アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 【ハローワーク】年齢制限該当番号とは?

【ハローワーク】年齢制限該当番号とは?

→ 他の就職支援サイトを確認

ハローワークの募集広告には様々な『番号』が記載されているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。その中で年齢に関する募集にも番号があるのですがご存知の方は多くないかもしれません。

そこで今回はハローワークの募集に記載されている「この番号って何なの?」という番号の中で、年齢制限該当番号という番号についてお話したいと思います。

そもそも年齢制限該当番号とは何か?



ハローワークを使って企業が人材を募集する時に、皆さんはどこを最初にご覧になるでしょうか?おそらく一番は「お給料」ですよね。そして次にご覧になるのが恐らくは『年齢制限』ではありませんか?

せっかく良い求人を見つけたとしても募集している年齢に自分が入っていなければあきらめざるを得ないからです。たまに「どうしてこんなに年齢制限があるのだろうか?」と不満に感じる事があるかもしれませんよね。

実はこの年齢制限は募集している会社の仕事の内容で制限をかける必要があって年齢制限を設けているのです。企業側は募集をする時に年齢に制限がある場合はハローワークにその事を伝える必要があります。

この時に該当する年齢制限該当番号を記載するわけです。当然ですがなぜ年齢制限を設ける必要があるのか、該当する理由も一緒に提示しなくてはならないというわけですね。

では具体的に年齢制限該当番号の種類や意味をご紹介していきましょう。

募集広告の年齢制限ってあまりよくわからない事が多い



そもそも年齢制限についてはあまりよくわからない事が多いですよね。日本では若い方の方が圧倒的に就職率が高いですし、35歳以上の方が仕事を探そうと思ったら年齢制限に引っかかってしまって探しにくいと感じるようです。

もちろん年齢制限該当番号がわかっても、その理由がわかったくらいで就職率が上昇するとは言い難いです。でもどうしてこの仕事は年齢制限があるのか、その理由を知る事はできますよね。

ただ労働省の調査によると求人の年齢が自分の年齢に合わない仕事が多いと感じる方が多いようなので、今後この求人の年齢とのマッチングが重要な課題になってくるのは間違いなさそうです。

では次に年齢制限該当番号の種類とそれぞれの意味をご紹介いたします。

年齢制限該当番号の種類と意味



【1号】この番号は定年年齢を上限として上限未満の定めのない労働契約をする時の募集をする時に使う番号です。定めの無い労働契約なので契約期間を記載していません。

上限を下げて記載する場合はなぜ下げる必要があるのか、その理由を明確に記載する必要があります。

【2号】この番号は労働基準法などの法令の規定で年齢制限が設けられている場合です。例えば法律で特定の年齢層が働く事を禁止している業種や業務には年齢制限されます。例えば深夜勤務は10代はダメとかですね。

【3号のイ】この番号はキャリア形成をするため、若い年齢の方と定めの無い労働契約をする時に使います。例えば新卒を募集したり40歳未満の人を募集したりする時などですね。

【3号のロ】この番号は技能やノウハウを継承する場合に使用します。例えば技術者の技能継承とかノウハウの継承とかですね。さらにその業種や職種で労働者数が相当程度少ない場合の募集の時にもこの番号が使われます。

【3号のハ】芸能分野とか芸術系の表現の真実性などの要請がある場合です。これは子どもの役を演じるのに子どもを募集する時などの番号ですね。子供の役を大人が演じるのは不自然ですし……。

【3号の二】60歳以上の方、または特定の年齢層の雇用を対象としています。最近は60歳以上でも仕事をしなくてはならない方も多いですから、こうした高齢者の求人を出す時にこの番号を使います。

求人に年齢制限が設けられているのには理由があった!



このように年齢制限該当番号は、仕事の内容や業務上年齢制限を必要とする場合に申請の時に使用される番号です。もちろん全ての事が番号を見るだけでわかるとは言えませんが、おおよその事はわかるようになっているのです。

例えば3号のイなら専門的な知識や経験が必要なので、比較的若年層の募集をしているのだなとか、3号の二なら高齢者の雇用に力を入れている企業なのだなとわかります。理由がわかれば年齢制限に腹を立てる事もありません。

就職活動をする時にサッと目を通して条件に合った就職先を探すのに活用してみても良いですね。

この年齢制限該当番号というのはハローワークに限った事ではありません。一般的な求人広告や募集広告などに記載されている情報にも年齢制限が設けられているものばかりですが、これは法律で決められている事なのです。

ちなみにトライアル雇用などの場合に年齢制限をしたりする時にも年齢制限該当番号を使用します。

ただしこうした年齢制限をかける場合には募集や採用の条件の中で、例えば50歳以上という募集をしたときに、さらに上限を付けるなどは違反になります。

まとめ



今回はハローワークや求人広告に記載されている募集の中で、年齢に関する年齢制限該当番号というのに注目してみました。それぞれの意味についても触れてみました。

今後の就職活動にすごく役立つというわけではありませんが、少しでも疑問を解消するためのお役に立てれば幸いです。

関連記事