アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > 観光地の完全復活はいつ?バイトへの影響について

観光地の完全復活はいつ?バイトへの影響について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

都市封鎖が解除され外出自粛が緩和されると、少しずつ新型コロナウイルスが蔓延する以前の生活に戻りつつあります。しかしながら現在も観光地への人の流れはあまりよくありません。

そこで今回は、観光地の完全復活とアルバイトへの影響についてご紹介いたします。

新型コロナウイルスが観光地に与えた影響について



新型コロナウイルスが世界中で広がり、パンデミックとして猛威を振るったのは今年の3月以降のことでした。日本だけではなく中国も欧米諸国もヨーロッパも、さらに南米やアフリカなどでも猛威を振るいました。

非常に感染力の強いこのウイルスは、どのように感染するのかもわかりませんでしたし、重度になってしまうと命を失う方もいれば全く症状が無いという人もいたため、人と接触するのを避けるしかないとしてロックダウンになる都市が増えたのです。

この時期はおよそ1カ月~2か月くらいの間でしたが、外出自粛によって街から人の姿が減り、多くの飲食店などが廃業に追い込まれてしまったりしました。

これは観光地でも同じです。むしろ観光地の方が大打撃だったのではないでしょうか。観光地にはさまざまなアトラクションがあるだけではなく、飲食店やお土産物屋やホテルや旅館などの宿泊施設などもあります。

これらすべてがかなりの打撃を受け、結果的に人件費の削減や建物自体の維持が難しくなってしまいました。そうなると当然ですがアルバイトなどの募集もなくなり、仕事を必要としている多くの方にも打撃を与えてしまったのです。

規制緩和が行われた後の期待と不安



日本では外出自粛や県をまたいでの旅行などが禁止されたおかげで、一応新型コロナウイルスに感染する人の数が減少しました。それを受けて段階的にロックダウンが解除されることとなり、人々は不安を抱えながらも一安心しましたね。

最初の段階ではマスクをしての外出まで、その後は県をまたいで外出することが許されました。このことで少しずつ観光地へ足を運ぶ人の数も増えてはきたのですが、その一方で新型コロナウイルスへの新たな感染者数が増えていきます。

そして今月からGoToキャンペーンが開始されるので、今後は以前までとはいかないかもしれませんが、観光客でにぎわうようにはなってくるでしょう。となればアルバイトを募集するという選択をする企業も増えていく可能性はありますね。

というのも正社員として雇った場合、また新型コロナウイルスへの新たな感染者が増えた場合、すぐに解雇というわけにもいかないためです。その点アルバイトの場合は万が一再びロックダウンのようなことがあった場合に対応しやすいのです。

もちろんクビを前提に雇うわけではありませんし、そんな事をするのは許されることではありませんが、観光地としてもお客様が増えるのかどうかの不安や、ロックダウンが無いとは限らないという不安を抱える以上仕方のないことだと考えても不思議ではないのです。

このことから、アルバイトの仕事の量は増えていく可能性が高いけれど、感染が拡大した場合には契約が持続するかは保証できない状況になると覚悟しておくことが必要でしょう。

観光地が完全に復活する日はくるのか?



一番気になるところがここでしょう。このままの状態が続いたら多くの観光地では宿泊施設が無い、ご当地の美味しい料理を提供してくれるレストランが無いという状況になってしまいます。

そうなるためには新型コロナウイルスが遅るに足らない病気になる必要があります。そのために必要不可欠なのが治療方法の確立です。感染したとしても1週間自宅で治療薬を飲めば治ってしまう、インフルエンザと同じ扱いの病気になればいいのです。

100年前に世界中で流行して大量の死者を出したインフルエンザがたどった道を、新型コロナウイルスがたどってくれればいいのです。そうすれば感染した人だけが自粛すれば良いだけで、怖い病気ではなくなっていくでしょう。

ただし、そのためにはいくつもの山を超えなくてはなりません。第2波を経験し乗り越えて治療薬やワクチンができることも大事ですね。これは言葉で言えば簡単ですが口で言うほど簡単なことではありません。

もしかしたら数年間かかってしまうかもしれませんし、ほんの数か月くらいでできることもあるでしょう。今の現状で確かなことは言えないのですが、数年後最低でも5年後くらいになれば、治療薬もワクチンもできているでしょう。

そうなって初めて「新型コロナウイルスに感染してもすぐに治る」だから治ったら観光に行こうと考えられるようになるでしょう。このくらいになるまでは、仕事をしつつも不安が完全に解消されることはないかもしれません。

まとめ



今回は、まだまだ終わりの見えない新型コロナウイルスの影響と、観光地への打撃の大きさについてお話したこと、さらに今後はどのようになっていくのかなどについてお話いたしました。

どのような形にせよ自身が感染するのを避けるためにも、お仕事をされる時にはマスク、手洗い、うがいをしっかりと行い、感染者を出さないような行動をとれるよう心がけることかもしれません。

この記事が、これから観光地はどうなっちゃうんだろう?という疑問をお持ちの方が、今後のことを予測する時のお役に立てれば幸いです。

関連記事