HOME > コラム > バイトを通して得たこと > 損害保険会社で自動車事故の示談交渉に係る仕事をしていました

損害保険会社で自動車事故の示談交渉に係る仕事をしていました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

以前、損害保険会社で自動車事故の示談交渉にかかる仕事をしていました。正社員としての雇用で、示談交渉専属の部署に2年ほど配属されていました。

自動車事故の解決にあたっては、対物事故専属の担当者と対人事故専属の担当者に分かれています。対物も対人もある事故の場合は担当者が2人1組になって解決にあたっていました。上記担当者のほかにも自動車の損傷を確認する専門職もいます。

自動車事故は非日常かつ不幸せな出来事なので、仕事でかかわるお客様は怒っていたり悲しんでいたりと精神状態が不安定でいらっしゃることが多いです。判例を元に先方の保険会社と話し合いを行い、お客様にも解決に向けての提案をするのですが、ご提案内容に納得頂けず、怒鳴られたりすることも多々ありました。

マイナスからのスタートの仕事なので精神的にきつく、体調を崩す同僚もたくさんいました。

でも事案が解決し「ありがとう、あなたが担当してくれて本当によかった」と感謝される度に、頑張って良かったなぁと感じることが出来ました。

現在はその部署を離れていますが、保険とはいざという時に初めて価値を現すものであり、困っていたり不安な状態のお客様のお手伝いをさせて頂いたことはすごくいい経験だったと思います。

関連記事