HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > アルバイト初心者の方に☆今更聞けないバイト知識☆業務・お金・扶養控除について

アルバイト初心者の方に☆今更聞けないバイト知識☆業務・お金・扶養控除について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

アルバイトをしたことがない人やこれから初めて経験する職種について、不安になっていないでしょうか?
わからないことは実際に経験することや失敗から学ぶことが大事ですが、前もって学んでおけることは学んでおくに越したことはないですよね!
ここでは具体的な仕事内容やお金の流れまで、今更聞けないアルバイト常識をいくつか紹介していきたいと思います!

 



 

○今更聞けない「仕事の話」編
アルバイト未経験の人は不安なことが多いかと思いますが、仕事をする上で多くの職場に共通することを確認しましょう!

 

1. シフト制って?
アルバイトの多くで「シフト制」が取られています。
これは月末などに翌月分の就業可能な日時をまとめて報告し、他のスタッフの予定などとの兼ね合いを考えながらマネージャー(店長・社長など)が組み合わせて仕事を割り振ってくれることのことを言います。

 

2. 業務について
仕事を始める前に前準備(着替えなど)があると思います。
たとえば準備に10分かかるならシフトに入っている15分前くらいに職場に到着することをオススメします。トラブルが発生した時などに柔軟に対応できるだけでなく、仕事に対する評価が上がれば昇給が早まることも!

 

 

○今更聞けない「お金の話」編
アルバイトをする上で知らなくてはいけないことと言えば「お金」の話。
少し面倒であるように思えるかもしれませんが、お給料を受け取れないとか、税金にまつわるトラブルを避けるために必ず覚えておきましょう!

1. 税金はどうなるの?

アルバイトにも課税はありますが、上限額内では非課税となります! ※具体的には年間103万円以上の所得には所得税がかけられます。ただし学生のアルバイトに関しては「勤労学生控除」が適用され、上限額103万円に27万円が上乗せされます。住民税に関しては100万円が上限額とされています。
自分の所得を確認するには「源泉徴収票」をチェックしましょう!

 

2. 「扶養控除」って何?

簡単に説明すると「家族を養っている人は納税額が安くなる」という制度。具体的には少し複雑なのですが、原則的に38万円超~76万円の所得を得ている人は扶養控除対象です。ちなみに所得を得るための必要経費として65万円が引かれるので結局のところ、103万円で覚えておくといいでしょう。

 

 

いかがでしたか?少し難しいと感じることもあったかと思いますが、以上のこと覚えて充実したアルバイトの時間を過ごしましょう!

関連記事