アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 【ドライバー偏】仕事中のケガで損をしないためにできる防止策

【ドライバー偏】仕事中のケガで損をしないためにできる防止策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
どんなに健康で丈夫な方であっても仕事をしている時にケガをしてしまうものですよね。ちょっとした切り傷なら問題は無いかもしれませんが、もしもそのケガが大きなケガだったら困りますよね。

もちろん仕事中のケガじゃなくてもできるだけケガをして仕事に支障が出るのを防ぎたいものです。そこで今回はドライバーの仕事をしている方のケガの防止策について色々調べてみました。

ドライバーの仕事にはケガになる要素が意外と多い



ドライバーの一番大きなケガの要素と言えばやはり『交通事故』そして『作業中のアクシデント』です。毎年たくさんの交通事故がありますが、その内にトラックドライバーが関係している事故の件数は非常に多いです。

特に高速道路の事故は死亡事故につながる大きな事故が多いですので、ケガでは済まない事もあるかもしれません。また、作業中のアクシデントでのケガも大きなケガ、悪くすると死亡にもつながってしまうので注意が必要ですね。

荷造りをするのに手を切ってしまったり、重い荷物を運ぶ時に手首やひじなどを傷めてしまったりする事もあるかもしれません。特に切り傷は頻繁に起こる事なのでこちらも作業中には注意が必要ですね。

他には毎日座って短長距離の運転を繰り返すので、ケガではなく慢性的な腰痛になってしまったりする事もあるかもしれません。それが原因でヘルニアになってしまう方も決して少なくはありませんよね。

中にはあまり運動をしないので太ってしまうなどの健康的な不安要素を抱えてしまう方もいらっしゃいます。お仕事の後のビールは美味しいのでつい飲み過ぎてしまうのかもしれません。

もしドライバーが大きなケガをしたらどんな影響がある?



仕事をしていたり生きているだけでもケガをしない人なんていません。ですがケガをしてしまうといろいろと支障が出てしまうものですよね。例えば骨折なんてしてしまったら働く事ができなくなってしまいます。

切り傷があって痛みがあると力を入れられないので、荷物を積み込みしたり下ろしたりする時にバランスを崩してしまい、他のケガや腰痛などの原因にもつながりかねません。そうなれば仕事ができず会社にも迷惑がかかります。

悪くすれば長期間仕事を休まなくてはならず、生活が苦しくなってしまったりするのです。他にも長期間休んでいて仕事に復帰したら仕事が無くて結局辞めてしまうなどの問題もあるかもしれません。

仕事に復帰ができたとしても後遺症が残ってしまったりすると、一生不安な生活をする事にもつながってしまいますので、ケガには気を付けなくてはならないわけですね。

ドライバーが大きなケガをしないためにできる防止策



ケガをして生活に支障が出ないようにするためにはケガをしないように注意するしかありません。そのための防止策を色々と考えて実践していく事で、特に大きなケガをしないよう心掛けていくと良いのです。

ドライバーができるケガの防止策の一つは仕事をする前にストレッチなどをしておくと良いでしょう。ストレッチをしておくと柔軟性が出て稼働領域が上がります。スポーツ選手もそうですが稼働領域が増えるとケガを防ぐ事ができるのです。

捻挫などを予防する事ができるでしょう。他には荷づくりやロープ掛けなどをする時には軍手などの作業用手袋を付けましょう。擦り傷や切り傷を防ぐ事ができます。またカッターなどを使うのなら刃物に強い素材の手袋を付けるといいですね。

交通事故の防止策は本人の注意力の問題ではありますが、普段からの健康管理に気を付ける事、特に寝不足は大きな死亡事故などにつながるので厳禁です。夜更かししない事も大事ですし飲み過ぎないというのも大事です。

運転する前にトラックや装備などの点検をして、故障による事故の防止に努めると良いでしょう。

万が一の時のためにどんな備えをすべきか?



注意をしていても事故を完全に防ぐことはできないものです。自分が頑張っていても誰かの不注意で事故に巻き込まれてしまわないとも限らないからです。だから防止策も大事ですが他にも対策が必要なのです。

例えば大きな事故じゃなくてもケガをしてしまい、仕事ができなくなってしまったらどうすれば良いのか?その備えの一つとして保険に加入しておくというものがあります。ケガや事故などを中心とした保険ですね。

生命保険ではなくどちらかというと損害保険に加入しておくなども良いでしょう。それだけではなく会社でも保険に加入していると良いですね。だから就職活動をする時に会社が加入している保険をチェックすると良いのです。

福利厚生についての情報をしっかりと聞いてみるのも良いでしょう。保険に加入しているのといないのとでは安心感も違いますので、会社が備えていないのなら提案してみる、または転職を考えてみるのも良いでしょう。

まとめ


今回はトラックドライバーの仕事をされている方に多いケガの原因について、ケガを防止するためにはどうすればいいのか?自分だけではなく会社にも気を付けてもらいたい点、などについてを簡単ではありますがご紹介いたしました。

毎年トラックドライバーが事故に巻き込まれたり、事故を起こしてしまったりしてケガや重大な死亡事故になったりしていますが、ひとりひとりが気を付けていく事でケガや事故が少しずつ減っていく事を期待します。

この記事がトラックドライバーやドライバーを目指している方のお役に立てれば幸いです。

関連記事