アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > ビルの安全を守る「昇降機検査資格者」という資格について

ビルの安全を守る「昇降機検査資格者」という資格について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
マンションやビル、デパートや駅など様々なところで活用されているのがエレベーターやエスカレーターですよね。いつ使ってもエレベーターやエスカレーターはスムーズに動いてくれます。

ところでエレベーターやエスカレーターはいつもしっかりとメンテナンスがされていますが、いったい誰がメンテナンスをしていると思いますか?実はエレベーターやエスカレーターのメンテナンスをする「昇降機検査資格者」という資格を持っている方が行っているのです。

今回は昇降機検査資格者という資格についてお話していきたいと思います。

昇降機検査資格者ってどんな資格?



まずは昇降機検査資格者ってどんな資格なのかについてを簡単に説明いたしますと、この資格を保有している方はビルやマンションや商業用施設などで使われている、エレベーターやエスカレーターなどのメンテナンスを行う事ができます。

もしも利用しているエスカレーターが突然止まってしまったら、転んで下に落下して大けがをしてしまうかもしれませんよね。もしもそんな事があったら施設の経営者の責任が問われてしまいますし、けが人が出てしまうのも大問題です。

そこで定期的にエレベーターやエスカレーターの点検を依頼しなくてはならないわけです。これは昇降機と言われる機械を設置しているところではしなくてはならない義務になるのです。でもほとんどは外部に点検や修理を依頼します。

この時依頼された業者として定期的な点検を行ったり、部品の交換をしたり修理を行ったりするのが昇降機検査資格者というわけなのです。ちなみにこの資格を保有している人は、テーマパークなどでジェットコースターなどの点検や修理を行う事もできます。

テーマパークではたくさんの乗り物があるので、それこそ毎週決まった日に検査を行い安全確認をしているので、資格を持っているとテーマパークなど自分が好みの施設でお仕事ができるのでおすすめです。

昇降機検査資格者でどんな仕事ができるの?



上記でご紹介したようにビルメンテナンス会社、エレベーターやエスカレーターの販売会社、などに勤める事ができます。中には大きな企業であればメンテナンスのために採用されて、普段は機械点検やメンテナンスを行ったりしている方もいらっしゃるようです。

就職先の種類としてはあまり多いとは言えないかもしれませんが、メンテナンスをする企業というのはとても種類が多いので、仕事先を選ぶのには苦労しない印象を受けるのではないでしょうか。

テーマパークでも同じようにジェットコースターや施設のエスカレーターやエレベーターのメンテナンスとして採用される事もあるかもしれません。安全に配慮していれば当然必要な人材であり技術保有者なので、お給料も満足できる金額である事が予想されます。

では昇降機検査資格者の受験資格についてをご紹介していきましょう。ちなみに誰にでも簡単に取得できるという資格ではありません。まずは受験資格についてご説明いたしましょう。

昇降機検査資格者の受験資格について



大学などで機械工学を学んだり電医工学を学んだり、これに相当する過程を修了している方に限ります。それだけではなく2年以上の実務経験を有している人じゃなくてはなりません。当然ですが意外と取得が大変な資格です。

他にも短大などで正規の機械工学や電気工学、またはこれに相当する研修を3年受けている必要があります。さらに実務経験を3年以上持っていないと受験ができないのです。厳しいかもしれませんが人の命を預かる仕事なので仕方がありません。

でも諦めないでください!大学や短大に行っていなくても、高専などで正規の機械工学や電気工学を学んだり、相当する課程を修了した後4年以上の実務経験があれば受験資格が与えられます。他にも高卒や中卒でも実務経験を7年以上保有している方も受験が可能です。

学校に行っていなかったとしても11年以上の実務経験があれば良いなどもあるので、ご自分が該当しているかどうかを確認して受験を検討してみると良いでしょう。

昇降機検査資格者の合格率や詳細



受講料は46,200円でテキスト代も含まれています。修了考査のみを希望する場合はテキスト代別で11,000円となっています。講習は4日間(全22.5時間)受けなくてはなりません。全科目の中から30問が出題され、20問以上正解すると合格となります。

建築設備士、建築設備検査員、特定建築物調査員、募債設備検査員などの資格がある場合は「建築学概論」は免除となります。気になるのは合格率だと思うのですが、71.3%の合格率なのでしっかりと勉強していれば心配はないでしょう。

将来性も非常に高く、安定した収入と仕事を得る事ができるでしょう。経験や知識が無ければ取得できない資格だからこそ目指してみる価値はあります。毎年およそ1200人以上の方が受験しているとはいっても、まだまだ人が不足している分野です。

もしこれから何か技術を取得したいと思っているのならば、昇降機検査資格者を受験してみてはいかがでしょうか。そのために正規の機械工学や電気工学んでみてはいかがでしょうか。

【まとめ】昇降機検査資格者の資格を取って特殊な仕事をしよう!



今回は昇降機検査資格者の資格についてご紹介いたしました。これからも仕事を安定させられる資格の取得を検討されている方は、ビルや施設利用者が安全に使う事ができる昇降機検査資格者の資格取得を目指してみると良いでしょう。

関連記事