アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 在宅ワークしたらわかる?家庭内でどんな事が起こるのか

在宅ワークしたらわかる?家庭内でどんな事が起こるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

一般的な企業にお勤めの方が自宅にいる時間は何時間かご存知でしょうか?あまり気にしない事なので何時間自宅にいて、どのくらい家族と接しているのかなんて考えた事もないという方の方が多いでしょう。

ですが今、世界中で流行拡大している新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、多くの企業で在宅ワーク、リモートワーク化をすすめるようになった影響で、様々な問題が各地で起こっているのが現状です。

今回は、在宅ワークに変更になった事で起こっている、さまざまな問題点や解決する方法などを探してみましょう。

初めての在宅ワークで感染を防げる可能性はある



今までは朝元気に会社へ通勤して夕方まで職場でやるべき事をやって自宅へ戻る。そして夕食を食べてお風呂に入って家族との会話を少し楽しんだら寝る。

そんな生活をしていたのが、新型コロナの影響によって通勤による感染者数の増加を減らすために、会社に出勤するのを減らさなくてはならなくなり、在宅ワークに切り替える事になりました。

もちろん全ての会社員の方が在宅ワークになったわけではありません。在宅ワークに切り替える事ができる仕事に従事している方々が、在宅ワークに切り替える事となったわけです。

様々なニュースでも報道されているように、日本では通勤時間にたくさんの人があふれていて、いつも電車は満員御礼なので、誰かひとりが感染していたらアウトブレイクしかねません。

そんな危険を防ぐためには通勤電車の利用者の数を通常の8割減にしなくてはならず、結果的に在宅ワークができる企業は在宅ワーク、リモートワークに切り替えるという苦渋の選択をしたわけです。

そのおかげで感染者数を減らす事ができると考えられているのですが、在宅ワークになった事で様々な問題が出てくるようになったわけです。

在宅ワークで実際に直面した問題点



最初に感じた不安は「コロナの騒動がいつ終わるのか?」そして「会社の存続」さらに「収入への影響」だったかもしれません。多くの方が在宅ワークをする事にはあまり脅威を感じていなかったかもしれません。

ところが、実際に在宅ワークになってみると別の問題が影を落とし始めます。それが『家族とのかかわり方』でした。これには個々の問題が積み重なったのも大きな要因となっています。

例えばお子さんがいるご家庭の場合ですが、子供たちが通っている学校も当然ですが休校となりました。そのため自宅には子供と大人がずっと同じ空間を共有する事になったわけです。しかもある日突然いきなり始まりました。

子供が学校にいる時間は授業を受けたり友達と遊んだり、部活を楽しんだり塾に行ったり塾の帰りに友達とファミレスで勉強したり、ストレス発散が色々とできたわけなのです。ところが学校が休みになり塾も休みになってしまいました。

学校が休みならどこかに遊びに行くチャンスだと思うかもしれませんが、外出を自粛するようにとの通達がありましたので、自宅にいなくてはなりません。子供たちだけではなく大黒柱のお父さんもこの状態です。

仕事をしようとしても自宅に書斎があれば問題ないかもしれませんが、マンションや書斎を持っていない人の場合は家族がワーワーいるところで仕事をしなくてはならないのです。でも実はこれだけが問題なのではありませんでした。

コロナが原因で家族崩壊?!その大きな原因



もしも新婚のご夫婦だった場合なら、自宅に二人で閉じこもった生活を強いられても良いかもしれません。でも子供が数人いる結婚生活が長いご夫婦だったらどうでしょうか?旦那は仕事に行って夜遅く帰るのが当たり前になっています。

そんな家庭環境だった場合、突然子供は学校を休校になっていつ再開されるかわからない。そこへきて旦那も自宅で仕事をしなくてはならなくなったらどうなるでしょうか?おそらく子供がうるさくて仕事ができないお父さん以上にお母さんが参ってしまうでしょう。

お母さん一人で自宅にいる場合は、朝皆を送り出して家事を済ませたらゆっくりとできる時間があったでしょう。おひるごはんだってカップラーメンでも別に良いという方も多いでしょう。ところが皆が自宅にいるとそうはいきません。

少しの休みもなくずっと家族のためにお給仕しなくてはならなくなります。休まる時間も恐らく誰よりも無くなってしまうでしょう。そうなった時に子供を世話するのは当たり前でも、旦那は大人なんだから自分でできるだろうと思っても不思議ではありません。

長くなればなるほど夫婦としての絆がいかに脆いものなのかを実感する方もいるかもしれません。これが今、コロナで在宅ワークになったご家庭で起こっている問題です。実はこの問題は日本だけじゃなく世界中で起こっています。

ストレスを溜めない家族との関係を築く方法



一つの家の中で長期的に一緒に過ごすようになって初めて家族それぞれの個性というものを改めて実感する事になりますので、惚れ直すところもあれば許せないところも出てくるかもしれません。

それが原因で離婚などという事になってしまったら、その後の人生に暗い影を落としかねません。そうならないためにはお互いを思いやる気持ちを忘れないのが重要なポイントです。

例えば自宅でお仕事をしなくてはならないとしても、子供に我慢をさせて仕事をしているお父さんを中心に考えるのは危険です。中には働いている自分が一番偉いと思う方もいらっしゃるかもしれません。

家族は当然自分に合わせるべきだと思うかもしれませんが、実はそうではありません。皆がそれぞれ自分の役割を果たしているから家族が成り立っているのです。

それぞれ本来できる事ができずにストレスを溜めているのですから、一人が満足しようとすると問題が起こります。そしてこういう時、子供を守るために多くの女性は離婚が頭をよぎる可能性は大きいです。

こんな時こそお互いの立場やお互いの苦労、辛さを理解する必要があります。外に出るのは避けられないのだから、時間を決めてみんなで騒ぐ時間を設けたり、お父さんやお母さんが仕事ができる時間を作る事も必要でしょう。

そうはいってもなかなか思ったようにいかないものです。この状態がいつまで続くかわからないだけに不安もなくならないかもしれませんが、いつかは終息する時が来るでしょう。それまで我慢しすぎないように新たな生活を築きましょう。

まとめ



今回は新型コロナウイルスへの感染によって、様々な問題が浮かんできますけれど、問題は外だけではなく家族間で起こるものの方が重大です。今の家庭を守る事ができるかどうかもひとりひとりにかかっています。

いつまでこの騒動が続くかわからないからこそ、家族との過ごし方や時間の使い分け、そして楽しみ方や休み方などを工夫してみてはいかがでしょうか。イライラする気持ちはわかりますが、その気持ちはみんな同じです。

思いやりを持って自宅で待機をして、それぞれが責任を持った行動でこの危機を乗り越えましょう。

関連記事