HOME > コラム > お役立ち情報 > レジのアルバイトにありがちなミスが怖い気持ちに打ち勝つコツ

レジのアルバイトにありがちなミスが怖い気持ちに打ち勝つコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着のバイト
求人情報を確認

アルバイトでレジを打つという作業を一度でもいいからやってみたいと思った事はありませんか?例えば子供の頃にレジを打っている女性を見て、自分もやってみたいなと思ったことがある人もいるかもしれません。

女の子は小さな頃にお店屋さんごっこなどをした事があるように、商品の値段をレジ打ちする事はとても楽しい事のように感じるものですよね。
でももしも実際にレジでアルバイトをしたとしたら、そんなに楽しいことばかりだとは言いがたいのではないでしょうか?

今回はレジ打ちのアルバイトでのミスや、ミスが怖いといったお話をしましょう。
そして最後にはレジ打ち間違い対策などについてもご紹介したいと思います。

 

レジ打ちでありがちなミスとは?

まず、レジ打ちでやってしまいそうなミスといえば、打ち間違いですよね。初めてのアルバイトで怖い職業といえばレジ、というイメージを抱いている人も多いようです。

お客様の購入した商品をどんどん足していくわけですが、この時レジ打ちを間違ってしまう事があるのです。


決してミスをしてはいけないというのではなく、人間だからある程度は仕方がないものなのですが、あまりにも打ち間違いが多いとお客様にも会社にも迷惑がかかります。

他にもレジをやっていたり経験をされた方は経験があると思うのですが、レジから発行したレシートとレジの中に入っているお金が一致していなくてはなりません。
ところが時々、打ち込まれている数字よりもレジの中に入っているお金が多かったり少なかったりする事があるのです。恐らく一番怖いと感じるミスはお金に関することではないでしょうか。

 

ミスが怖いからアルバイトが憂鬱に!

reji02 レジのアルバイトの方は、誰もがこの打ち間違いやお金の受け渡しミスで嫌な思いをしているはずです。さすがに打ち間違いについては最近はバーコードでピッとやるだけなのでそちらのミスは減りました。

ですが受け渡しはレジの担当者が行う事がまだまだ多いので、このミスが怖いから仕事が憂鬱になってしまうというケースは後を絶たないものなのです。
もちろん金額が10円や20円であろうと数万円であろうと代わりはありませんが、金額が大きければ大きいほど罪悪感が増えていくのは事実です。

よく、レジ打ち間違いでお釣りを多くもらって得した!と思う人がいますが、アルバイトしている身になって考えると、少額でも指摘してあげた方がいいのは言うまでもないですね。

そこで、このミスが怖いという気持ちをもっと前向きにするために、どのような改善策があるのかについても調べてみました。
 

レジのバイトのミスをしないコツとは?

reji03 個人的に経験した事を話してみると・・・
ミスする事を怖がって遠慮をしていると、余計に小さなミスが重なっていくものです。
ミスはしてはいけないけれどあまり萎縮しすぎない事が一番
です。

さらに、頭のなかでお預かりした金額からお品代を引いたお釣りの金額を暗算するのもお勧めです。そしてレジで確認してお金を取り出しお客様にお渡ししましょう。

頭で計算しながらお金を出し入れするので間違いが少なくなります。つまり常に暗算するようにしておくとお釣りの計算ができるので、ミスも少なくなっていくというわけなのです。

中には、レジでミスをしたらアルバイトに払わせたりする悪徳な企業もあるので、できるだけ嫌な思いをしないようにするためにも、毎日自分でできる事でミスを少なくできるようにしてみましょう。
厳選!おすすめアルバイト
  • バイトル

    バイトを探す上での条件が沢山あります。
    手早く自分にあったアルバイトを探すことが出来ます。

    求人数実績数検索内容

    無料登録はコチラ

  • マッハバイト

    地域カバー率、業界トップクラス!
    豊富な仕事件数、祝い金もあり。

    求人数実績数検索内容

    無料登録はコチラ

新着のバイト
求人情報を確認

関連記事