HOME > コラム > はじめてのアルバイト > 楽しかったはじめてのアルバイト

楽しかったはじめてのアルバイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

私は高校3年生の時、大学の推薦入試がすでに決まっていたので親の了承をもらい人生初めてのアルバイトをすることになりました。


ちょうど周りの友達は受験勉強で忙しくなっていて、遊んでくれる友達も少なくなっていたので時間を友好的に使うにしても、社会勉強のためにもいいと思いアルバイトすることにしました。


アルバイトの場所は家の近くでしたかったので探したところ、ちょうどドーナツ屋さんでアルバイトを募集していたので、面接を受けることにしました。


私は小さいころからドーナツが好きで、客としてもその店には何回も行っていたので好きなものに囲まれて仕事ができるのは幸せだという思いを面接で話したら見事採用になり働くことになりました。

そのドーナツ屋さんは大きな所なので、教育システムはしっかりしていて研修用の冊子なども頂き、付きっ切りで最初は教えていただけたのですぐに仕事になれることができました。


最初は仕事は主に接客・販売でそれに慣れてくるとドーナツ作りの製造のほうもやらせてくれました。製造のほうをやってみると、製造のほうが楽しくて様々な種類のドーナツを作れる楽しみを知りました。


同じ職場のスタッフもみんな楽しい人ばかりで、皆年上だったのですがすぐに打ち解けることができました。学校生活以外での友達は今まで少なかったので、友達の輪がだいぶ広がりました。


自分で働いてお金を稼ぐということの大変さも学ぶことができましたし、常連のお客さんとも仲良くなり仕事がますます楽しくなりました。


結局そこでのアルバイトは4年続けて、バイトリーダーにまで昇格することができ時給もあがりました。

社会人になる前にアルバイトとはいえど、仕事をしてお金を稼ぐということを体験できてよかったと思います。

関連記事