アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > ネット通販時代にも対応し活躍するマーケティング職とは

ネット通販時代にも対応し活躍するマーケティング職とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
仕事には色々なものがあります。例えば一つの企業で色々な役職や担当部署があるように、さまざまな部署がそれぞれの役割を担っているから会社として成り立っています。

今回は、そんな数ある部署の中で「マーケティング」を担当しているマーケティング職についてご紹介していきます。

マーケティングとは何か?



まずはマーケティングとは何かについてを簡単に説明いたします。マーケティングとは販売に強く関係していて、企業が販売する商品をいかに販売するかどうか、その戦略を考えるのが主な仕事です。

商品が上手く売れればマーケティングは成功したといっていいでしょう。もちろん商品だけではなくて、今何が売れているのかを調査したり少しでも純利益を出すために、いかにコストを下げるかを考えたりもします。

他にも少しでもコストを下げるためにどのように保管すべきなのかや、輸送をどのようにすれば良いのかなどについても担当することもあるようです。販売を促進するだけがお仕事ではないということがわかりますね。

他にも宣伝するための方法も考え、実際に宣伝活動をお手伝いすることもあるようです。ちなみにマーケティングといっても対象が違うと方法も違ってきます。その違いや種類についてを次でご紹介いたしましょう。

マーケティング職の種類と内容



商品を作る前にどんな商品が求められているのかを調査する必要があります。まずはリサーチなど市場調査を行う必要があるわけです。市場調査の方法については企業によって違うかもしれませんが、実際にお店に足を運ぶこともあるでしょう。

最近ではSNSやアンケートなどを上手に活用して何が求められているのかを調査する事も多いようです。

宣伝活動もマーケティングの一つです。宣伝活動をするにはCMを利用したり広告を作ってバラまいたりするのも良いでしょう。インターネット広告を作成して効果的に宣伝するなど、商品をより多くの人に知ってもらうのも重要な仕事です。

実際に宣伝活動を行った後でどの程度の宣伝効果があったのかについての「効果の検証」もマーケティングの仕事のひとつです。もっとも理想的なのは宣伝などしなくても売ったら飛ぶように売れることですが、実際にはそんなに簡単ではありません。

やることも多すぎて、全ての業務を一つの担当者が行うのは難しいので、マーケティングというのは担当する場所が分担されているのです。

マーケティング職になるには



マーケティング職になるにはマーケティングを行っている部署を持つ企業に就職する必要があります。例えばWEB制作会社などはマーケティングそのものが仕事といっても過言ではありませんので、WEB制作会社に就職するのも良いでしょう。

広告代理店に就職するのもマーケティングを専門に行っている部署があるので良いですね。ところでマーケティングを行う部署を持つ企業と漠然と説明しましたが、簡単に言えば商品の販売をしている企業はほとんどマーケティング部署が存在します。

ただ、マーケティングの部署に入れば誰もが稼げるようになるのかというとそうではありません。基本的には「皆が何を欲しがっているのか」を理解し、「市場で求められているであろう新商品の提案ができる」ことが重要です。

そのためにはある程度、市場で何が求められているのかを知っている必要があるのと、次は何が売れるのかを予測できるようになる必要があります。なので営業を経験しておくと良いかもしれません。

また、最近ではどこの企業でもホームページを持っています。ホームページは企業を知ってもらうには最適なツールですので、ホームページの作成や構成ができると良いでしょう。

マーケティング職の年収について



マーケティング職の年収は幅があります。それは個人でマーケティングコンサルタントなどをしている方や、個人でWEB製作を行っている方もいらっしゃいますし、企業に就職する方もいらっしゃるからです。

個人の場合は手掛ける仕事が多ければ多いほど信頼もあるので、その実績が良い宣伝となって舞い込んでくる仕事の量もある程度確保できるので、年収1000万を超える方もいらっしゃいますが、企業の場合はそうではありません。

企業に就職して実績を積んでいけば550万は平均的に稼げると言われています。もちろん平均なので全ての企業でこの年収が補償されているものではありません。やはり実績が無ければ年収も上がらないので努力が必要でしょう。

また、中でも一般的な広告や宣伝ができる以外に、デジタルコンテンツを駆使してマーケティングを行える方が年収が高い傾向にありますので、やはりWEB製作やSNSなどの知識がある方が重宝されます。

マーケティングを仕事にしたいと考えているならば、学生の頃にデジタルマーケティングの資格や勉強をしておくことをおすすめします。

まとめ



今回はマーケティング職というのがどのような仕事なのか、マーケティングの必要性や需要について、さらにマーケティング職になるにはどうすれば良いのか、年収はいくらくらい貰えるのかなどをご紹介いたしました。

この記事が今後マーケティング職を目指している方の疑問の解消につながれば幸いです。

関連記事