アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > ドライバーの仕事中の交通事故の事故率と防止策をまとめてみました!

ドライバーの仕事中の交通事故の事故率と防止策をまとめてみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

ドライバーの仕事をしている方が一番気になるのは何か?お給料の事もあるかもしれませんし、労働条件についての事かもしれませんよね。ですがもっと怖いのは交通事故ではないでしょうか。今回はドライバーの交通事故についてを特集してみました。

ドライバーの仕事中に交通事故の統計



ドライバーとして仕事をしている方の中には、一度も事故を起こした事が無いという方もいらっしゃるかもしれませんが、長い期間ドライバーの仕事をしている間には、ヒヤッとしたりハッとした出来事が一度くらいはあったはずです。

その原因は自分にあったかもしれませんし、自分以外に原因があったかもしれません。一人の方に何度もこうした思い出があるくらいですから、おそらく日本全国でお仕事をされているドライバーの中にはもっとたくさんそうした経験があるかもしれませんよね。

そこでまずはドライバーの事故率がどのくらいなのかを調べてみました。年齢別にご紹介いたしますのでご自分の年齢で、どのくらいの事故率なのかを把握してみましょう。

45歳~49歳のトラックドライバーの事故率は約17%となっています。これは全体のドライバーの中でも一番に事故率が高い年代です。次に多いのが40歳~44歳の約15%で、50歳~54歳までが約12%となっています。

実は若い年齢層にも事故はあるのですが、ドライバーとして働いている方の高齢化が進んでいる現在、どうしても年齢層の高いドライバーの事故率が高くなっているのが現状なのです。

ドライバーが交通事故を起こしたらどうなるのか?



事故を起こしたくて起こすわけではありません。でももしも事故を起こしてしまったらそれはただの言い訳になってしまいます。そこでもしも事故を起こしてしまったらどうなってしまうのかを見てみましょう。

まず事故の内容によりますよね。自動車同士が軽くぶつかってしまったり物損事故などの場合は、会社に連絡をして保険会社との話し合いになるので、事故を起こしてしまったらすぐに連絡をしなくてはなりません。

会社で加入している保険会社の方と相談をしながら事故後の処理を行う事になります。お互いにケガが無ければそれほどの問題にはならないかもしれませんが、問題なのはケガなどがあった場合です。

まずはケガの手当てをする必要があるので救急車、会社への連絡、警察への通報などをしましょう。ご自分が大けがをしてしまって自力では難しい場合には、第三者に助けを求めましょう。

万が一自分は何ともなくて相手が重体、死亡してしまった場合には損害賠償や交通刑務所なども関係してきます。その後は同じ職場に復帰できるかどうかについては会社の規定によるでしょう。

自分の一生を台無しにしてしまう交通事故は、ドライバーにとって致命的なものになりかねません。だからこそ交通事故をできるだけ防ぐ努力が必要になるのです。

ドライバーの仕事は交通事故に遭わないために注意すべき点



ドライバーが交通事故を起こしてしまう理由を一つずつ改善していけば交通事故は避ける事ができるはずです。まずは寝不足にならないように気を付ける事が必要です。寝不足は判断力を低下させて普段は起こさない事故を起こす事になります。

また、疲れが蓄積していると思わぬ病気を発症しないとも限りません。突然の心臓発作や脳梗塞などが起こると、運転中に気を失って事故を起こしたりします。大きな事故になりやすいので特に高速道路を走行する事が多い場合には気を付けます。

ストレスが人間に与える影響も馬鹿にはできません。イライラした状態だと普段はあまり腹が立たない事でもイラっとし、思わず事故の引き金にならないとも限らないのです。

これらの原因をどのようにして改善すれば良いのか?それは仕事をする時の環境を改善する事。無理なスケジュールで仕事をするのは寝不足の原因にもストレスの原因にも疲れの原因にもつながります。

職場の働く環境を整えるだけで事故の確率は減っていきます。また、お酒が好きという方は前日に飲む事もあるかもしれません。この時次の日に残るほどの量を飲まないようにする事も大事です。

もう一つ積み込みをした荷物を固定する作業も、めんどうかもしれませんが何度も確認すると落下事故を防ぐ事ができるでしょう。意外と落下事故は被害が大きくなったり会社の評価にも関係するので徹底しているところの方が多いのですが……。

街中を走っている時には路地から突然子供が飛び出してきたりする事もあります。これも事故につながらないとも限らないので「ヒヤリハット」を常に心にとめて仕事をすると良いですね。

【まとめ】交通事故を起こさないためにも点検



今回はドライバーの仕事をしている時に起こる交通事故率について、事故にあったらどうすべきか?そして事故をできるだけ防止するためにできる事についてをご紹介いたしました。

運転の仕事をしている間は仕方がない事なのかもしれませんが、ある程度労働条件の改善をしたり就業前の点検を行ったりする事で軽減させる事は可能です。最後にもう一つはいつどこでだれが飛び出してくるかもしれないという事を頭に入れておきましょう。

いつも緊張していると疲れてしまうかもしれませんが、事故で人生を台無しにしないためにもある程度の緊張は必要なのです。

関連記事