アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > アルバイトの時給っていくらからが高時給なの?

アルバイトの時給っていくらからが高時給なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
少しでも高い時給、つまり高時給のアルバイトを見つけて手っ取り早くお金を稼ぎたいと考えているのかもしれませんが、高時給という言葉に目を惹かれるのはわかりますが、高時給っていくらくらいからそういう風に言うのかご存知でしょうか。

そう聞かれると意外とわからない事って多いですよね。そこで今回は高時給っていくらくらいから高時給と言うのかについてを調べてみました。

高時給のアルバイトが人気な理由



こんな事考えなくてもわかるかもしれませんが、高時給のアルバイトが人気の理由はやはりお給料が高いからですよね。例えば時給が1000円のアルバイトよりも時給が1200円のアルバイトの方が高いですよね。

たった200円の違いだから何?と思う方もいるかもしれませんが、例えば8時間仕事をしたら1600円もの違いが出てしまいます。たった1日でこれだけの差が出てしまうのです!これを10日で計算すると16000円も違いが出ます。

同じ時間働いたとしてもこれだけの差が出てしまうので、アルバイトを探す時はできるだけ時給が高いところで働きたいと思うものなのです。ところで気になるのが高時給という言葉です。

いったいいくらくらいからが高時給に含まれるのでしょうか?その基準がわかればこれからアルバイトを探す時のおおよその目安になるのではないでしょうか。

高時給っていくらくらいから言うものなの?



そこで調べてみました。最低賃金が790円ですからそれを考えると980円くらいになると時給が高いと感じるかもしれません。ですが多くの方は1000円のアルバイトだったら時給が高いと感じるようです。

確かに1000円の時給だったら高そうに感じるのですが、実は1000円は高時給には含まれないのです。もちろん人の捉え方にもよりますけれど、実際にアルバイトやパートをしている方は、時給が1300円以上になったら高時給と感じるようです。

ところが、正社員のお給料をアルバイトの時給に計算すると、1500円以上だったら高時給だという認識になるようなのです。確かに1500円の時給のアルバイトがあったら「どんな仕事なんだろう?」と興味がわきますよね。

という事で高時給だと感じるのは1000円以上からであり、実際に高時給だと皆が認める時給は1500円という事になりそうです。そして次に気になるのが高時給のアルバイトってどんな仕事なのかという疑問です。

種類と業種そして必要な資格などについてをご紹介いたします。

高時給のアルバイトの種類について



まずはどうしてそのアルバイトが高時給なのか?という点に注目してみました。すると高時給になりやすいパターンというものが実はありました。その条件は大きく分けると4つあるようです。

まず一つ目ですが、やはり深夜料金が加算される深夜、早朝、そして土日祝日の出勤です。休日に出勤するとそれだけで時給が100円アップしたりするのはよくある事です。もちろん多くの場合は数十円程度のアップかもしれません。

二つ目は体力を必要とする肉体労働である事でしょう。昔から土木系の仕事はとにかくきついけれど時給は高かったですよね。他の仕事よりも体力を使う仕事はやはり時給が高くなる傾向にあるようです。

三つ目は資格や経験を必要とする仕事です。特に国家資格を取得していると当然ですが時給は自然と高くなります。同じように経験がある人の方が未経験の方よりも時給が高く設定されています。だからこそ有利な資格は取得した方が良いのですね。

四つ目は超短期の仕事です。短期の仕事も比較的時給が高く設定されています。例えばたった1日だけの限定の仕事だったり、数日間のみの仕事だと時給は高く設定されています。その理由はそれだけ人の手が必要であるからです。

プラスして人がやりたくない仕事だったりすると時給が高くなったりします。特殊清掃員などがこれにあたるかもしれません。これらの条件を満たす仕事を探せば必然的に高時給の仕事を見つける事ができるというわけです。

まとめ



今回は高時給と言われているアルバイトの時給っていくらからなのか?そして高時給に設定されているアルバイトの種類や、高時給になる理由とは何かについてご紹介いたしました。

ちなみに高時給のアルバイト、仕事を探したいと思うのならば、必要な資格や知識を学んで取得して、その資格や経験を活かせる仕事を探す事をおすすめいたします。

関連記事