アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > はじめてのアルバイト > お店の宣伝します!野外広告士ってどんな資格?

お店の宣伝します!野外広告士ってどんな資格?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
世の中には色々な仕事がありますよね。その中で今回はちょっとめずらしいというかあまり知られていないかもしれない資格についてご紹介したいと思います。

皆さんはテレビやネットなどを見た時に、いろいろな商品のCMなどをご覧になった事があるのではありませんか?実は広告の世界にも資格があるのです。今回はその中でも『野外広告士』という資格をご紹介いたします。

そもそも野外広告士とはどんな資格?



皆さんは野外広告士という資格があるよ!と聞いてもどんな資格なのかわかりにくいかもしれませんね。野外広告士というのは一般財団法人 日本野外広告業団体連合会が実施している資格試験で、野外広告を制作・施工に関する知識や技術がある事を示すための資格です。

試験の内容については学科試験で60%以上、実技も60%以上の点数があれば合格する事ができました。現在では改定されて1科目でも40%未満だった場合は合計点が60%以上であっても不合格となっているようです。

そもそも野外広告士というのは屋外の広告や看板などの製作や設置を行う時に、国や自治体の法律に違反しない看板づくりを行い、安全性にも重視した看板づくりをするための資格でもあります。

そしてこの資格の取得をする事によって、看板の設置を行う会社で仕事をする時に「業務責任者」になる事ができる資格です。

受験資格は18歳以上である事、実務経験が3年以上ある事ですが、実務経験については事業所の証明印が必要となります。つまり受験できる最低年齢は21歳という事になりますね。

さらに1級、2級建築士や1級、2級建築施工管理技士、1級、2級土木施工管理技士の資格を有している場合は学科試験Cと実技試験が免除になります。

野外広告士は難しい?合格率はどのくらいなのか



建築施工管理技士とか土木施工管理技士とかいう難しい資格が必要になるくらいです、という事は想像通りで試験の難易度はかなり高いと言っていいかもしれません。

それは試験の内容からもわかります。野外広告士試験はA、B、Cと実技試験問題の4冊もの試験問題が配られます。これだけでもかなり難易度が高いという事がわかりますよね、

また、関係法規や広告デザインそして設計や施工に関する問題などの学科試験はマークシート方式となっています。一方で広告デザインの試験問題などもあるので、得意不得意も関係するかもしれませんね。

実際にこれまでどのくらいの方が受験してどのくらいの方が合格しているのかというと、昨年の平成30年度は受験者数が1018名が受験して、合格した方はわずか272名なので26.7%です。

つまり合格率に関してはあまり高くはないという事になりそうですね。

野外広告士の資格はどんな職業に有利?



では野外広告士の資格を取得する事ができたらどんな仕事に就く事ができるのかですが、先ほど少し触れましたがこの資格を取得していると、野外広告業登録をする時に必要な業務主任者になる事ができます。

なので広告代理店のような企業で野外広告を手掛けている企業への就職が可能となるでしょう。実はこの業務主任者というのは野外広告物条例によって、必ず選任しなくてはならないものなのです。

その資格を取得するためには野外広告士の資格が必要になるというわけなのですね。これはどこの県の条例でも同じなので、野外広告を行う企業に就職したい時にとても有利になる資格となるわけですね。

しかも合格率は決して高くはありません。なのでもしも合格したら広告代理店などへの就職が有利になるでしょう。

野外広告士の有資格者のお給料について



野外広告士はその性質からアルバイトという形態ではなく正社員として就職する事が多いです。気になるのは有資格者がどのくらいのお給料がもらえるかというところですが、平均すると年収で400万円~500万円くらいです。

一般的なサラリーマンと比べてみても意外と高額報酬だと感じる方が多いのではないでしょうか。しかもしっかりとした企業でお勤めができるので、福利厚生面でも優遇される事が予想できますね。

アルバイトではなくしっかりとそしてがっつりと働きたいという方は、野外広告士という資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。将来的に個人で野外広告の事業をしてみたいという方にもおすすめの資格です。

受験をするためにはウェブでの申し込みを行い、受験願書の受け付をして試験を受けます。受験料は税込みで17,500円となっています。

まとめ



今回は野外広告士という資格についてご紹介いたしました。試験の内容やどんな資格なのかなどをそれぞれ簡単に説明いたしました。受験は毎月行われているものではないので、試験が行われる前に受験願書を提出して試験を受けましょう。

ある程度安定した年収を得ることができる資格なので、合格率が低いと言ってもとても魅力的な資格である事は間違いないでしょう。

今回のこの記事が野外広告士という資格がどんな資格なのかや、資格を取得している方がどんな仕事に就けるのか?そしてどのくらいのお給料がもらえるのか知りたいという方のお役に立てれば幸いです。

関連記事