アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 福祉の仕事に有利!移動支援従業者と受験について

福祉の仕事に有利!移動支援従業者と受験について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
福祉の仕事は色々な種類があります。今回は福祉支援の仕事の中でも「移動支援従業者」という資格についてご紹介いたします。現在福祉関係の施設でアルバイトや仕事をしている方の参考になれば幸いです。

移動支援従業者ってどんな資格?



まずは移動支援従業者というのがどのような資格なのかについてをご紹介いたしましょう。移動支援従業者という資格は別名「ガイドヘルパー」という言い方もします。カンの良い人ならわかるかもしれませんが、移動を補助する仕事に従事している方が取得する資格です。

どんな人をサポートするのかというと、視覚障碍者の方の歩行を助けたりするのが主な仕事ですが、聴覚に障碍がある方のサポートを行ったり、知的障害のある方が移動する時に安全に移動ができるようサポートする仕事に従事している方も含まれます。

中には交通事故などに遭遇してPTSD(Post Traumatic Stress Disorder:心的外傷後ストレス障害)になってしまった方が、突然のフラッシュバックなどによって歩行が困難になってしまったり、突然走り出してしまったりしないようサポートしたりもします。

サポートするのは誰にでもできるから資格など必要なのか?と疑問に感じるかもしれませんが、それを仕事として行う場合にはやはりプロとしての資格があった方が、サポートされる側のご本人やご家族も安心できますよね。

では次にどんな仕事に就くときに有利な資格なのかについてをご紹介いたします。

どんな仕事に就くときに有利になるのか?



障害者施設で移動支援従業者(ガイドヘルパー)の資格保有者を募集しています。訪問介護などの事業を行っている施設でも募集していますね。お年寄りが入所している介護施設やホームなどでも募集をしています。意外と需要が高いお仕事なのです。

多くはありませんが医療関係の施設などでも移動支援従業者(ガイドヘルパー)を必要としているところもあるようです。患者さんのリハビリなどを行ったりする時に、歩行のサポートを行ったりする事も多々ありますから、福祉関係や医療関係で仕事をしたい方に向いている資格でしょう。

自閉症スペクトラム障害の子供さんや、ダウン症の子供さんが利用する放課後デイサービスでも移動支援従業者(ガイドヘルパー)を募集しています。子供たちは危険を認識できないので突然走り出してしまう事もあります。そういう場合にすぐに対応できる方が必要なのです。

ご紹介したように移動支援従業者(ガイドヘルパー)の資格を保有している方は、福祉関係の施設や医療関係の施設でお仕事をしたいと思っている方が取得すると、就職に有利になる資格なのです。

ちなみに移動支援従業者(ガイドヘルパー)の資格を持っている方の中には、時給が2,000円以上になる事もあるようなので、持っている事で収入アップにつながる事もあるようです。

移動支援従業者の受験資格



受験資格は過程ごとに変わります。移動支援従業者(ガイドヘルパー)には『視覚障碍者同行支援従業者養成研修』『漸新世障害者ガイドヘルパー養成研修』『知的・精神障碍者行動援護従業者養成研修』の3種類があります。

さらに各都道府県でも受験資格が異なります。中には介護職員初任者研修という資格を持っている人だけが対象になっているところもあるので、事前に居住地または勤務地の都道府県の受験資格をチェックしておくと良いでしょう。

また、介護職員初任者研修の資格を持っていると、一部研修が免除されるので取得している方は有利になるかもしれません。そしてこの資格がある方は知的障害の方の移動介助を行う事ができるので、持っておいて損をする事はありません。

視覚障碍者同行支援の従業者養成研修は全身障害者ガイドヘルパー養成研修を修了している必要があるので、こちらについても必要な資格を取得してから移動支援従業者(ガイドヘルパー)の資格を取得すると良いですね。

かなり需要が高い資格なので報酬も良い事が多いので、将来性があり福祉サービスの仕事をしたいという方には最適な資格でしょう。

移動支援従業者の受験詳細と合格率



移動支援従業者(ガイドヘルパー)は資格なのですが、受験というよりも研修を受ける事で取得できる資格です。研修は非常に細かく分類されていてやる気が無いと思われたら退出させられる事もあります。

なぜなのか?それは人の命を預かる仕事をする人が取得する資格だからです。お世話してもらう方は信頼して自分の命を預けるのですから、お遊び感覚で取得されると困ってしまうわけですね。だから真剣ではないと判断されたらそこで終わりなのです。

なので各都道府県の受験資格を持つ方は、研修を受けて無事修了すれば資格を取得できるという事になります。こうした理由で合格率が何パーセントなのかはわからないのです。皆がやる気満々であれば100%という事になるかもしれませんね。

本格的に資格の取得をしたい方の中には、専門学校に行って資格の取得を目指す方も多いようです。専門学校でかかる費用プラス研修に必要な費用がかかります。受験費用は20,000円からとなっています。詳しくは各都道府県の移動支援従業者(ガイドヘルパー)受験資格や費用で検索してみましょう。

【まとめ】信頼関係が大事!役立つ仕事をしたい人におすすめ



今回は移動支援従業者(ガイドヘルパー)の受験資格についてご紹介いたしました。障害を抱えて生きている方をサポートするために必要な資格です。この資格を取得しているというだけで利用者の安心感も変わってきます。

就職にも転職にもキャリアアップとしても有利になる資格なので、福祉関係のお仕事や医療関係の施設でお仕事をしたいという方は、ぜひ移動支援従業者(ガイドヘルパー)の資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事