アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 屋外でアルバイトをする人が実践したい熱中症対策

屋外でアルバイトをする人が実践したい熱中症対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
毎日暑い日々が続いていますけれど、屋内で仕事をしている方でも暑いと感じるのに、屋外で仕事をされている方は命に危険を感じるほどの暑さに不安や体調不良を感じていらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は屋外でお仕事をされている方に実践していただきたい熱中症対策についてお話していこうと思います。

熱中症になるとどうなるのか



熱中症というのは実は一つの種類ではなくて、大きく分けると4つのタイプに分かれています。いずれも暑さによって引き起こされるものなのですが、症状によって4つに分類されているわけです。

4つに分類されているということはつまり、発症したタイプの熱中症によって対処法が違ったり、予防方法が微妙に違ったりするのでご存知無いという方はタイプごとの症状と予防や改善策を知っておくと良いでしょう。

一つ目は『熱疲労』というタイプです。原因は汗が大量に出てしまい水分の補給が間に合わなかった時に発症します。屋外での作業やスポーツなどをしている方に多いですね。

二つ目は『熱射病』というタイプです。原因はあまりにも体温が急上昇してしまい、中枢機能が異常を起こしてしまったため意識障害が起こったりします。体温が高くなったり反応が鈍くなったりします。

言動がおかしくなったりふらふらとした動きになったりします。これも屋外での作業やスポーツなどをすることで発症します。

三つ目は『熱痙攣』というタイプです。原因は水分補給はしていても塩分が補給されないために、ナトリウム不足になって筋肉がけいれんを起こしたりします。筋肉痛が起こったり手足がつるなどの症状も起こります。

四つ目は『熱湿疹』というタイプです。皮膚血管が拡張することで血圧が低下した時、頭に血液の流れが悪くなってしまうと起こります。めまいや軽く失神したり血流不足のため顔面が青白く感じます。

熱中症対策におすすめの飲み物



水分だけを補給しても塩分が足らないと熱中症になる可能性が高くなります。なのでできるだけ塩分も補給できるような飲み物を用意しておくと良いでしょう。アイソトニック飲料などはその代表的な飲み物ですね。

おすすめの飲み物はミネラルが豊富な飲み物です。糖分が気になるという方もいらっしゃいますので、ミネラル成分が含まれている天然水、またはミネラル麦茶などがおすすめです。

例えばContrex(コントレックス)などがおすすめですね。飲みにくいという方もいるかもしれませんが、麦茶などを作って飲めば飲みやすくなるので麦茶を作って飲むことをおすすめします。

ポカリスエットみたいなものを飲んでも良いかもしれませんが、糖分を控えているという方はミネラルウォーターに麦茶がおすすめです。ただし外で作業をしたりする場合は別です。外で作業を行う場合にはポカリスエットなどをおすすめします。

というのも塩分や糖分が失われる速度が違うからです。糖分なんて気にしていたら補給が間に合わなくてけいれんを起こしたりする可能性があるからです。ただし飲みやすいからといってカルピスのようなものは避けた方が良いでしょう。

なぜなら医師に相談したところ、カルピスは身体に良いのですが糖分がとても高い飲み物だそうだからです。やはりスポーツドリンクがおすすめです。

熱中症対策におすすめのグッズ



昔とは違って最近では熱中症にならないためのグッズがたくさん販売されています。例えば冷却材がついている冷却ベストなどはおすすめですね。屋外での作業をしている方には体温を上げないための工夫になります。

他にも水で湿らせるタイプのスカーフのようなタイプの冷却材も存在していますね。これも首周辺にある大きな血管を流れる血液の温度を下げる働きがあるので、身体全体が温まりすぎるのを防ぐ効果が期待できるわけですね。

また、小型の扇風機なども数多く販売されています。この小型扇風機にはUSBを使って電気の力で動くものや、電池を使うタイプのものもありますが、レバーがついていて握って扇風機を回すタイプのものもあります。

でもこのタイプの扇風機はどちらかというとデスクワークの方や、歩きながら風が欲しいという時などに使う方が多く、屋外で作業をする方にはあまり良いグッズだとは言えないかもしれません。

では次に屋外作業中に熱中症にならないためのグッズや工夫などについてをご紹介いたします。

屋外作業中に熱中症にならないような工夫



屋外で作業をしている方の多くは両手を使って作業をする方が多いので、手を使わずに冷却ができるタイプのグッズの方が良いでしょう。例えば先ほどもご紹介した冷却効果のあるベストなどがそうですよね。でもこれだけでは足りません。

身体の内部に空気を送って体を冷やせるベストなどがおすすめです。ただ建築現場などでお仕事される方の場合はかえってぶわぶわとしてしまって邪魔になってしまう可能性も否定できません。そういう場合は別の方法で熱中症対策をします。

ヘルメットの内側に入れるタイプの冷却材を使って作業をするのもおすすめですが、さらに汗を吸い取るタイプのタオルなどがワークマンなどのショップに売っていますのでそれを併用すると良いでしょう。

さらに水分、塩分を適度に補給するための飲み物の冷たさをキープするためのカバーを使い、腰にその飲み物を取り付けるフックなども使うと良いですし、熱中症を防ぐためにこまめに水分補給のための休憩を入れることも大事です。

めまいや意識が飛ぶなどの症状が少しでも出てきたら、熱中症の可能性があるので涼しいところに行って休憩をして、わきの下などに冷却材などをあてて体温を下げ、病院に速やかに行くことをおすすめします。

まとめ



今回は、屋外でお仕事をされている方の熱中症対策や熱中症対策グッズなどについてご紹介いたしました。温暖化現象が進んでいると言われている今、暑さから少しでも命を守る行動をいつでも取れる状況を作っておきましょう。

この記事が屋外でお仕事をされている方々や、これからその分野で活躍しようと考えている方のお役に立てると幸いです。

関連記事