アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 生涯フリーターの人の年金免除とその方法をご紹介します

生涯フリーターの人の年金免除とその方法をご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
企業に正社員として就職する人よりもアルバイトをして必要になったら働くみたいな暮らしを選択する人が増えてきましたね。というかもうかれこれ何十年も前から若い方が正社員にならないケースが増えているのは事実なのです。

中には一度も正社員として就職をしないで一生涯フリーターで暮らすという方も実はいらっしゃいます。でも若い頃はいいかもしれないけれど、歳をとった後の事が気になったりしませんか?例えば年金がもらえるかどうかとかですよね。

そこで今回はフリーターの方の年金をどのように考えたら良いのか?そして年金免除とその方法についてをご紹介していきましょう。

フリーターが感じる将来への不安それはお金の事



冒頭でも少し話しましたが、若い頃はアルバイトをしているから何も不便も感じなかったかもしれませんが、皆さん平等に年を重ねていくものですよね。歳をとると若い頃に感じなかった異変を敏感に感じるようになるでしょう。

例えば疲れが取れなくなってきたと感じたり、風邪をひきやすくなった感じがするなんていうのもあるでしょう。何よりも少しずつ無理が効かなくなってくるという事に衝撃を受ける時がやってくるのです。

その時になって自分の通帳を広げてみた時にお金がたっぷり入っていたら何も不安は感じないかもしれませんが、数千円や数万円しか入っていなかったり中には数百円しかなかったりすると「これからどうしよう」と不安になります。

正社員だったら厚生年金を支払い続けているので足らないけれど必要最低限の生活は送れるので安心感があるでしょう。でもその頃から正社員になるのは不可能です。そこで『年金』の問題が出てくるわけです。

年金の免除を受けられる人と受けられない人



フリーターの方が年金(国民年金)を地道に支払っていれば良いですが、年金は意外と高額だと感じるので未払いの状態の方もいらっしゃるでしょう。でもそれをそのまま放置したらいけません。もしも支払いが苦しいなら『免除』の申請をしましょう。

年金の免除制度だけではなく年金納付猶予制度というのもありますので、どちらかの申請を行って将来の自分の年金の権利を守りましょう。その前に自分がその制度を利用できるかどうかをチェックした方が良いですね。

国民年金の保険料免除制度や納付猶予制度というのは収入が少ない人や収入を失ってしまった人への救済措置で、手続きを行う事によって将来の年金の権利を守る事ができます。免除の場合は支払いをしなくても済むようになります。

ただし免除を受けた場合には将来の年金の金額が減額されてしまいますけれど、納付猶予制度の場合は将来の年金額が減る事はありません。もちろん年金額を満額もらう事も可能ですが、その場合は免除を受けていた年金の金額を後から納めれば良いだけです。

受けられる人は年金の納付が可能なだけの収入がある方、認められる方は失業中の方、年収が少なくて年金の納付が困難な方となっています。市役所などから手紙が届く事もあります。

年金の免除の手続きの方法とメリット



年金の納付免除や納付猶予制度を利用する場合には、市役所などに行って申込用紙をもらってきます。郵送をお願いできる場合もあるので市役所などに電話してみると良いでしょう。必要な書類に記載して郵送にて提出します。

問題なく不備なく認定されればその年の年金は免除または納付猶予が与えられます。ちなみに年金を支払っていた場合、または手続きをしている場合は将来高齢者になった時、病気などで障害年金を受給しなくてはならない時に、障害年金の受給ができます。

でも何もしないで年金を未払いの状態にしておくと、困った時に年金の受給が受けられなくなるので、必ず手続きをしておく必要があります。アルバイトの収入があまり多くないという方はぜひ手続きしておいてください。

他にも老齢基礎年金の受給資格期間への参入も年金額への反映も未納の場合はありません。将来の自分のためにも年金の手続きを忘れてはいけないのですね。

年金の免除の手続きに必要なもの



年金の免除や納付猶予手続きに必要なものは『申込書』ここに必要事項を書き込んで、居住区ですね、住民登録をしている市や区の役場の国民年金担当窓口へ提出しましょう。

記載する部分はあまり多くはありません。年収ですね。サインをして日付を記載しますが、年数を間違ってはいけません。ここの年数を間違えると書類が受理されず戻ってくるので、くれぐれも年度を間違わないよう気を付けましょう。

ちなみに申請書には年度数は書かれていません。自分で間違わないよう気を付けるしかありません。申込書は提出しにいかなくても郵送しても大丈夫です。

申込書ですが郵送してくれるケース(確定申告をしていたり年収の申告をしている場合)以外にねんきんネットのホームページからダウンロードする事も可能です。手間がいらないのでそちらを選択しても良いですね。

ダウンロードURLはこちらです「国民年金保険料に関する手続き」

まとめ



今回はアルバイトをしていて年収が少ないという方の中で、年金の納付が難しいという方の未払い問題をどうすべきなのか?そして年金の免除や納付猶予の申し込みをするメリットと未納のままにしておくデメリットをご紹介いたしました。

この記事が収入が少なく年金の事が心配だという方の不安を少しでも解消できれば幸いです。

関連記事