アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 転職による引継ぎの必要性についてを調べてみました!

転職による引継ぎの必要性についてを調べてみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
転職する時によく耳にするのが『引継ぎ』です。転職する全ての人が引継ぎを必要とするかどうかはわかりませんが、仕事の内容によっては引継ぎをしないと会社を辞められないというケースもあるので気を付けなくてはなりません。

今回は会社を転職する時に行う引継ぎとは何か?引継ぎの必要性、そして引継ぎする時の期間や義務についても簡単ではありますがお話していきたいと思います。

転職の際に引継ぎは必要なのか?



なんらかの事情で転職をするのは誰にでもある事です。もしも転職をする時に気になるのが『引継ぎ』です。そもそも引継ぎって何なのかご存知でしょうか?引継ぎというのは自分が今までしていた仕事の内容を次の担当者に知らせる事です。

すごく簡単に言うとそんな感じですね。引継ぎの内容としては今まで仕事をしていた内容、担当していた仕事があるのならその仕事の進行具合とか、これからどうすれば良いのかなどについても細かく記載する必要があります。

転職する前に会社の業務がスムーズに進む程度の引継ぎができていないと、その会社を辞められないケースもあるので気を付けなくてはなりません。予定通りに退職するためにも業務の引継ぎは早め早めに行いましょう。

引継ぎの内容については企業によって違ってきますので、どこまで引継ぎをすれば良いのかについては会社に聞いて引継ぎを行いましょう。実は引継ぎをしっかりと早めに行った方が良い理由があるのです。

転職を考えている皆さんは会社の有給休暇なんてありますか?もしもあったとしたら、それをどうされるつもりでしょうか?おそらく多くの方が「辞める前に使おう」とします。でも引継ぎが終わっていないと言い出しにくくなります。

過去に転職をした方の中には「有給より引継ぎを優先してほしい」と言われ、結局次の転職先に行くまで引継ぎが行われてしまい、転職前のバケーションどころではなくなってしまった例もあるのです。さらに悪い事も起こるかもしれません。

さらに引継ぎがうまくいかないと、転職先で仕事をしているのに電話が来たりLINEが来たりして集中できなくなる事だってあるのです。そうならないためにも引継ぎは早めに行う必要があるのです。

転職前に引継ぎする場合の期間はどのくらい?



転職までに引継ぎをしたい!でも引継ぎってどのくらいの期間なのか?これについてははっきりと断言できるものではありません。例えば職種によっても違ってくるでしょう。販売の仕事だったら一連の仕事を教えるだけで良いかもしれません。

ルートドライバーの場合はルート先を覚えてもらったり、お客様のところでの納品の仕方などを教えれば良いだけです。ですが何かプロジェクトに参加していた場合には、プロジェクトを細かく知らせる必要があるでしょう。

仕事の内容によってはなかなか覚えきれない事だってあるかもしれませんし、引継ぎをしてくれる相手の覚える速度によっても違ってくるでしょう。ですが最低で1か月長くて2か月くらいが一般的のようです。

つまりそれだけ早い段階から引継ぎ作業はしなくてはならないわけですね。もちろん教える相手の能力次第という部分もありますので、最低でも1か月~2か月くらい前から引継ぎ作業をしておくと良いでしょう。

転職する時の引継ぎは義務なの?



転職の引継ぎを行う期間や行わないといけないという事はわりましたが、そもそも引継ぎって必要なのはわかるけれど義務なのか?と聞かれたらどうなのでしょうか?ちょっと難しいところですが、会社の規定によるところも多いかもしれません。

もしも会社で引継ぎが必要ないとなった場合には、これといって引継ぎを行う必要は無いかもしれません。ですが義務ではなかったとしても引継ぎを行う意義はあります。例えば次の方がスムーズに仕事を進められますよね。

引継ぎをしてもらった方にとってもわからない事ばかりで戸惑う事が無いので、引継ぎをしてくれた方に対して感謝の気持ちを持つ事でしょう。さらに同じ業務内容の会社だったりすると、良い噂もよからぬ噂も飛び交うかもしれません。

その時に引継ぎをしっかりとしていれば自分の評価も上がるかもしれませんよね。こうした人と人とのつながりを大事にしていく事で、何か困った事があっても誰かに助けてもらえる事もあるかもしれません。

ちなみにどうしても引継ぎが大変な職種の場合には、資料を作成して渡しておくと良いかもしれません。その方がわからない事を調べやすいですし残るものなので、後任者にとってもありがたいと感じるはずです。

転職前の引継ぎに使う資料の作成について



引継ぎの資料の作成をする時にはどうやって作れば良いのか?ここでは引継ぎのための資料を作成する時の注意点や、わかりやすい資料を作るためのちょっとしたコツなどをご紹介いたします。

まず作成する時にどうやって作るのかですが、パソコンなどのエクセルなどを使って資料を作成したり、Wordなどを使って作成しておくと良いでしょう。印刷して使う事ができるので相手にとっても助かるからです。

一番最初に目次ページを作ると良いでしょう。どこにどんな事が書いているのかが一目瞭然です。書き方は一般的な左から右へ向かって作成します。当然上から下へと移動する書式で作成すると良いでしょう。

よくエクセルなどを使った場合にアルファベットのままの状態になっている時がありますが、その部分には項目をしっかりと記入してあげると良いでしょう。

取引先とプロジェクトの内容を簡潔に記載し、その仕事に関係している方の名前を書いておくと良いでしょう。また、複数の仕事がある場合は優先順位などを記載しておくと良いですね。

関連する書類などがある場合には書類が保管してある場所なども記載しておきます。後任者が手間取る事が軽減されるよう記載すると良いでしょう。最後にもしもどうしてもわからない事があった場合の自分への連絡先も記載しておきましょう。

これで引継ぎの資料の作成が完成です。わかりやすくを頭に入れて作成するのはもちろんですが、誰が見てもわかるような資料の作成を行う事が大事です。

【まとめ】転職の引継はスムーズに行ってスッキリ転職しよう!



今回は転職や退職をする場合の後任者への引継ぎの必要性、義務かどうか、引継ぎのための資料の作成のコツなどについてを簡単ですが説明いたしました。特に資料があれば引継ぎの半分以上は終わりです!

わかりやすく誰の目で見てもすぐに解決できるような資料を作って、次のステージへと向かって羽ばたいてください。

関連記事