アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 看護師が転職するまでの順番をしらべてみた!

看護師が転職するまでの順番をしらべてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
今、日本だけではなく世界中で医療従事者が足らない状況が続いています。医師も看護師の数も全く足らない状況でお仕事をされている方々がいると思うと、本当に頭が下がる思いでいますがどうでしょうか?

こんな時期だからではありませんが、日本中でお仕事をされている看護師の方々の中には、「転職したい」と検討している方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は看護師が仕事を辞める理由そして転職までの順番についてまとめてみました。

看護師が仕事を辞めようと思ういくつかの理由



看護師は白衣の天使と言われるようですが、実際は白衣は天使に見えるかもしれませんが中身は全くの人間ですから、職場の中にはドロドロとした人間関係の病院もあるかもしれません、というかあるのです。

つまり看護師が転職を考える理由で最も多いのが「人間関係」だそうで、同僚同士でのもめごとというよりは先輩看護師や医師との人間関係に悩んで、仕事を辞めたいと考えたり転職をしようと考えたりするようです。

伝統行事のように先輩看護師にいじめられてへとへとになってしまう方もいらっしゃるようですが、医師からのパワハラともとれる当たりの強さには精神的に参ってしまう方もいるようです。

他の理由としては仕事がキツイというのがあるようです。看護師はハッキリ言って肉体労働です!とお答えになる方も多く、確かに患者さんも子供もいれば大人もいますし、夜勤などもあるので体力が奪われる事もあるでしょう。

結構肉体労働が多いというのは昔からよく聞く話ですよね。そして3番目に多いのが「やる気が出ない」というものでした。やる気が出ないというのは頑張ってもそれに見合った待遇ではないと、病院側とのギャップでお悩みになるようです。

看護師が仕事を辞める時の順番



仕事に生きがいややりがいを感じなくなってしまったら、ただ単に苦痛な肉体労働をしているだけになってしまいます。取り返しがつかなくなる前に退職を願い出る必要があるでしょう。

まずは退職についての手順をご紹介しましょう。退職の手順は以下の通りです。

①勤め先の退職に関する決まりを確認する

②上司(直属の)に退職の相談をする

③勤め先と相談をして退職日を決定

④退職日決定後退職願を作成し提出する

⑤退職までの間引継ぎを行う

⑥私物の整理と持ち帰りを行う

勤め先の退職についての規則があるので、いつまでに退職願を提出すれば問題なく辞められるのかを調べます。法律では14日前までに退職の意思を伝える必要があると記されています。

でも一般的には1か月前~2か月前に相談をすれば問題にならないようです。上司に相談と言いますが退職を前提としているので、引き止めないよう説得して退職に納得してもらうようつとめます。

上司に相談して納得してもらったら次は病院に退職を伝えます、この時しっかりといつまでに退職するという日にちを決定します。退職の日付で退職願を作成して提出しましょう。

すぐに辞めるわけにはいかないので、自分の担当していた仕事を引き継いでくれる方に引継ぎを行います。引継ぎが終わって残りわずかになったら私物を整理し始めます。要らないものは廃棄して必要なものは自宅へと持ち帰ります。

制服など返却が必要なものがある場合には後日クリーニングをして返却して終わりです。

転職先を探す最適な時期は何月なのか?



アルバイトじゃなければボーナスがもらえたりしますよね。なのでボーナスが出るタイミングで辞めるのはあり得ません。満額貰ってから円満退職するべきです。

まず転職先を探し出すタイミングですが、友人が増える9月や10月から転職へ向けて活動を始める良いタイミングでしょう。ただし公立病院の就職や転職活動が活発化するのは5月頃です。

狙う病院によって9月に始めるか5月頃に始めるのが良いのか難しいところでしょう。9月~10月から転職に向けて活動を始めて翌年の1月、2月、4月頃に向けて退職に向けての活動を行うのが理想のようです。

時系列で言うと翌年の4月に転職をする場合、9月~転職先を探し始め準備を始めます。転職を4月に控えた2月~3月頃に上司に相談~退職が決定したら引継ぎ、荷物の整理をして4月から新たな職場で働き始めるという感じです。

こうしてみると意外と他の企業でお勤めの方の転職の活動とあまり変わりはありません。あるとすれば看護師という仕事は非常に求人が多く、より良いより自分に合った職場を探すチャンスに恵まれているという点でしょう。

そうはいってもどこの病院も今は忙しくて大変な時期ですから、せめて辞める時にはもめずにスムーズに辞められるよう勤めましょう。

まとめ



今回は看護師というとても忙しく引く手あまたな職業の転職にスポットを当ててみました。今現在転職を希望している方やこれから転職をしたいと検討している方も、スムーズに円滑に退職するのがカギです。

もちろん手順にこだわり過ぎても良くありませんが、嫌な思いをして退職したくないという方は、綿密にスケジュールを練って新たなスタートを切ってみてはいかがでしょうか。

関連記事