アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 転職とヘッドハンティングの関係とメリットについて

転職とヘッドハンティングの関係とメリットについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

ヘッドハンティングってご存知でしょうか?何となく良いイメージを持つかもしれませんが本当のところはどうなのでしょうか?今回はヘッドハンティングで転職をするメリットとデメリットについてをご紹介いたします。

そもそもヘッドハンティングってなに?



コトバンクなどによると、ヘッドハンティングというのは経営者とか幹部に準ずる優秀な人材をスカウトするというものです。ヘッドハントでスカウトされると条件が良くなるのが一般的です。実際に何度か経験した例をご紹介します。

一つは大きな会社の中に数社が入って仕事をしている会社で、親会社の社長さんから直々に「こっちに移籍しないか?」というお話をいただいた事がありました。この時の条件ですがお給料の条件が幹部並みでした。

当時は47万ほどの給料でしたがヘッドハントされた時の条件は、毎月の給与が60万プラス賞与が年2回で1.5ケ月分とのお話をいただきました。もちろんその時の社長に義理があったのでお断りしましたが、二回目は全く別の会社での事です。

やはり取引先の親会社の社長から直接スカウトが来ました。私は営業でしたがその会社では専務として迎えたいとの申し出でした。ありがたい話でしたが丁重にお断りいたしました。

今お話ししたのは事実ですが、このようにヘッドハンティングされた場合の条件は、現在の条件よりも良いのが普通です。それに自分がちょっとすごいかも?という優越感を得る事もできるでしょう。

ヘッドハンティングで転職するメリット



実際にヘッドハンティングされた方のほとんどは条件が良くなります。例えば給料が高くなったりする事もあるでしょう。そうではなくて地位を与えられるという方もいらっしゃるかもしれません。

地位が上がれば当然ですが報酬も自然とアップしていく事でしょう。もしかしたら周囲の人はうらやましいなんていう目で見てくれるかもしれませんよね。それに別の会社に入って仕事をする事でこれまでとは違った経験もできるでしょう。

収入の安定と地位という二つのメリットを実感できるのは事実ですので、自分がもっと上を目指して頑張れそうだと思えばヘッドハンティングされたら応じてみるのもおすすめできます。

実際に海外では優秀な人材はヘッドハントされてどんどんのし上がっていくのは当然の事ですから、自分の能力を信じてさらなる高みへと向かっていくと良いのです。

しかしながら100%メリットばかりというわけにもいきません。では逆にヘッドハンティングによる転職のデメリットについてをご紹介いたしましょう。

ヘッドハンティングで転職するデメリット



デメリットと言っても給料の面でも地位もあるのでそんなにあると思えないかもしれませんが、もしも自分の力が及ばないような仕事だったらどうしましょうか?同じ職種でも付き合うクライアントは違うかもしれませんよね。

いきなり他の会社から上司として紹介されて、皆がすなおに受け入れてくれるかどうかも定かではありません。思わぬところで自分に無い部分が求められる事だってあるかもしれません。そうなった時には大変な思いをするでしょう。

転職先で思うように自分の実力を発揮できなかったら統率力が問われてしまわないとも限りません。その時になって元の会社に戻るわけにはいかないでしょう。なのでヘッドハンティングされたからといってすぐに飛びつくのは危険です。

例えば知り合いの人や会社の取引先などにヘッドハンティングされた場合は良いかもしれません。その会社の仕事の内容が自分が経験していた仕事の内容と近いからです。でも全く異業種の場合は注意が必要でしょう。

このようにメリットも大きいですが、デメリットについても頭に入れて転職を検討してみる事をおすすめいたします。

ヘッドハンティングされるにはどうすれば良いのか?



多くの場合は同業者との関わりの中でヘッドハンティングは生まれます。もちろんヘッドハンティングを生業としている業者もあります。そちらを利用してみるという手もあるかもしれません。

自分の人生ですので今の会社によほどの義理が無い限りは転職されてしまうのはある程度仕方がないと思っているでしょう。もしも直接ヘッドハンティングが来た場合には従ってみるのも将来のためになるので迷う事はないでしょう。

ヘッドハンティングの業者を利用する場合には、自分の経験してきた事や自信がある分野についてやこれまでの実績などを細かく登録すると良いですね。人間関係については入ってみないとわかりません。

でも羨望のまなざしとは別にあまり嬉しくないという感情を持つ方がいる事も頭に入れておきましょう。普段からクライアントとの人間関係を密にしておくのもヘッドハンティングが来やすい環境を作る事になるので、一度営業をされてみるのもおすすめです。

【まとめ】メリットとデメリットを考慮してヘッドハンティングを利用しよう!



今回はヘッドハンティングによる転職についてご紹介いたしました。そもそもヘッドハンティングって何なのか?ヘッドハンティングのメリットとデメリットについてもお話ししましたね。

そしてヘッドハンティングの会社を活用するのも良いですが、できれば自分の実力を知っている企業からヘッドハンティングが来るように活動をしてみるのも良いですよ!

もしかしたらこれが一番のキャリアアップの方法なのかもしれませんので、普段から頑張って内外へアピールできるようふるまってみましょう。

関連記事