アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > トラックドライバーに有利な移動式クレーン運転士について

トラックドライバーに有利な移動式クレーン運転士について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

トラックドライバーとして活躍するなら目立つ方が良い!そう思っているなら特殊車両の免許を取得してみてはいかがでしょうか。今回はちょっとめずらしい移動式クレーン運転士の免許の取得についてご紹介いたします。

今のトラック業界における問題点



現在の現役ドライバーの平均的な年齢をご存知でしょうか?運転するトラックや車両は関係なく、ドライバーの平均年齢は43歳となっています。若い人がいないわけではないのですが、高齢化が進んでいるのが一番の原因ですね。

何十年も前から頑張ってドライバーの仕事をしている方が高齢になっているからで、決して若い人がいないというわけではないのです。そして若いドライバーが少ないというのは今後のトラック業界においての問題でもあり課題でもあります。

今回ご紹介する移動式クレーン運転士という免許を持っているドライバーも、いなくなってしまったら大変困るので、これからドライバーとして活躍したい若い方にはぜひ取得を目指していただきたい資格です。

では具体的に移動式クレーン運転士ってどんな免許なのかを簡単に説明しましょう。

この免許は全てのクレーンの運転が可能になります。一応法的には18歳以上ならどなたでも取得できるようですが、大型のクレーンの運転をする場合には大型免許も必要になるので、最低でも普通免許と大型免許は必要になるでしょう。

つまり大型の移動式クレーンを運転する場合には、普通免許、そこから3年以上の運転実績を積んで大型運転免許の取得、さらに移動式クレーン運転士の資格を取得する流れになります。

移動式クレーン運転士免許の取得条件



一応18歳以上であればどなたでも取得する事ができるようですが、移動は誰かの運転でクレーンの操作だけを行うのならそれでもいいでしょう。ですがドライバーとして働きながらの場合は運転免許が必要です。

トラックが普通免許で運転できる大きさであれば普通免許が必要になります。中型、準中型の場合も同様に免許を取得しなくてはなりません。特に需要が高い大型の移動式クレーンの場合は大型の免許も必要になるのです。

大型の場合は18歳で普通免許の取得をして3年以上運転歴を作ってから大型の運転免許の取得をしなくてはなりません。なので大型の免許の取得条件である21歳以上で免許の取得をしても良いかもしれません。

もちろん先に移動式クレーン免許を取得しておいて、大型の免許の取得をしてもいいかもしれませんね。では次に試験の内容についてご紹介していきましょう

試験の内容と特別教育について



移動式クレーン運転士の免許を取得する時の試験は筆記試験と実技試験が行われます。運転免許とは違うので移動式クレーンに関する知識が基準を満たしているかどうかが中心になります。

他にも原動機及び電気に関する知識や関係法令や移動式クレーンの運転に必要な力学の知識など、学んだ事から試験が行われます。試験では実技も行われますが実技は移動式クレーンを実際に運転します。

さらに移動式クレーンを運転する時に重要な合図についての試験も行われます。クレーン業務というのは周囲に作業員がいる中で作業を行う事も多いですから、作業員が安全に仕事をするために合図があるのですね。

この合図の中から試験に出題されるというわけです。また、これらの移動式クレーン運転士の試験に合格するために教習所を上手に活用しましょう。教習所ではおよそ6日程度で免許の取得を目指せます。

免許を教習所で取得する時の費用や内容



前の項目で教習所を上手に利用すると短期間で免許の取得ができると言いましたが、教習所で学ぶ時の内訳や費用についてをここで詳しくご紹介いたします。まず先に費用がいくらかですが、教習所によって多少の違いがあります。

合宿費用がだいたい10万円前後、それにテキスト代に4,200円程度、特殊な車両なだけに保険料として3,200円取るところもあるようです。費用の違いについては利用する予定の教習所に問い合わせすると良いでしょう。

教習内容は学科試験に出る『移動式クレーンに関する知識』に3時間『原動機及び電気に関する知識』に3時間、『移動式クレーンの運転のために必要な力学に関する知識』に2時間、そして関係法令を学んでいきます。

実技に関しては移動式クレーンの基本運転に4時間、移動式クレーンの応用運転に4時間、移動式クレーンの合図の基本作業で1時間それぞれ学びます。試験に合格しやすく短期間で取得できるというメリットの高い取得方法ですね。

ちなみに移動式クレーン運転士の免許を取得すると、土木工事関係の企業、建設業、造園業、運送業などの幅広い業界で活躍する事ができます。何もドライバーの仕事だけのために取得しなくても大丈夫なのです。

まとめ



今回は色々な現場や企業で活躍する事ができる『移動式クレーン運転士』という資格についてご紹介いたしました。トラックドライバーの高齢化に伴い、若いドライバーの活躍が期待されている分野だからこそ、免許の取得を検討する価値はあるかもしれませんね。

この記事がこれからドライバーとして活躍したいと考えている方のお役に立てれば幸いです。

関連記事