HOME > コラム > バイトを通して得たこと > スーパーでの勤務体験

スーパーでの勤務体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

20代の頃、地元の小さなスーパーに正社員として2年ほど勤めていたことがありました。


正社員の多い大店舗での新入社員のころはまだ良かったのですが、経験を積んである程度の責任を持たされる小さな店舗へ異動になると全く休みが取れなくなりました。


他の社員との兼ね合いもあり、私の唯一の休日は火曜日だったのですが、パートのおばちゃんに「火曜日は売り出しがあるから出て」など無茶を言われて出勤しなければならない羽目になりました。


ゴールデンウイークや正月休みなども無く、年間休日は50日を割り、200時間を超えていた残業代も20時間分しかもらえませんでした。


上司は割り算ができず、私に帳簿を押し付けるような人で、少し勤めただけで「やってられねえ」と思うようになりました。


こんな環境の職場でしたが、唯一の救いは女性が多い点でした。


アルバイトから正社員までスタッフのほとんどは女性で、若い女性もたくさんいたので、数少ない若い男性だった私は、言い方は悪いですがかわいい女性を選び放題の状況でした。


異動から約1年後、その中の女性の一人と一緒に退職し、今では子供2人と幸せな家庭を築くことができました。


今からすると苦しかったけれど、必要な経験だったのかなとも思います。

関連記事