アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > 臨時職員って何?パートやアルバイトとの5つの違い教えます!

臨時職員って何?パートやアルバイトとの5つの違い教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

世の中には「アルバイト」「パート」「正社員」「準社員」「派遣」「契約社員」なんていう仕事の形態がありますよね。その中で「臨時職員」というのを聞いた事がありませんか?

あまり耳にしないこの臨時職員というのはどんなものなのか?アルバイトやパートなどとの違いってあるのか?そんな疑問が浮かぶ方もおられるかもしれません。

そこで今回はこの「臨時職員」という形態についてのお話をしていきたいと思います。もし臨時職員の仕事があるけどどんなの?と思っている方に読んでいただけると幸いです。

臨時職員ってそもそもどういう事なの?



まずは臨時職員とは何かについてを簡単に説明すると、一時的に企業などで人手が不足した時に、お手伝いをしてくれる人を募集する場合にこの形態で募集をする事が多いようです。

例えば公務員の人材募集などに「臨時職員募集」なんて言い方をしますよね。これは一時的な人材不足を解消するためのもので、正社員の補助業務を行うために雇われた職員という事になるわけです。

正社員の補助業務ってどんな仕事なのかというと、例えばコピーを取ったり在庫の管理を行ったり、整理を行ったり資料の作成を行ったりする事が多いようですね。普段使っている事務用品の管理や発注なども行います。

お給料は比較的良い事も多いようですね。これはどうしてかというと契約年数が決まっている事が多くて、その年数働いた後の保証が無いからだと言ってもいいかもしれません。

とても重要な仕事を手伝わせてもらえる事もあるかもしれませんが、正規の職員の仕事に毛が生えた感じのお仕事が多いという事を忘れてはなりません。なぜなのかというと、ずっとある仕事ではないからです。

これは臨時職員として働く以上は仕方がない事なのです。長くて数年短かったら数か月でその仕事を失う事になるので、次の仕事を見つけるための活動をしなくてはなりません。

臨時職員とパート・アルバイトとの5つの違い



まず一番の違いは時給ではないケースが多いようです。月給制を採用しているところが多いようでした。もちろんその会社の規定によるものが多いので、一概に月給制であるとは言い切れません。

また、決定的な違いはパートやアルバイトというのは、自分の意志で働く事も辞める事もできるのですが、臨時職員の場合は辞めたくないと思っていても、契約年数が来て更新されなければそこで仕事を失います。

これが最大の違いになるかもしれません。雑用が多いという点は先ほど説明しましたが、意外と責任のある仕事を任せられるケースもあります。一概に雑用ばっかりという事ではありません。

また、パートやアルバイトは色々な業種に多いのですが、臨時職員というのは公務員関係の仕事で多いのも違いとなるかもしれません。

例えば市役所や県庁や市や県や国が経営しているところで募集をしている事がとても多いのも違いかもしれません。

だから比較的お給料が良いというのも頭に入れておくと良いかもしれませんね。ではもしも臨時職員になったらどんな事を頭に入れておけば良いのかについてを簡単に説明していきましょう。

臨時職員になった時に頭に入れておくべき事



まず一番に頭に入れておかなくてはならないのは『期限がある事』です。あくまで人材が足らないので臨時に雇う職員ですので、人が足りたら必要がなくなってしまうという事!

期限は採用する時に知らされるはずです。例えば市役所なら3月4月9月などですね。日本中で転勤などが行われる時期は人が足らなくて募集する事が多いようです。引っ越しシーズンを前に探してみると良いでしょう。

たまに公立の学校の職員(雑務が主)の臨時職員の募集もありますのでねらい目かもしれません。ただし、学校などの場合は使用期間が数か月の事もあるので十分に気を付けましょう。

学校の職員の場合はあまりお給料が良いとは言えません。数か月で少ないお給料でもかまわないと言うのであれば良いかもしれませんが、家族を抱えている男性には向かない職業だと言えるでしょう。

また、仕事を覚える事ができるのはとてもメリットが高いです。なのでいろいろな仕事をしてみて自分に合った職業を探しているという方には向いています。

使用期限が近付いてきたら、更新のめどがあるのかどうかを確認して、更新が難しいとなった場合には次の職を探す必要があります。

臨時職員としての仕事を全うしながら職探しをするのは大変かもしれませんが、期限が来てから探すのは大変ですので、事前に職探しをする旨を伝えてある程度は許してもらうと良いですね。

このように、臨時職員というのは良さそうに感じて悪いところもあるので、働き始めたからと言って安心せずに次の仕事の事を頭に入れながらお仕事をすると良いでしょう。

臨時職員の募集を探すならハローワークや転職サイトを活用する



比較的採用されやすいというメリットはありますが、職を転々とする事も頭に入れなくてはならないので、意外と大変だなと感じる事もあるでしょう。

もしも次の仕事を探そうと思っても、なかなか次の仕事が決まらない事もありますので、ハローワークや転職サイトなどを上手に活用していくと良いですね。

特にハローワークなどは市などと連携しているところもあるので、早めに相談をしに行くと良いかもしれません。ちなみに臨時職員としてしっかりと仕事をしていれば、次の仕事も見つけやすいでしょう。

良い評価をしてもらうためにも、臨時職員として働いている間はしっかりとお仕事をする事をお勧めいたします。

関連記事