アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > 人と街を守るために必要なコンクリート診断士ってどんな資格?

人と街を守るために必要なコンクリート診断士ってどんな資格?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
ちょっと特殊な仕事をしている人ってとてもカッコイイですよね。ところでどうせ仕事をするなら特殊な仕事というだけではなく、人々の暮らしを支える事ができるお仕事ができると良いと思いませんか?

そこで今回はちょっと変わった仕事でもあり、とても重要で街や人の安全を守る仕事ができる資格、『コンクリート診断士』という資格についてご紹介していこうと思います。

コンクリート診断士ってそもそもどんな資格なのか



まずはコンクリート診断士という資格がどんな資格なのかについてをご紹介すると、私たちが暮らしている街の中でコンクリートってすごく多く使われていると思いませんか?道路はもちろん住まいもコンクリートはふんだんに使われています。

特にマンションやビルはコンクリートを使わない建造物は無いくらいです。コンクリートはとても丈夫で加工がしやすいので多くの建造物に使われていますが、世の中に経年劣化しないものはあまり多くはありません。

コンクリートもご多分に漏れず劣化したりしますし、安全基準が改訂されたりする事もあるので、定期的に点検をしなくてはなりませんし、建造物の建築の時にも劣化などを予測したりしなくてはなりませんよね。

コンクリート診断士というのはこうしたコンクリートの建造物の診断や、予測、補修を行う役割りを担っている資格になります。ちなみにコンクリート診断士は公益社団法人 日本コンクリート工学会が実施している資格です。

ではコンクリート診断士になるための受験資格と登録までの手順をご紹介いたします。

コンクリート診断士の受験資格と手順



受講資格は8つに分かれていて、AとBの枠のどちらかに含まれているかによって変わってきます。まずはAですが、コンクリート主任技師、コンクリート技師、一級建築士、建設部門の技術士、農業部門や農業土木の技術士。

土木技術者の特別上級、上級、一級、そしてRCCM取得者(建設コンサルタント協会)そしてコンクリート構造物診断士。この中に含まれている資格保有者(登録者)と、1級土木施工監理技術者又は1級建築施工管理技術の資格を持っている方。

このAに含まれている場合は講習の申し込みをする時に実務経験や経歴の記入そして証明などは不要です。そしてもう一つのB枠は高校卒業、高専卒業、短大卒業、大学卒業の方が対象となっています。ちなみにコンクリート技術に関する科目を履修した卒業生に限ります。

自分が受験資格に含まれている場合はまず『eラーニング講習会』に参加しなくてはなりません。では試験までの簡単な手順をご紹介いたします。

①まずはメールアドレスの登録を行います。②受験料を入金しましょう。受講料は受講費用とテキスト代で22,000円かかります。③受講申し込み登録を済ませましょう。④受講票とテキストなどが自宅へ配達されます。⑤eラーニングサイトにログインして講習を受講します。

受講は2日間で、1日目は基礎編の『変状の種類』『劣化の機構』1時間40分と『測定方法』2時間『評価・判定・補修』1時間40分。

2日目は基礎編の『補修・補強の方法』1時間40分、応用編の『判断実例』2時間と『基準類の変環』1時間40分です。受講の申し込みは年末で講習は翌年の3月~5月。試験は願書費用として1,000円かかります。

実際に試験が行われるのは7月で筆記試験(四肢一択と記述式問題)を制限時間3時間30分以内に行われます。

コンクリート診断士の合格率と就職先について



合格基準は全体の70%以上でどちらかが60%以下の場合は不合格です。合格率は14.8%と低めですが将来性がある資格ですね。ちなみに一度試験に合格して登録されれば一生その資格を保有できるというわけではありません。

4年に一度更新をしなくてはならず、そのためには研修を受ける必要があります。研修にかかる費用は8,640円で講習会の内容は『診断技術改定の要点』についてと『特別講演』『ケーススタディ』を学習します。

合格率が低めの難しめの資格ですが、この資格を持っているとどんな会社に就職できるのかが知りたいですよね。

まずは『建設会社』です。建築関係の企業に就職するのにとても有利な資格です。他にも『診断補修専門会社』『設計事務所』『生コンの会社』『電力会社』などでも活躍している方がいらっしゃいます。

建築関係だけではなく幅広い分野で活躍できる資格なので、難易度がやや高いけれど受験してみる価値はある資格ですね。

コンクリート診断士の就職先や年収について



かっちりした仕事に就く事ができる資格なだけに、年収にも期待してしまいますよね。実際にこの資格の保有者はどのくらいの年収が見込めるのかを調べてみました。

この資格は大手の建設企業などでも活躍できるだけに、やはり年収も高めの資格です。もちろん勤続年数や実績によって変わりますが、500万以上は見込めるでしょう。

さらに勤続年数を重ねると700万円以上の年収も十分に期待できるでしょう。というのも年々耐震基準や安全基準が高くなっているので、コンクリート診断士以外にも安全診断を行う技術者は引く手あまたなのです。

ただこの資格は難易度が高めなので、講習会ではしっかりと学ぶだけではなく過去問題などにも真剣に取り組むなどの努力は必要ですね。

まとめ



今回は高い年収が見込めるコンクリート診断士という資格についてご紹介いたしました。将来的にとても有望な資格なので安定した収入とやりがいを求めている方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事が高額報酬の仕事ができる資格を探しているという方のお役に立てれば幸いです。

関連記事