HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > 【今更聞けない】アルバイト 短期と長期の違いとそれぞれのメリット☆デメリット

【今更聞けない】アルバイト 短期と長期の違いとそれぞれのメリット☆デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

今更聞けません!アルバイトの疑問

いかがお過ごしでしょうか。アルバイト探しは順調にいっていますか?今回のお話は、短期のアルバイトと長期のアルバイトの違いについてを説明したいと思います。

皆はすでに知っている話なのかもしれませんが、中には短期のアルバイトと長期のアルバイトって、本当はどんなものなのかや、それぞれどんなメリットとデメリットがあるのかなどについてもお話してみる事にしましょう。

短期と長期のアルバイトの根本的な違い

前回の記事の中では、短期のアルバイトの期間と長期のアルバイトの期間についての説明をしましたが、今回はもっともっと掘り下げてメリットとデメリットなどについてを説明いたします。

まず、短期アルバイトと長期アルバイトは、働く期間つまり雇用してもらえる期間の長さが基準となっているのは説明しましたが、そもそも短期アルバイトというのはどういうつもりで募集をするかを説明しますね。

短期アルバイトの場合は、募集をする側が「その時だけ必要なスタッフを臨時で雇う形態」の事を言いますので、長期である必要がないというのが本当の理由なのですね。つまり必要な時に必要な人を雇う形態が短期アルバイトなのです。

では長期アルバイトというのはどういう定義なのかというと、できれば何年という連続した期間働いてくれる人材が欲しいので募集をするという形態なのです。

簡単に言えば短期アルバイトはイベントスタッフ的なものであって、長期アルバイトは継続して必要なスタッフという意味になります。

では次に短期アルバイトのメリットとデメリット、長期アルバイトのメリットとデメリットについてを考えてみましょう。

それぞれの形態のメリット・デメリット

短期アルバイトのメリット

短期アルバイトのメリットは、働きたい時に働く事ができるというのが最大のメリットです。学生が短い休みの間だけ働きたいという時にはピッタリでしょう。

また、色々な仕事に携わる事ができるので、中には将来自分が本当にやりたい仕事が見つけられるかもしれないというのもメリットの一つかもしれません。

それにたくさんの人と一緒に仕事をする事もあるので、人と知り合うきっかけを作る事ができるというのもメリットかもしれないですよね。

短期アルバイトのデメリット

短期アルバイトのデメリットとの代表的なものといえば、自分が仕事をしたいと思っている時に、ちょうど希望通りの仕事があるかどうかはわかりません。

探しても見つからないという事がある事を理解しておきましょう。次にずっと連続して仕事をしているわけではないので、お金が定期的に入ってくるという安定がありません。

なので収入に関しては不安定になってしまうという事もあるかもしれません。

長期アルバイトのメリット

長期アルバイトのメリットといえば、同じ職場で連続して長く務める事ができるので、人間関係を築くのがうまくなるというのがありますよね。

もし若い方の場合には、仕事などが認められてアルバイトから社員に昇格する可能性が高いです。実はアルバイトから社員になった人はとても多くて、これが最大の長期アルバイトのメリットなのかもしれません。

次に長く務める事によって、その仕事に関してはエキスパートになれる事もあるでしょう。そうなると同じ関係の会社に就職するのが有利になる事もあるかもしれませんよね。

長期アルバイトのデメリット

良いことばかりのように見える長期アルバイトでもデメリットはあるもので、長く同じ人と仕事をするのですから、もしも気が合わないという場合には、人間関係で悩む事もあるかもしれません。

短期のアルバイトとは違って、色々な仕事を経験できるという事は難しくなるので、他の仕事を始めようとすると勇気が必要になるかもしれません。

あとがき

いかがだったでしょうか。短期アルバイトと長期アルバイトのメリットとデメリットについてをお話してみました。この記事がお役に立てれば嬉しいです。

短期アルバイトでも長期アルバイトでも、デメリットなんてそれほど多い事ではありませんから、自信を持ってアルバイトを探してくださいね。

関連記事