アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 職場で上司と合わない!時代で違う仕事への考え方

職場で上司と合わない!時代で違う仕事への考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
今年新社会人になる若い方は、希望する会社への入社が決まってワクワクしている事でしょう。社会人となったからには様々な出来事に遭遇し、臨機応変に対応していけなければなりません。

それは想像しているほど簡単な事ではないでしょう。中には初めての出来事に感じた事が無いほどの衝撃や、ストレスを感じたり疑問に感じたり憤慨したりする事も出てくる可能性もあります。

今回は職場で最も悩む人間関係の中でも、特に上司や先輩など生まれて育った環境や時代が違う方々との、仕事や考え方の違いについてご紹介いたします。

考え方の違いはどこで生まれたのか?



まずはどうして世代によって考え方が違うと感じるのか、その理由をいくつかご紹介していきましょう。まず意見が違うと感じる最大の理由は「生まれた時代と育った環境が違うから」です。

例えば今の上司に最も多い年代と言えばバブル世代でしょう。バブル世代というのは1965年~1968年頃に生まれた世代で、団塊の世代の次に出生率が高かった世代です。

逆に今の若い方の世代というのはいわゆるゆとり世代と言われている人たちで、1987年4月頃~2000年の4月1日生まれの人たちの事を指しています。ここから先の世代はまた違った環境になるわけですね。

この世代というのは子どもの人数も非常に少なくて、両親の愛情を一心に受けて育った世代と言えるでしょう。つまりちょうどバブル世代からちょっとその上の年代の方を両親に持った人たちです。

育った環境が全く違うこの二つの世代は近いようでかなり考え方が違う世代でもあります。この育った環境の違いが上司と部下の考え方の違いを生んでいると言ってもいいでしょう。

叱られて伸びるバブル世代の考え方



バブル世代の上司の子どもの頃は非常に厳しく、学校でも悪い事をすれば廊下に立たされたり、叩かれたり正座させられたりした方も多い世代でしょう。その頃は悪い事をしたら叱られるのが普通の時代でした。

親や先生や先輩方に怒られる事で「悔しい」という感情を持ち、その時に思う「負けてたまるか!」精神が強い世代なので、叱られたり難題を押し付けられると俄然やる気を出して困難を乗り越えてきた世代です。

当然ながら部下にも叱る事でやる気を出してもらおうと考える傾向が強いようです。さらにこの世代というのは男は男らしく女性は女性らしく、という考え方の方が多い世代でもあるようです。

そのため男女差別の無い現代でも女性らしくふるまわないと「女のくせに」とか考えたり、男なのにはっきりしない態度を見せると「男らしくしろ!」と考えてしまったりする事もあるようですね。

特に今の新入社員の世代の人を見ると「頼りない」と感じたり「打たれ弱い」と感じたり「融通が利かない」などと感じてしまうようです。

褒められて伸びるゆとり世代の考え方



叱られて育っていないゆとり世代は、とにかく褒められる事で伸びてきた方が非常に多いようです。小さなころから叱られた事がないため、社会人になって失敗するたびに叱られる事で委縮してしまう傾向にあります。

がむしゃらに仕事に取り組んできた世代とは違って非常に現実的な考え方をする方が多く、叱る上司を「なんであんなに文句ばかり言うのか?」と感じてしまったり「失敗すると叱られる」という感情を持ってしまうようです。

バブル世代の上司は特に正反対な育ち方をしてきているので、バブル世代の上司を「威圧的」だと感じてしまうようです。その結果ストレスが溜まって精神的な病気になってしまう事もあるので気を付けなくてはなりません。

また、この世代はルールを非常に厳守する傾向にあるためなのか、仕事が行き詰ってしまった時などに臨機応変に対応する事が難しい世代でもあるようです。

それもそのはずです。もしもルールを破ってとんでもない事をして失敗してしまったら、上司に何を言われるかわからないのです。ところがバブル世代の上司は自分で考えてやれ!と言ったりするので、とても強制的にさせられていると感じてしまう事もあるでしょう。

他にもコミュニケーションがあまり上手ではないゆとり世代は、コミュニケーション能力が高いバブル世代の上司をクールな目で見る事があるようです。このように特に合わない世代が上司と部下の関係になると問題が起きるわけですね。

お互いの考え方を尊重し答えを導き出す事が大事



育った環境が違うのは仕方がない事と思えても、培ってきた考え方を変えるのはとても難しい事です。お互いに自分の意見を通そうとしても平行線のままで、後は上下関係で方向は決まってしまいます。

これでは世代によるギャップは超える事ができず、納得のいかない世代の反抗心をあおるだけでしょう。そこでどちらが正しいとかではなく、同じ目的に向かってどのように進んでいくのかを検討しながら仕事を進めていきましょう。

ここで相手の意見を「ダメ」と否定しない事が大事です。そしてバブル世代は「仕事の効率」についても考え、若い世代の人と合わせる柔軟性も必要です。例えばバブル世代と言えば上司からの連絡にはすぐに電話で対応していましたよね。

でも今の世代は電話ではなくメールやLINEなどのツールを使って連絡をする方がほとんどです。そこで上司もメールやLINEなどを使て連絡を取る事を良しと認めれば良いわけです。その方が時間の無駄もなくせますし聞き間違いもしなくて済むのです。

そう考えたら連絡方法については若い世代の人のやり方を取り入れるのが妥当でしょう。また、若い世代は叱るのは良くなって欲しいという気持ちもある事を頭に入れておくといいでしょう。

上司の方も叱るばかりではなく、叱った後でできたら最大限に褒めてあげる事を忘れてはなりません。こうして世代の違いを少しずつお互いに理解しあう事で、少しずつ関係性が良くなっていって仕事がよりやりやすくなるでしょう。

まとめ



今回は世代によって違う考え方ややり方、仕事に対するやり方やそのギャップをどのようにして埋めれば良いのかについてをご紹介いたしました。くらべてみるとかなり考え方が違う事もわかりましたね。

この記事が上司と部下の関係で悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

関連記事