HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > アルバイトでも知っておくべし!雇用保険とはどんな保険?

アルバイトでも知っておくべし!雇用保険とはどんな保険?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

アルバイトなどのお仕事をする時も他の形態で仕事をする時にも、やっぱり気になるのは福利厚生面が充実しているかどうかですよね。
福利厚生がしっかりとしているとどうしていいのかというと、仕事をしていて怪我をした時の保障をしてもらう事ができたり、万が一仕事を失ってしまったりした時の保険などに加入する事ができるからです。
雇用保険もこの中に含まれている保険で、何かの事情で職を失う事があったとしても、次の仕事が見つかるまでのある一定期間の間だけ、定められた金額のお金を受け取る事ができる保険なのです。

雇用保険とはどのような保険なのか

2015005402 先に少し説明した通りの保険で、雇用保険に加入している人が職を失ってしまった時、再雇用が決まるまでの間の一定期間、定められた金額を月々もらえるという保険です。
ちなみに雇用保険という保険は単体の保険ではありません。実は雇用保険というのは労働保険の一種です。つまり雇用保険と労災保険が合わさっている保険が「労働保険」という事になるのです。
企業によって雇用保険に加入していないケースもありますが、中にはアルバイトであっても雇用保険に加入してくれる企業もあるので、もしもの事を考えたら雇用保険に加入している企業を探してみてもいいでしょう。

雇用保険の月々の支払はいくらくらい?

2015050403 アルバイトというと、ほとんどは福利厚生面で満足できるような保障がない事が多いようですが、確かにアルバイトのお給料の中から保険料を引かれてはちょっとつらいと感じるかもしれません。
でも雇用保険というのはお給料の15/1000となっており、通常の場合は企業と個人で保険料を出しあう形で契約する事になります。さらに一般的には企業の方が割合が多くなっているので、加入者本人はそれほど払わなくてもいい程度の金額です。

雇用保険はどのくらいもらえるのか

2015050404 雇用保険を利用するとしても、問題なのはどのくらいの金額もらえるのかという部分ですが、雇用保険でもらえる金額やもらえる期間というのは一律ではありません。
決まっているのはお給料の15/1000という事だけです。実は雇用保険というのは加入している人が、何年働いたのかという部分とお給料がいくらだったのかという部分で変わってきます。
当然ですが高ければ高いほど雇用保険の金額は高くなりますし、もらえる期間も長くなっていくというわけです。

雇用保険の手続きは正しく行いましょう

2015050401 いかがでしょうか。雇用保険の事が少しわかっていただけたでしょうか。雇用保険に加入できるアルバイト先を探してみる気持ちにもなったのではないでしょうか。
もしも企業をやめて再就職を考える時には、ハローワークへ行って失業保険がもらえるように、しっかりと手続きをしてみるといいでしょう。
というのも手続きをしてすぐにもらえるものではないからです。できたら辞めた次の日当たりには手続きを考えた方がいいでしょう。

関連記事