アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 仕事に有利!公認心理師と受験の詳細を調べてみました

仕事に有利!公認心理師と受験の詳細を調べてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

私たちは毎日の生活の中で様々な不安を感じる事も多いもので、人によっては精神的なダメージが大きくて、何等かの症状が出てしまうケースもあるかもしれません。

精神面でダメージを受けた時、誰かに助けてもらえたら回復できる可能性もとても大きいものです。今回は困っている方の助けができる福祉の仕事に有利な資格「公認心理師」という資格をご紹介いたします。

そもそも公認心理師ってどんな資格なのか?



まずはこの資格についてを簡単に説明しますと、心理的な問題を抱えている方の相談に乗ったり、精神的なケアを行うための施設を紹介したり、どのようにすれば改善が見込めるのかを指導したりする仕事に必要な資格です。

福祉や医療の仕事に携わって、困っている方の助けになりたいと考えている方におすすめの資格です。実はこの資格は国家資格です。誰にでも簡単に取得できる資格ではないので、取得が大変だと感じるかもしれません。

この資格と似ている資格に「臨床心理士」という資格がありますが、似ているようですが臨床心理士というのは民間の資格です。国家資格である公認心理師とは別の資格で、仕事の内容についても若干の違いがあります。

臨床心理士は心の問題の相談に乗って、助言したり援助を行ったりするのが仕事です。公認心理師の場合は得た情報の提供を行うという項目がプラスされています。臨床心理士よりもより専門的な知識が必要な資格です。

どんな仕事に就くときに有利になるのか?



公認心理師という資格の事を初めて聞いたという方も多いと思うので、まずはこの資格がどんな仕事に就くときに有利になるのかについてをまずはご紹介いたしましょう。

公認心理師というのは保健医療機関や、福祉機関、教育の場などで心理学の専門的な知識を使ってアドバイスをしたりしますが、そもそもどんな状態なのかを観察したり相談に乗ったりするのが仕事です。

資格の性質上、さまざまな仕事に就く事ができます。例えば病院、診療所、介護療養型医療施設、保健所、介護老人保健施設などの保険医療機関に就職する事ができます。

さらに障害者支援施設、児童福祉施設、認定こども園、老人福祉施設などの福祉関連の機関や、学校や教育員会等の学校関連施設などでの仕事をする事もできます。実はそれだけではありません。

例えば裁判所や更生施設などでも心理師は必要になりますよね。それ以外にも少年院や保護観察所に刑務者などでも活躍できる仕事に就く事ができます。

公認心理師の受験資格



国家資格ですから当然取得のための条件というものは厳しめかもしれません。まずは4年制の大学で指定科目を履修している方、その後大学院で指定科目を履修している方が受験資格を持ちます。

または、2年間実務経験がある方、4年制の大学で指定科目を履修していなくても、海外の大学で心理科目を履修していて、外国の大学院で心理科目を履修している方も受験することができます。

資格を見事取得できれば「公認心理師資格者」として登録する事ができます。ちなみに厚生労働省の発表したカリキュラム等検討会報告書に詳しく記載されているので、受験資格についてチェックしてみてもいいでしょう。

また、大学を出ていないけど資格取得条件に含まれる方がいらっしゃいます。以下の施設で5年以上お勤めした実務経験がある方がこれにあたります。

保健医療施設(病院、診療所、介護療養型医療施設、保健所、介護老人保健施設)
福祉施設など(障碍者支援施設、児童福祉施設、認定こども園、老人福祉施設)
教育施設など(学校や教育委員会など)
司法や警察関係施設(刑務所、少年院、保護観察所、更生施設、裁判所など)
産業や労働関連(生活支援センター、広域障害者職業センター、地域障害者就業施設)

公認心理師の受験詳細と合格率



とても難しそうに感じる「公認心理師」の資格ですが、合格率は79.1%なので最高難易度という取得しやすい資格です。ただし受験資格が難しいので結果的には難易度は高めになるのかもしれませんね。

試験は毎年9月に行われているようです。でも事前に申し込みが必要となるので、5月半ばまでに必ず受験の申し込みを忘れずに行いましょう。福祉関係や医療関係の中では意外と人気が高い資格です。

昔は日本では精神的な問題についてあまり触れようとしないお国柄でしたが、最近は精神的なケアを必要とする時代になったせいか、受験する方は意外と増えているようです。

つまり精神的なケアや指導ができる人を必要とされているという事なので、これから福祉や医療に関係している仕事に就きたい方には最適な資格のひとつとしておすすめいたします。

ただ大学で専門の勉強をしなくてはならないので、誰にでもすぐにというわけにはいかないのが難点ですが、5年以上認められている仕事を続けている方なら、受験資格を持っているかもしれないので調べてみても損はありません。

もしかしたら資格を得ているかもしれませんし、そうなれば資格を取得して登録してキャリアアップを目指してみても良いでしょう。

試験地→北海道、宮城県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、福岡県

いずれか居住地または勤務地に近い場所で取得すると良いですね。

【まとめ】福祉や医療の現場で使える資格です!



今回は精神的なサポートを行うための資格、公認心理師の資格についてご紹介いたしました。受験資格が意外と厳しいので合格率が高くても取得は難しい資格です。でも持っていれば医療関係の仕事や警察関係、そして福祉の仕事をするにも有利なので、資格の取得を検討されてみてもいいでしょう。

関連記事