと思えば1000万も夢ではありません。もちろんその分資格の取得など勉強は必要になるでしょう。

仕事の内容はクライアントの企業を見て改善すべき点はどこなのかや、商品の売り上げを上げるための計画的な戦略や宣伝のやり方など、販促に関する分析と対策を提案し実施するために必要な教育や目標を定め実施します。

関連企業同士の連携や新たな取引先との取引のやり方、付き合い方などを指導したりもします。少しだけ業績が上がれば良いというわけでは無いので、苦労も多いかもしれませんがやりがいを感じる仕事ではあります。

また、コンサルタント企業で修行を積む事で、いずれ独立開業することも可能なのがコンサルタントの良いところでしょう。

今、世界中で業績を上げたい、生き残りたいと思っている企業が多い世の中だからこそ、企業が必要としているコンサルタントも人が必要なのです。高額報酬が欲しい、そして将来独立したいと思っている方は、コンサルタントに注目してみてはいかがでしょうか。

まとも




今回は、世界中が必要とするであろうコンサルタント業界の仕事の内容、なぜ必要とされているのか、そして資格や年収についてをご紹介いたしました。将来独立できる可能性も高いお仕事でもあるのでおすすめです。

特にクライアントからの資料などデータがあれば自宅でもできるお仕事なので、今回のような在宅ワークが必要になった時でも最悪お仕事ができるジャンルでもありますので、資格を取得して活躍してみてはいかがでしょうか。

この記事が高額報酬の仕事を探しているという方や、将来性の高い職業を目指したいという方のお役に立てれば幸いです。

関連記事