アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > シニアのドライバーの仕事の種類と給料を調べてみた

シニアのドライバーの仕事の種類と給料を調べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

定年退職後は年金と働いていた時に貯めたお金で老後の生活をしなくてはなりませんが、昨今老後に満足できる生活ができるほどお金を貯められるかといったらなかなか難しいものがありますよね。そこで今回はシニアでも活躍できるドライバーの仕事をご紹介いたします。

若い頃より老後の方がお金がかかるもの



65歳で定年を迎える人もいれば職業によっては70歳を過ぎてもお仕事を続けられる人もいるようです。特に技術職や研究などの職業の場合は続けられる間は形を変えてお仕事を続けることができるようですが、肉体労働の場合は続けるのが難しいケースも多いようです。

貯金をしていれば年金とプラスすれば何とか生活ができるだろうと思うかもしれませんが、以前、老後2000万円発言で色々と問題になりましたが、本当にそれだけで足りるのかといったらそうばかりとは言えないのが現実でしょう。

例えば若い頃は病気やケガをしても治りやすいかもしれませんが、中高年になると中々治りにくいですしそれが原因で歩行困難になったり、骨折などしようものなら寝たきりになる可能性だって否定できません。

他にも子供や孫がいればお小遣いをあげたりプレゼントをあげたいと思ったりすることもあるでしょう。つまり若い頃と同じような生活水準を維持したいのならば、若い頃と同じだけお金がかかると考えた方がいいかもしれません。

でもそのためにはシニア層になっても仕事をする必要がありますよね。ちなみにシニア層の方が仕事を持つことを国も推奨しているので、今はシニア層の募集も結構あります。

国が働けるシニアの方には労働をすすめている現実



ところでシニアの方々は今のご自分をどのように感じているでしょうか?例えば30年前の65歳というと、かなりお年寄り感があって働くなんて無理だろうなと感じるかもしれませんが、今65歳の方はご自分のことを若い頃とそんなに変わらないと感じていませんか?

それもそのはずです。昔の65歳と現在の65歳では体力も違うし若々しさも全く違います。食生活の変化もあるかもしれませんが医学もかなり進歩していて、65歳でも普通に働けるし遊べるものなのです。だからこそ人生を楽しくするためにも働かなくてはつまらないですよね。

ちなみに国も高齢者やシニア層の方々が仕事をすることを推奨しています。それにつれて雇用の方もシニア層を対象にした募集が増えています。昔よりもシニア層が働きやすい環境になってきているのですね。

さらに細かく言えば60代の就業率は46%、それ以上の年齢の方の就業率も25%に迫る勢いです。このことからも定年が仕事の終わりではなく、新たな仕事や人生の始まりになると考えて間違いはないでしょう。

今回は、シニア層の方々のドライバーの仕事についでの特集なので、どんなドライバーの種類があるのかをまずご紹介いたします。

シニアにおすすめのドライバーの仕事の種類



まずはドライバーの仕事の種類ですが、一つ目は『送迎』です。送迎の仕事にも種類がありますけれど、例えばデイサービスなどを利用している高齢者の方々(75歳以上~のデイサービス利用者)の送迎の募集が多いです。

他にも大手の運送会社や企業などで、お子さんがいる従業員の方々のお子さんのデイサービス(放課後デイなど)への送迎を担当している方も多いです。もちろん募集も非常に多いので運転免許があり、安全運転に自信がある方におすすめです。

次は『ルート配送』です。ルート配送といっても本格的に行うのではなくて、少ないお得意先を回るドライバーの仕事も意外と多く募集しています。この仕事の良さは毎日仕事ができないという方でも仕事ができる点でしょう。

他にも『宅配ドライバー』なども募集しています。宅配ドライバーの仕事は大手運送会社なので安心感もあります。安定したお給料を得たいという方にもおすすめですね。

『デリバリー配達』のドライバーの仕事があります。デリバリー宅配の仕事については以前 Uber Eats でお話しましたが、デリバリーが流行っていることや誰にでもできる仕事なのでおすすめです。

何よりも良いのはお金が必要な時にできる仕事であるという点です。こうした仕事のやり方こそシニアの方にピッタリのやり方ですよね。

最後にシニア層の方々におすすめなのがタクシードライバーです。二種免許を持っている方ならなお良いですね。

ドライバーの仕事のお給料はいくら?



問題はどのくらいお給料をもらえるのかですよね。例えば送迎の仕事でどのくらいお給料がもらえるのかというと、時給にすると1,100円が平均時給のようです。大手企業で送迎スタッフになれば月給およそ18万強が多いです。

年金や貯金を崩さずに生活ができるレベルは稼げそうです。しかも土日祝日休みでこの金額なら文句はありませんよね。ルート配送の場合は担当するお店によって違うようですが、時給で1,000円からが多いようです。

配送業務に関してですが郵便局の配送の場合はさすがに月収も高めで、26万円は稼げるようなのでおすすめです。宅配ドライバーの場合は歩合制のところもあれば日給制のところもあるようです。

歩合制の場合は荷物1個に対していくらという感じで決まっているので、やればやっただけ稼げるのでやりがいを感じるお仕事になるでしょう。もちろん身体の管理はしっかりしておく必要はあります。

タクシードライバーの場合は営業成績によってお給料が上がることもあるので、こちらの仕事もやりがいを感じられるでしょう。

まとめ



今回は、シニア層の方々が老後を今と同じように暮らせるためにどうすべきなのかや、シニア層を募集しているドライバーの仕事の種類やお給料についてご紹介いたしました。この記事をご覧になったシニア層の方々が安心感ややる気を感じていただけると幸いです。

関連記事