HOME > コラム > はじめてのアルバイト > アルバイトに慣れないのが辛い!お悩み別の解決法

アルバイトに慣れないのが辛い!お悩み別の解決法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

ようやく見つけたアルバイトなのに、どうしても慣れないのでどうしたらいいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

もしかしたら慣れないのは自分だけだと思っていませんか?確かに周囲を見たらみんな頑張っているし、慣れている感じがして焦ってしまうのかもしれません。

ですがよく考えてみたらみんな同じように慣れるまでは大変だったり悩んだりするものなのです。今回はアルバイトに慣れない時はどうすればいいのかをお話いたします。

アルバイトを始めて1か月経っても慣れない



皆さんはどのくらいでアルバイトに慣れるのでしょうか?もし1か月経過しているのにまだ慣れないと焦ってしまうかもしれませんが、おそらくどんな方でも完璧になるまでには数か月はかかるでしょう。

以前同じような仕事をしていれば話は別かもしれません。でも以前の仕事と似ていたとしても違う職場だった場合には、やはり細かなところまで慣れるには時間がかかるものなのです。

1か月というとようやく職場の雰囲気に慣れてきたころでしょう。仕事を何も悩まずできるようになるにはまだ時間がかかるものなので、焦る必要はありません。

ただし1か月くらいになったら1から10までの一連の動きくらいは把握するといいですね。

教えてもらった事を理解して、自然に動けるように工夫してみると早く慣れる事ができるからです。動けるようになれば慣れたと感じる事ができるものですよね。

次に仕事に慣れないから辛いと感じた時にどうすれば良いのかを考えてみましょう。

アルバイトに慣れないのが辛い時はどうすれば良いのか?



せっかくアルバイトを見つけても仕事に慣れないと辛いと感じてしまいますよね。もちろん人によって慣れない対象が違う事も考慮しなくてはなりません。

例えば人に慣れないから辛いという悩みの場合ですが、慣れるというのがどの程度の事なのかによっても変わってきます。

楽しく会話ができたら慣れたと感じる場合は、それができないと辛いと感じてしまうでしょう。これについてはお仕事をしっかりとしていれば自然と仲良くお話ができるようになります。

普通に挨拶をして少しずつお話ができるようにしてみましょう。あからさまに相手に警戒される言動をせず、素直な気持ちで接していればいずれ仲良くお話ができるようになるのです。

仕事が自分に合わないと感じて辛い場合には、仕事をこなして慣れていけば辛いと感じる事も少なくなるでしょう。肉体的に辛くて我慢ができない場合には、改めて別の職種への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

半年我慢してお仕事をしていればその内に「なんだかんだ言っていて続けられている」と感じるかもしれません。

アルバイトでいつまでも緊張してしまって慣れない場合



接客業の場合は特に緊張する事がありますよね。お客様に失礼があってはいけないと感じてしまう方も多いでしょう。その結果失敗してしまう事もしばしばあるはずです。

ですがこれも誰しもが体験する事でもあります。どんなにすごい先輩でも最初はやっぱり緊張してしまい、失敗してしまう事だってあったはずです。そう考えると自分だけが緊張して失敗するわけでは無いと思えます。

緊張も慣れの一つです。自分の仕事に自信をもってお客様に落ち着いて接すれば自然と慣れてきます。とは言ってもなかなか緊張してしまうのを防ぐ事は難しいですよね。

んな時には正直に「まだ慣れていないので緊張しています」とはっきりと言ってしまうのも一つの手です。お客様だって緊張している方に無理を言う事もないでしょう。

もちろん中には意地悪な人もいるかもしれませんが、多くの方は新人さんなのね、と思って多めに見てくれるものです。その緊張も仕事をスムーズにできるようになればしなくなるでしょう。

そういう意味からもまずは仕事に慣れてしまう事、仕事の流れを頭に入れておく事が必要になってくるのですね。ではアルバイトに慣れるためにはどうすれば良いのか、そのコツについて少し説明いたします。

アルバイトに慣れるための〇つのポイント



第一にすべき事は仕事の流れなどを『メモ』しましょう。どんなに仕事ができる先輩でも最初から仕事ができたわけではありません。メモしたり自分なりに覚えやすいやり方で覚えたはずです。

一度で覚えられる人なんてどこにもいないのです。それにメモを取っておけばわからない事があったり、次に何をしたらいいのかわからない時にはメモを見ながら作業を行う事ができるものです。

だからまずはメモを取る癖をつけましょう。次に動作で覚えるという方も中にはいらっしゃいます。これは暗記法と同じですね。例えばお客様をご案内するのに右手を上げる。

レストランを例にとってお話しますと、お客様が入ってきたら席にご案内します。次は水やおしぼりを提供しますね。次はお客様にオーダーを聞いてキッチンへ。料理が出来たらお客様に運びます。

お客様がお帰りの時にはレジをやって、そのあとはお片付けします。この動きを手のサインなどで覚えるのです。そうすると身体が勝手に次の仕事へと向かわせます。意外と覚えやすくておすすめです。

さらに失敗しても怖がらないのも重要です。怖がってしまうと次のステップに進めない事があるからです。さらに同じ失敗を繰り返さないようにするのも重要です。

失敗を恐れて慎重すぎるのもいけないのですが、失敗を恐れるあまり焦りすぎるのも良くありません。落ち着いて行動すると失敗が少なく、仕事もスムーズに覚えられて慣れてくるでしょう。

今回は、アルバイトが慣れないという、だれもが思う悩みについてのお話をしました。早く慣れようと焦るのではなく、一連の動きを自分なりに覚えられるよう工夫してみてはいかがでしょうか。

関連記事