アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > スマホアプリを開発したい人が整えるべき必要な環境

スマホアプリを開発したい人が整えるべき必要な環境

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

今、スマホを持っていないという方って意外と少ないものですよね。ほとんどの方がスマホを持っています。中にはアンドロイドとiPhonを持っているなんて方もいらっしゃいます。

ところで、スマホを持っている人のほとんどが、何かしらのアプリを利用されていますよね。その代表的なものがスマホのゲームです。誰もが簡単に手に入れる事も遊ぶ事もできるのでとても人気が高いのです。

今回はスマホアプリの開発のお仕事についてをご紹介いたします。

スマホアプリの開発って誰にでもできるものなの?



皆さんスマホゲーム楽しくないですか?スマホのゲームって落ち物とかだけじゃなくて、SPFなんかも結構流行っていますよね。画質もとても良いのでついつい夢中になってしまいます。

さらに課金などの必要もそれほどないので、お金もかからないしインストールも簡単です。単純なものから頭や技術が必要になるものもありますが、どんな人にもピッタリなゲームを手に入れる事ができます。

中には今出ているゲームでは飽き足らず「自分でプログラムして作っちゃえばいいのでは?」なんて思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。もしも当たればいい稼ぎにもなりそうですしね。

でもそんなに簡単にスマホゲームやアプリを開発できるものなのでしょうか?やっぱり専門家じゃないとダメなのではないか?という疑問が浮かんできますよね。そこで調べてみた結果次の事がわかりました。

実はスマホアプリって特別な知識がなくても作れます。専用のツールを使えば簡単にゲームなどのアプリは作れるのです。もちろんすごく複雑なものだとプログラミングが必要になりでしょう。

ですが専用ソフトで単純な動きをするゲームや、簡単なツールなどを作る事は誰にでもできる時代になったのです。

スマホアプリの開発に必要なもの



もしも自分もスマホアプリを作りたいと思ったら、まずはアプリの開発ができる環境を整える必要があるでしょう。パソコンやスマホもしくはiPadなどがあると良いかもしれません。

実はパソコンが無くても動作するタブレットなどを使ってスマホアプリの開発がサクッとできてしまうのです。もちろん先ほども言ったように簡単なアプリなら作れます。

でも複雑な動きをするゲームやアプリを開発したいのならば、やはりプログラミングを学んで最初からプログラミングをする必要があるかもしれません。

ちなみにプログラマとして活躍したいと思うのなら、25歳くらいまでにデビューをする方が良いかもしれません。30代半ばくらいまでが採用されるギリギリの年齢だと考えられているからです。

それ以上の年齢の方の多くは在宅のプログラマとして活躍している方が多いようですので、参考にしておくと良いかもしれません。

では実際にプログラミングでスマホアプリを作るなら、どんなプログラミング言語だったら良いのか?人気のプログラミング言語をご紹介いたします。

スマホアプリを開発するためのプログラミング言語



iPhonアプリの開発をするのなら『Swift』というプログラミング言語です。Androidだったら『Java』を学ぶと良いでしょう。どちらもプログラミング初心者に簡単に学べるとは言い難いです。

独学するのは難しいかもしれません。パソコンスクールというかプログラミングスクールなどで学んだ方が良いですね。Javaは比較的昔から使われてきたプログラミング言語ですが、Swiftは比較的新しいプログラミング言語です。

もしもそんなに細かい動きを必要としていないというのであれば、だれにでも簡単にアプリの開発ができるソフトを活用する事をおすすめいたします。

『monaca』とか『joint apps』などがこれに当たります。プログラミング言語を知らなくても簡単なスマホアプリなら作る事ができるので、まずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

これらのソフトを利用して簡単なスマホアプリの開発をしていれば、プログラミングを学ぼうという気持ちにもなるかもしれません。学ぶ事で本格的なプログラミングを学ぶ機会が得られる事もあるでしょう。

多くの方に利用してもらって資金を得て、勉強にそのお金を使ってみるというのはいかがでしょうか。

アプリ開発の経験を積めば就職をする時にも比較的楽に就職先を見つける事ができるかもしれません!

ちなみに簡単にアプリ開発ができるソフトですが、何をどのようにどう動かすといったプログラミングがブロック状になっていて、それを積み重ねていくだけなので、楽しくアプリを開発する事ができるでしょう。

スマホアプリ開発でどのくらい稼げるのか?会社ってあるの?



プログラマというのは年収がまちまちなものです。400万円の年収の方もいれば1000万円以上稼ぐ人もいるように、スマホアプリの開発に携わるプログラマも同じです。

個人でアプリの開発をしている方もいらっしゃいますが、プログラマ数名でプロジェクトを立ち上げている方々もいらっしゃいます。

発表したアプリを使う人がいればいるほど年収は上がります。大手企業の中にもスマホアプリを開発する部署を作っているところもたくさん出てきているようです。

もしもアプリの開発で一攫千金を目指したいと思うのならば、企業に就職してみるというのも良いですが、仲間を募って売り出してみても良いかもしれませんね。

いずれにしてもプログラミング言語を学んでから開発を目指した方が良いかもしれません。そのためにはプログラミングスクールなどを活用して、SwiftやJavaなどを学んでみると良いでしょう。

関連記事