アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > お役立ち情報 > 職業病の腰痛を少しでも改善する方法

職業病の腰痛を少しでも改善する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

デスクワーク、在宅ワークをしている方が増えていますが、その中には腰痛に悩まされるようになった方々もおられるのではないでしょうか。今回は腰痛に悩んでいる在宅ワークをされている方々の腰痛への対策についてをご紹介いたします。

腰痛を放置するのを避けた方が良い理由



腰は月へんに要と書くように身体の要となる重要な部分です。腰椎の中には神経が通っていて腰の骨がしっかりしているから私たちは歩いたり、座ったりすることができるわけです。そんな身体の要ともなる腰に異変が起こった時は気を付けなくてはなりません。

座った状態で仕事をしている人にとって、腰痛は職業病のようなものということはわかりますが、腰痛を放置しておくととんでもないことになってしまわないとも限らないので注意が必要です。

ちなみに腰痛が3か月続いた場合には慢性的な腰痛とされますが、その状態を放置していると重大な病気を発症する、または発症している可能性があるので放置するのは賢明な判断とは言い難いでしょう。

例えばヘルニアなどの病気を発症している可能性も否定できませんし、もしかしたら他の病気を発症している可能性も十分に考えられるからです。その状態のままでいると病気が進行してしまうこともあるわけです。

ひどければ歩行に支障が出たり日常生活が困難になってしまったり、あってはならないことですが命に危険をおよぼす可能性も否定できないのです。

腰痛を伴う病気を疑うことも必要です



簡単な運動を取り入れることによって腰痛を和らげたり解消できることもありますが、運動をしても何にも変わらなかった場合には病気を疑う必要もあるでしょう。その代表的なものが『椎間板ヘルニア』ですよね。

腰椎や尾椎などの間から神経が飛び出してしまい、それが痛みを発生させ時には激痛を感じて動くのが困難になることもあります。治療するには腹筋や背筋やわき腹の筋肉を均等に鍛えることである程度解消はできます。

でもそれでも痛みが引かない場合や飛び出している神経の大きさによっては手術をしなくては治らないともいわれます。でも怖いのはこれだけではないのです。他の病気の可能性もあるからですね。

実は腰痛の原因の第2位が内臓疾患なのです。内蔵に何らかの炎症が起こった場合やガンなどを発症してしまっているケースでも腰痛を発症することがあるようです。さらに細菌感染が疑われることもあるようですので、必ず病院で受診することをおすすめします。

腰痛を改善するためにおすすめのグッズ



腰痛が何等かの病気や腰周辺そのものが原因で起こることはわかりましたが、治療をしたからといってすぐに腰痛がなくなるわけではありません。普段の生活に支障が出るほどの腰痛の場合は何らかの対策をする必要があるでしょう。

おすすめなのはコルセットを付けることです。コルセットを選ぶ時には苦しくないサイズのものを選ぶことも重要ですが、締め付けがゆるいと痛みを軽減できないこともあるのでサイズ選びは慎重に行う必要があります。

最もピッタリなコルセットを探す方法は病院でサイズを測ってもらい、病院でコルセットを作ってもらうという方法です。ただこの場合はコルセット代が25,000円くらいかかります(体験しました)。高額医療の申請ができるか確認して可能なら申請をしましょう。

また、病院では湿布薬や痛み止めなどを処方してくれますので、痛みが激しい時は痛み止めを飲むというのも良いですね。いずれにしても市販品よりも効果が高いので病院で相談すると良いですね。

定期的に検査を受けることもおすすめします。もしも腰痛の原因が内蔵の病気の場合には初期の段階で治療が開始できるからです。このように予防と治療のどちらも病院の利用が欠かせないので、主治医やホームドクターを決めておくのも大事です。

腰痛を腰痛を改善させる運動方法



実は私自身も腰痛で悩んでいるので病院で医師に相談していますが、歩くことが一番筋肉をまんべんなくつける方法だと言われました。なぜなら歩くためには腹筋も背筋も脇腹も同じように使うからなのだそうです。

それに腰痛があるのに無理して筋トレをすると、より一層痛みが増してしまうこともあるからだそうで、それ以外にも筋トレをする場合はどこか一方だけに特化したやり方をしがちだからなのだそうです。

どこか一方だけの筋肉が発達しても他の筋肉を鍛えないと、痛みが倍増してしまうこともあり、余計に筋トレがしにくくなってしまうのだとか……。だからまずは歩いてまんべんなく筋力をつけてから筋トレを行うと良いのだそうです。

なので毎日30分でもいいので歩く癖をつけるとまんべんなく腰周辺の筋肉を鍛えることができるので、ウォーキングを取り入れると良いですね。

中には「ウォーキングなんて筋力つくの?」と思う方もいるかもしれませんが、ウォーキングに慣れてきたら足首や手首にウェイトなどを付けて歩いてみると良いでしょう。負荷がかかるので運動した気分になります。

もちろん本当にその効果は絶大で、体重を減らしたいと考えている方にもおすすめの方法です。他にも厚めの本などを用意して身体をまっすぐな状態に維持して登って降りるを繰り返す踏み台昇降運動もおすすめです。

腰痛が解消されますし筋力をつけることもできますし、体重を減らすこともできますよ!特に女性はお尻がキュッと上がるのでおすすめです。

まとめ



今回は在宅ワークをしている方に増えている腰痛の原因や腰痛を放置することの危険、さらに腰痛を伴う病気の例や腰痛を解消するための運動などをご紹介いたしました。この記事が腰痛で悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

関連記事