アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > はじめてのアルバイト > アルバイトやパートは何分前くらいに出勤すべき?

アルバイトやパートは何分前くらいに出勤すべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
皆さんはアルバイトをする時、パートに行くときは仕事が始まる何分くらい前に出勤しているでしょうか?多分「仕事が始まる少し前」に出勤するという方が圧倒的に多いかと思うのですが、具体的に何分前だったら良いのか考えた事はあるでしょうか?

そこで今回は、アルバイトやパートに行くときには何分くらい前に出勤しているのかや、出勤する時間によってメリットがあるのかどうかなどをご紹介いたします。もしかしたら出勤する時間を気にするようになるかもしれません。

仕事に出勤する時間は慣れでも変わってくるもの



誰でもそうですけれども就職が決まってすぐの頃、まだ新人さんの頃というのは遅れたらまずい!という気持ちが働くもので、仕事が始まる何分も前に出勤しするものです。最初の段階では覚えなくてはならない事もたくさんあるから当然です。

でも仕事にも慣れてきて気持ちにも動きにも余裕が出てくると、だいたい何分前に行けば間に合うという事はわかってくるものです。そうなると少しずつ自分の都合が良い時間に到着するように調整していくのです。

それに体調とか天候とかも関係あって、雨が降った日は道路が混雑するし早めに出勤しようという気持ちが働きますよね。体調が悪いとどうしても起きられなかったり、用意が遅れてしまったりしてギリギリになる事もあるかもしれません。

ではどのくらい前に来れば良いのか?時間よりも前に来るとどんなメリットがあるのかについてをご紹介していきましょう。

10分~15分くらい前の出勤のメリット



このくらい前に出勤すると、着替えは素早く行わなければならないでしょう。スムーズに着替えや用意ができればすぐに仕事に入る事ができるので、モチベーションが下がる事はまずないかもしれません。

例えば「今日は調子が悪いなぁ」とか「今日は何となく仕事する気分じゃないなぁ」なんて事は人間誰にでもあるものですが、到着して間もなく仕事に入らなくてはならないと、その気持ちを引きずる事なくスムーズです。

ですが天候が悪い時にこのくらい前の時間に来ると、あたふたとしてしまって切り替えするよりも時間との勝負になってしまう可能性があるので、なるべくならもう少し前に到着できると良いかもしれませんね。

ちなみに5分以内や本当にギリギリだと着替える間もないですし、間に合ったとしてもいつもギリギリだと個人の評価が上がりにくいというデメリットがある可能性は高いかもしれません。

15分~30分くらい前の出勤のメリット



30分くらい前に到着すると仲間との会話も少しはできますし、出勤前に体を休める事ができるのでリラックスした気分でお仕事に入れるかもしれません。準備に時間をかけられるので女性には良いかもしれませんね。

時間にある程度の余裕があると、今日の仕事の準備もできますし必要な連絡事項などのチェックなどもできます。ギリギリだとすぐに仕事に入らなくてはならず、確認するのが大変ですがその問題もクリアできるでしょう。

それに新人の頃だと先輩などに挨拶をしっかりとしておく事ができるので、先輩や上司に良い印象を与える事ができます。これも30分以内に到着する事のメリットではないでしょうか。

30分~45分くらい前の出勤のメリット



45分くらい前に到着すると休憩所などでゆっくりとした時間を過ごせます。仕事の段取りの確認や挨拶はもちろんですが、出勤の疲れを回復してから仕事を始められるでしょう。

気持ちにも余裕ができますし、早く来て業務の確認などを行っていると、上司や先輩からも「まじめ」という印象を持ってもらえるでしょう。それが評価につながり時給のアップにもつながるかもしれません。

例えば家であまりしっかりと支度ができなかったという方でも、これだけ時間に余裕があれば出勤してからメイクをする事もできるでしょうし、身だしなみをしっかりと整えて仕事に臨む事ができて良いですね。

意外と時間前に来るのはメリットが多いものだという事がわかります。では最後に1時間も前に来たらどんな事が待っているのかについてをご紹介いたしましょう。

45分~60分(1時間)くらい前の出勤のメリット



あまり1時間以上前に来るという方はいないかもしれませんよね。皆さん自分の時間を大切に使われているでしょうから、そんなに毎日早い時間に出勤するなんてどうかしてる!なんて思う方もいるかもしれません。

でも実は1時間以上前に来ると良い事もあるのです。例えば繁忙期とか忙しい時間帯にはどんな人の力も借りたいくらい忙しいところがあるとしましょう。そこへ1時間以上早く来たとします。

当然人の手が欲しいのですから見かけたら「早いけど入って」となるでしょう。特にアルバイトやパートはシフト制のところが多いですから、少しでも長い時間働けたら良いなと思っている方にとっては渡りに船です。

実は時間よりもだいぶ早い時間に出勤する事によって、お給料が増える傾向にあるというのが最大のメリットです。それに評価も上がりやすくまじめだと感じられやすいですよね。正社員への道も開きやすいかもしれません。

とはいっても毎日きっちりと1時間以上前に到着するのって大変です。なので基本的に早く到着できるように調整しておくといいかもしれません。

まとめ


今回はアルバイトやパートに出勤する時にはどのくらい前に出勤すれば良いのか?という疑問に簡単ではありますがお答えいたしました。自分の評価を上げて少しでも社員を目指したいと思うのならば、今の出勤時間よりも早めに行くといいかもしれません。

もちろん出勤する交通手段によっても到着できる時間は変わってきます。自分のお住まいの地域から会社までの時間をしっかりと頭に入れておき、そこから早めに出勤すると良いでしょう。

また、個人の評価に勤務態度というのがありますけれど、この勤務態度が良いという評価をいただける可能性が高いので、少しでも評価を上げたいと思っているかたにもおすすめです。

関連記事