HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > アルバイトを掛け持ちする時の注意点や問題点について

アルバイトを掛け持ちする時の注意点や問題点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

世の中にはアルバイトをしていてもそれだけではたらなくて、他にもアルバイトを掛け持ちしようとする人がたくさんいるものですよね。

確かにアルバイトをしていても、どうしても足りないとなったら掛け持ちをするしかないのはわかりますが、掛け持ちをする時の問題点や注意点もあるのです。

今回は掛け持ちをする時の色々な問題点や注意点についてをご紹介いたします。

掛け持ちをする時の注意点について

kakemoti02

アルバイトの掛け持ちをする時にはいくつか注意しなくてはならない事があります。

注意点をしっかりとチェックしてからアルバイトの掛け持ちをするといいでしょう。

体調管理をしっかりと行う必要がある

まず大切なのはアルバイトの掛け持ちをする事によって、睡眠時間や身体を休める時間が確実に少なくなってしまうものです。なので体調管理はしっかりとしなくてはならないのです。

また、肉体的な事もあるのは事実ですが、違うアルバイトをする事によって精神的に負担を感じる事も多いようです。

なのでまずは精神的な負担を軽減するためにも、肉体的や時間的にあまり負担がかからないようにするために、しっかりと調整を行う必要があるのです。

そのためには次のことをしっかりと行う必要があります。

時間を管理する

time

アルバイトの掛け持ちをする時は、時間の管理をしっかりとしておかないといけません。

その理由は掛け持ちをした時は、時間がかち合わないようにしないといけません。そうしないとどちらかのアルバイト、もしくは双方のアルバイトに支障がでる事になります。

そうならないためにも、まず必要なのはアルバイトの掛け持ちをする時に、どちらのアルバイトを優先するのかをしっかりと考える事をおすすめします。

アルバイトの掛け持ちの問題点

アルバイトをしている時の最大の問題点としては、103万円を超えてしまう事によって確定申告が必要になってくるという事です。

それ意外の場合には確定申告の必要がありませんのでいいのですが、それ以上になっては困るという場合には103万円を超えないように計算しながら掛け持ちをしましょう。

もしも超えてしまっても構わないという場合には、損をしないような金額になる130万円を超えるように計算して働くといいでしょう。

その代わり130万円を超えてしまった場合には、国民健康保険税などを確定申告によって負担をしなくてはならなくなります。

ただし130万円を超えるのならば最低でも140万円以上なくては103万円と同じ程度にしかならないので用心しなくてはなりません。

あとがき

kakemoti03

いかがでしたか?アルバイトの掛け持ちをする事によって、どんな事に気をつけなくてはならないのかについてを、しっかりと考えて掛け持ちのアルバイトを行うようにしましょう。

また、肉体的にも精神的にも負担がかかりやすい事はわかっています。なので健康管理と時間管理に気をつけて掛け持ちのアルバイトをするようにしましょう。

20代必見!脱アルバイト、フリーターやニートから正社員デビューに挑戦!
  • JAIC(ジェイック)

    310社以上のメディアで紹介中。就職成功率が約2倍に!
    職業紹介優良事業者認定サイトで定着率・満足度は94.3%
    ※対応地域 : 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡・石川

    求人数対応地域お祝金
    非公開首都圏(※)一部あり

    無料登録はコチラ

  • ハタラクティブ

    約6万人以上の業界未経験カウンセリング実績
    内定率は80.4%・書類審査通過率は91.4%
    ※対応地域 : 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪

    求人数対応地域お祝金
    未経験OKのみ1,500件以上首都圏(※)なし

    無料登録はコチラ

  • DYM就職

    既卒・第二新卒の就活や転職に強い!就職率は驚きの96%
    書類選考なしで面接セッティングが可能

    求人数対応地域お祝金
    2,000件超全国なし

    無料登録はコチラ

アルバイト探しならココ!厳選ピックアップ
  • バイトル

    バイトを探す上での条件が沢山あります。
    手早く自分にあったアルバイトを探すことが出来ます。

    求人数対応地域お祝金
    50万件以上全国一部あり

    無料登録はコチラ

就職支援サイトの詳細を見る
関連記事