アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > トラックドライバーに向いている人と向いていない人の違いとは?

トラックドライバーに向いている人と向いていない人の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

トラックドライバーって過酷な労働なのでは?なんて思われている方も多いかもしれませんが、実際には高額報酬だし一人で気楽に仕事ができるので人気が高いお仕事だったりするので、ドライブが大好きな人にはたまらない仕事です。

でもトラックドライバーに向いている人と向いていない人がいるのは事実です。そこで今回はトラックドライバーに向いている人と向いていない人の違いについてを、簡単ではありますがご紹介していきましょう。

トラックドライバーは大変だけど基本一人でできる気楽な仕事



過去に何度かご紹介したようにトラックドライバーの仕事というのは実にいろいろな種類があります。トラックのサイズも小さなサイズから大きなサイズまでいろいろとあるので、特別この免許を持っていないからダメという事もありません。

運ぶ荷物も食品や衣料品、工業用品、自動車、医薬品、ガソリンなどの危険物、数えたらきりがないくらい様々なものを運んでいるのがトラックドライバーです。しかもこれだけ技術が発達しているのに日本全国の輸送のおよそ9割がトラックです。

でも実際にはドライバーの高齢化が問題となっていて、若い人の参入が求められている職種でもあるので、これからトラックドライバーとして働いてみたいという方は、ぜひ適性についてをご覧になりいけると思ったら参入されてみてはいかがでしょうか。

今回はトラックドライバーに向いている人と向いていない人の違いについてをご紹介いたします。ちょっとした対策についてもご紹介いたしますね。

トラックドライバーに向いている人はこんな人



ここではトラックドライバーに向いているのはこんな人、というのを具体的にご紹介いたしますが、この部分はどんなお仕事でも共通している部分もあるので、参考にしていただければ幸いです。

まず1つ目が『運転が好きな人』です。特に長距離ドライバーになると1日で家に戻れない事もあるので、ドライブが好きという方なら苦痛を感じる事なくお仕事ができるのではないでしょうか。

2つ目が『1人で運転していても苦痛ではない人』です。特に長距離の運転をしなくてはならない時、たった一人で何時間も運転しなくてはならないため、1人の方が気が楽で良いという人には向いているでしょう。

3つ目が『集中力がある人』です。というのもトラックドライバーの仕事は意外と単純作業に入ります。なのでもしも単純作業を長時間やっても特に問題なし!という方で、集中力がある方には向いているかもしれません。

4つ目が矛盾するようですが『人当たりが良い人』というのがあります。これは運転中は人と関わらなくても得意先に行けば言葉を交わすことだってあります。この時気持ちよく会話ができれば言う事ありませんよね。

では次に向いていない人ってどんな人なのかについてをご紹介いたしましょう。

トラックドライバーに向いていない人はこんな人



ここではトラックドライバーに向いていない人の特徴についてご紹介いたします。向いている人の特徴と同じように他の業種でも共通している部分があるので、参考にしていただければ幸いです。

1つ目が『運転が荒い人』トラックの中身の事を考えたら乱暴運転をしてしまったいけない事はわかりますよね。特に急ブレーキや急発進はキレイに積み上げた荷物を一気に崩してしまいかねないので、丁寧な運転を心がけましょう。

2つ目が『イライラすると乱暴になる人』道路はいつも空いているわけではありません。当然予期せぬ渋滞に巻き込まれないとも限りません。そんな時にイライラしながら運転をしてしまったら、大事故になりかねませんのでそういう方は向いていないかもしれません。

3つ目が『整理整頓ができない人』はトラックドライバーには向いていないかもしれません。なぜならば、伝票関係や領収書などを毎回整えておかないといけないからです。もしも遠くの取引先にきて伝票がわからなくなって慌ててしまったら仕事になりません。

4つ目が『約束が守れない人』です。これはトラックドライバーに限った事ではありませんよね。どんな仕事でも約束を守れない、規則を守れないという方は向いていないのです。決まった事や約束は必ず守れるよう努力をする必要があるでしょう。

【まとめ】高齢化が進んでいる今こそデビューのチャンスです!



今回はトラックドライバーに向いている人と向いていない人の違いについてご紹介いたしました。比較的高額報酬の仕事が多いので安定した収入が欲しいならチャレンジしてみてはいかがでしょうか。高齢化が進んでいる今なら採用率も上がっていてチャンスです!

これまでは現在トラックドライバーをしている方々が中心になってやっていましたが、高齢化が深刻化している現代では若い人材を募集している企業も増えてきました。

キャリアカーなどの経験が無いと採用が難しい仕事であっても、少しずつ仕事を体験しながら一人立ちできるようバックアップしてくれる企業も増えてきましたし、大型トラックならば手摘み手おろしをする必要もありません。

福利厚生面でも充実しているところが増えているので、これからトラックドライバーとして活躍したいと思っている方にはおすすめの業種なのです。

関連記事