HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > 学生アルバイトがトラブルに巻き込まれている!その内訳

学生アルバイトがトラブルに巻き込まれている!その内訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

日本では高校生以上になるとアルバイトなどの労働をする事ができます。お父さんもお母さんも学生の頃、お小遣いが欲しくてアルバイトを経験した事があるかもしれません。

もしかしたら夕飯などの時に「お父さんが若いころは自分で働いて……」なんてお話を、耳にタコができるくらい聞いたという方もいらっしゃるでしょう。よくある話ですよね。

今回は、アルバイト先でトラブルに巻き込まれている学生が増えているという問題に注目してみました。これからアルバイトを検討している学生さんに読んでいただき、注意していただけると幸いです。

多くの学生アルバイトが体験した6つのトラブル



特別ブラックな企業というわけではなさそうな企業なのに、同じようなトラブルを聞きますけれど、いったいどのようなトラブルに遭遇してしまったのかを見てみましょう。

もしかしたら同じ体験をした事があるかもしれません!

  • 残業や早出などをした分の賃金の未払い
  • 労働時間の管理がずさん
  • 深夜料金で計算されていなかった
  • シフトをコロコロ変更された
  • シフトを一方的に削られた
  • 休みがもらえなかった(試験時)

いかがでしょうか?これまで多くの学生アルバイトが実際に体験したトラブルの一部です。中には契約時間外に準備や片付けをした時の賃金の未払いなんてものもあるようです。

そもそも学生は時間から時間で行動しますよね。それがアルバイトでは曖昧になってしまい、契約した勤務時間以外の労働に対しての賃金が支払われなかったりするとがっかりしてしまいます。

さらに厚生労働省が調べたところ、学生アルバイトの中でアルバイト先でトラブルを体験したと応えたのは、なんと全体の48.2%というから驚いてしまいますよね。

特に学生アルバイトの場合は勉強しながら労働をするわけですから、試験などがあった場合の事を考えて、あらかじめ試験の前後はシフトを入れないで欲しい、と言っていたにも関わらずシフトを入れられてしまうと困ります。

もしも試験前には休ませて欲しいという話をしていなかったとしても、本来は勉強するのが仕事ですから企業側も配慮しなくてはならないのに、最初に言わなかったからと休ませてもらえない事もあるようです。

アルバイトの契約時に必ず話すべき事



まず、労働条件をしっかりと事前に話し合うべきですよね。学生なので試験の前後はシフトは入れない事は確実に盛り込んでおく必要があります。

それでも話したのに休ませてもらえなかったという事もあるでしょう。確かにそんな事例もたくさんありますので、もしもの時の事を考えて書面で契約書を交わしておくと良いでしょう。

残業や早出などが給料に反映されていないと感じた場合には、まず自分が労働をした日や時間などがわかるよう、証拠を残しておくと良いでしょう。

時計のカレンダー機能を使って労働している時間がわかる証拠を残しておくと良いかもしれません。そしてどのくらい早出をしたのかどのくらい残業をしたのかを計算しておくと良いですね。

その労働に対する対価が払われなかった場合には、しかるべき相談ができる場所にその証拠を持って相談してみると良いかもしれません。

ですがその前にまずはアルバイトしている会社にその証拠を提出して、労働賃金の未払いの請求などをしてみると良いでしょう。

バイト先以外で相談するのに適しているところ



ブラックなアルバイト先ではないと思っても、契約した労働条件とは違う条件になってしまったり、明らかに損害を被っているとなるとしかるべき場所に相談する必要があります。

ハローワークなどに相談する事も検討してみるべきですが、労働組合などに相談するのが良いですね。

アルバイトなのに労働組合なんて加入しているわけがない!と思うでしょうが、「ブラックバイトユニオン」といった労働組合は、そもそも大学院生が発足した組織です。

こうした組織にアルバイト先の労働条件がおかしいとか、突然変えられてしまって困っているといった悩みを相談してみると良いでしょう。

自分ひとりで戦おうとしてもなかなかうまくいかない事もあるので、相談できる団体などを知っておくと安心できますね。

証拠をどうやって残したらいいのか?



先ほど、証拠を残しましょうとお話いたしましたが、どうやって証拠を残せば良いのか具体的な方法がわからないという方もいると思います。さらにどんなものが証拠として認められるのかについても知りたいところですよね。

大事なのは自分が何時から何時まで働いたのか、それがはっきりわかるような記録をしておけば良いのです。

例えば、シフトの事で話し合う時には会話を録音してみると良いでしょう。シフトの急な変更が指示されたのならば、そのメモなどを取っておくのも良いですね。

大切なのは第三者が見てわかりやすい証拠を残すという事です。会話の録音や録画などはスマホを活用すれば、比較的簡単に証拠を集める事ができるでしょう。

おかしい事はおかしいと言う勇気を持ちましょう!



今回は、学生のアルバイトの方々が実際に体験したトラブルについてをご紹介いたしました。中には訴えた事で不利になってしまうケースもあるかもしれません。

ですがおかしい事はおかしいと言う勇気を持ちましょう。アルバイトだからと言って甘く見られてはいけません。これから先長い人生おかしいと思っても言えない状況を自分で作る事になってしまいます。

もしそれで苦しい立場に追いやられてしまったとしたら、それはその会社に問題があるのであって、決して自分が悪いわけではないのです。

ですが、アルバイトの面接をする時に、あらかじめ働く時の条件をしっかりと話し合っておく必要はあるでしょう。不利にならないためにも必要な事なのですね。

関連記事