HOME > コラム > はじめてのアルバイト > バイトしたいけどできない高校生が多い?その理由とは

バイトしたいけどできない高校生が多い?その理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

高校生になったらアルバイトしてお小遣いを自分の力で稼ぎたい!中学生のころによくそんな事を友人と話した事がありましたが、皆さんはいかがだったでしょうか?やっぱり同じように考えていたでしょうか?

今回は、高校生になってアルバイトをしたいけれど「できない」という、ちょっと矛盾しているのでは?と感じるお話をいたします。案外「あるある!」と共感していただけるかもしれませんよ!

高校生がバイトしたいけどできないのはなぜ?



やりたいならやればいいのに!その気持ちすごくわかります。アルバイトをしたら好きなものが買えるようになるし、服だっていっぱい買えるかもしれませんよね。

友達と食事を楽しんだりデートをする時のお小遣いだって、少し多い方が嬉しいですものね、でもバイトをしたいと考えている高校生の中には、したいけれどできないと悩んでいる方も多いのです。

もちろん理由は人それぞれです。家の事情があったり自分の都合があったり、人の数だけ同じように悩ももあるのです。今回はその中でも特に多い、バイトしたいけどできない理由をいくつかご紹介いたします。

バイトしたいけどできない理由その1 怖い



高校生にもなってバイトが怖いなんて理由になるのか?そう思う人もいるかもしれませんが、これまでずっと働いた事なんて無いのに突然バイトしろと言われても、怖くてできないという気持ちが出るのは普通ですよ!

そうは言っても普通に楽しくバイトしている方もいるのも事実です。この場合の原因は『性格の違い』でしょう。例えば人見知りであるとか怒られた事がないなんていう方もいらっしゃいます。

失敗した時にどう責任をとったらいいのかがわからないと不安がる方もいらっしゃいますし、実際働いてみようと思ったけど大変そうだと感じてしり込みする方もいるでしょう。

怖いという気持ちはなかなか消し去るのは難しいですが、アルバイトは失敗をしてしまったとしても、すべての責任をとれ!とまでは言われません。怒られたとしてもそれは仕方がない事です。

人見知りをするというのなら接客の担当にならなければいいだけの話です。アルバイト同士でもできれば話したくないというのなら、話さなくて済む職場を探してみればいいのです。

でも人見知りだったけど、ちょっと話をしたら慣れて楽しいと感じるかもしれません。バイトは最初の会社勤めですから緊張するけれど、最初の一歩を踏み出せれば後は楽になるので勇気を出してみてはいかがでしょうか。

バイトしたいけどできない理由その2 どれが良いかわからない



初めてアルバイトをする時って何をどうすればいいのかわからないし、やってみたら合わなかったなんて事があったら大変ですよね。ですがそんなことばかりを考えていても先に進むことはできません。

何度かお話したことがあるように、自分がやりたい仕事とやったら実際は合っていたという仕事は違う事が多いのです。だからまずは自分がやってみたい仕事に応募してみましょう。

高校生ですから接客業だったらレストランとかコンビニエンスストアなどが良いでしょう。接客が怖いという方は裏方さんの仕事を選ぶと良いかもしれません。

簡単にできる仕事といえば人気なのはコンビニエンスストアですが、レストランだと裏方さんもあって選びやすいのでおすすめです。残念ながら高校生だと事務系の仕事はなかなかありません。

適性を見つけるには選択肢が少ないのが現実なので、まずは接客業が向いているのかそれとも裏方が向いているのかを見極めてみるのも良いでしょう。

また、工場などが近くにある場合には工場でのアルバイトを経験してみるというのも良いでしょう。一人で黙々とやる仕事が多いので他人に気を遣わずにできておすすめですね。

バイトしたいけどできない理由その3 受からない



三つの理由の中でこれが一番つらいですよね。アルバイトしたくても面接で受からないというのはちょっと辛いです。もしも面接に受からないというのであれば、受からない理由を自分なりに考えてみてはどうでしょうか。

例えば面接を受けた時の言葉遣いはどうだったか?できないなりにも丁寧な受け答えをしていたかどうか?それ以前に面接に行った時の服装はどうだったかなども思い返してみてください。

私服で行ったとしたら失礼の無い服装だったかどうかも考える必要があります。高校生ですから面接を受ける時は制服でも良いかもしれませんね。

受け答えをする時にはできるだけハキハキと話した方が印象は良いです。何を言っているのかわからなかったり、ぞんざいな言葉遣いをしていたとしたら「この子大丈夫かな?」なんて思われてしまうかもしれませんよね。

また、髪の毛の長さや染色の有無などにも気を付けると良いですよ!アパレル関係でアルバイトをするなら多少のおしゃれは良い効果があるかもしれませんが、飲食店などの場合には逆効果の事も多いです。

清潔に見える服装や髪形で面接を受け、受け答えはハキハキと行うと良いでしょう。

誰にでも得手不得手はあるものです。初めてのアルバイトなら嫌な思いをしたくないという気持ちが出るのも当たり前の事です。

だからといって怖がっていては何も始まりません。怒られた時は誰だって嫌なものですが「これからはミスしないぞ!」という気持ちを持ってお仕事しましょう。

もちろんもし失敗してしまったとしても少しずつミスは減っていきますから安心してくださいね。

関連記事