アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > はじめてのアルバイト > ヤマザキビスケットの工場アルバイトの種類やお給料を調べてみた!

ヤマザキビスケットの工場アルバイトの種類やお給料を調べてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

昨日に引き続き今回もお菓子のメーカーでの仕事についてご紹介していこうと思います。前回は有名なお菓子メーカーのグリコについてのご紹介をいたしました。

もし前回の記事をまだご覧になっていないのでしたら、こちらからご覧になれますので、グリコでお仕事をしてみたいという方に読んでいただけると幸いです。

ヤマザキビスケットってどんな会社なの?



ヤマザキビスケットと言えば『ヤマザキナビスコ』という社名で知られていますよね。有名なお菓子のメーカーの一つで有名なのはやっぱり『オレオ』ではありませんか?

もちろん2016年2月からはオレオのブランド契約を終了する事を発表したので、オレオの販売はしていません。オレオが大好きだった方にとってはちょっと寂しい限りかもしれませんね。

ちなみにナビスコという会社はそもそもアメリカのビスケットメーカーです。現在はモンデリーズ・インターナショナルという会社の子会社になっています。

山崎パンなのでは?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ヤマサキナビスコの場合は山崎パンがナビスコのブランドライセンスを解約したので、現在はヤマザキビスケットという社名に変更になったのです。

パンとは別の食品を作っている会社として存在しているのですね。さて、今回はヤマザキビスケットの工場での仕事についての特集をしていきますので、最後までおつきあいいただけると幸いです。

ヤマザキビスケットの工場での仕事の種類



ヤマザキビスケットの工場では期間限定の短期バイトの募集や、スポット勤務の募集が盛んにおこなわれています。工場の中では様々な仕事がありますので、いくつかご紹介していきましょう。

工場の仕事の種類は多少違いがあるかもしれませんが、ほとんどの工場では製造にかかわる担当、製品のチェックをする係の方もいらっしゃいますよね。さらに箱詰めにする係がいたり出荷作業を行う係の方もいらっしゃるでしょう。

材料や包装のための素材を補充をしたりする係の方もいらっしゃるかもしれません。どの仕事に就くのかについてですが、多くの場合はいくつかの現場を体験して、一番最適だと思う部門でお仕事をお願いされる事もあるようです。

もちろん自分がやってみたい部署を志願するというのもありかもしれませんね。ですが意外と得意だなと思う仕事と本当に得意な仕事って違うものですので、郷に入っては郷に従えという気持ちで頑張ってみても良いでしょう。

ヤマザキビスケットの工場での仕事の内容について



製品の製造そのものは機械が自動的に行うものですが、材料を機械に入れたり補充したりするのは人の手を介さないとならない事もあります。さらに包装がちゃんとにされているのかをチェックしたり、おかしな製品があった場合にははじいたりします。

また、製品の仕訳作業を行う仕事などもありますね。簡単な軽作業が多いので仕事としては覚えてしまえばとても簡単です。ちなみに和菓子以外はそれほど重い製品はありませんので、重い荷物はつらいという方にも最適ですね。

一人で黙々とできる仕事なので人間関係で悩みたくないという方も比較的楽に仕事ができるかもしれません。むしろ話してばっかりいると怒られてしまうかもしれないので、おしゃべりしたいという方には不向きの仕事かもしれません。

ちなみに工場内で製造補助の仕事のほかにも、ルートドライバーの仕事などもあるようですので、配送の仕事をしたいという方はそちらの方も応募してみてはいかがでしょうか。

ヤマザキビスケットの工場での仕事のお給料はいくら?



ヤマザキビスケットの工場内での仕事をした場合のお給料ですが、時給は900円~1,000円程度となっています。また、深夜の時間帯になると1,250円と割増になっています。

スポット勤務の場合も時給に関しては同じ時給で募集をしています。時給の金額も働く時間帯で少しずつ変わりますので覚えておくと良いでしょう。

例えば9:00~18:00までの間は時給が900円となっていて、18:00~翌3:00までが時給1,000円となっています。さらに22:00~翌日の3:00までの間の時給のみ1,250円なのでこちらも覚えておくと良いでしょう。

深夜割増というやつですね。勤務時間についても自分が一番働きやすい時間帯を選んで応募してみるのも良いですし、採用されてから改めて相談してみても良いかもしれません。

工場勤務は拘束時間内は立ち仕事ですので辛いと感じるかもしれませんが、慣れてくるとそれなりに楽な態勢を見つけると良いかもしれません。むくみが気になるのならむくみ防止のタイツや靴下などを使っても良いでしょう。

さらに時給に関してですが、スポットや短期意外の場合は長く務めているとベースアップしていくでしょう。

まとめ



今回はヤマザキビスケットの工場でのアルバイトやお仕事についての特集をしました。ヤマザキビスケットがどんな会社なのかや工場内での仕事の種類、そして工場でアルバイトや仕事をした場合の時給についてもご紹介いたしました。

工場勤務は作業自体は覚えてしまうとそれほど大変だとは思わないかもしれませんが、肉体的には立ち仕事なので痛みやむくみへの対策の方をしっかりと備えるようにするとお仕事が楽しくできるかもしれません。

関連記事