HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > 仕事で失敗して大ショック! どうすればいいの?

仕事で失敗して大ショック! どうすればいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着のバイト
求人情報を確認

仕事で失敗してしまったらショックが大きいですね。その失敗が大きければ大きいほどショックは大きく、なかなか立ち直れないという方も多いのではないでしょうか。

ですが、いつまでもくよくよしていたら良い結果にはなりません。そこで今回は仕事で失敗をしてしまった場合に、どうすればいいのかについてをわかりやすくまとめてみました。

仕事で大失敗! 何をするのが一番大事なのか?


もし仕事で失敗をしてしまったら、ショックと同時に「どうしよう、信用が!」となってしまったり、「上司に怒られるのが怖い」となったりする方もいるでしょう。

ですがそんな事を考えていてもどうにもなりません。なぜならば失敗をしてしまったとしても、そこからどうやって起き上がるのかが問題だからです。そのために何が必要なのかをしっかりと考えましょう。

まずは何か失敗をしてしまったとしたら、その失敗によってどのような被害が想定されるのかをしっかりと考える必要があるでしょう。つまり失敗にもレベルがあるという事です。

レベルによっては会社にいられなくなってしまう事だってあるのです。でもその前にやらなくてはならない事があります。そしてそれはそんなに多くの事ではありません。

一つずつクリアしていくといいでしょう。そうすれば精神的なショックからの立ち直りもきっと早くなるでしょう。

失敗した事は黙っていてはいけない!


もしも仕事上で失敗してしまったとしたら、まずはその失敗を同僚や上司などに黙っているのは良くありません。というか必ず報告をする必要があるでしょう。

なぜならば、逆の立場だったと仮定してみるとわかります。もしもあなたが自分の部下や同僚が失敗しているのに黙っていて、それに気づいたらどうでしょうか?

おそらく「なぜ失敗したのを黙っているのだ?」と思うに違いありません。確かに失敗が大きければ大きいほど「誰にも気づいてほしくない」と考えるのは当然かもしれません。

ですが、黙っていてバレてしまったらどうでしょうか? もっと立場が悪くなってしまったり、信用を失ってしまう事になるのです。しかも失ってしまった信用を取り戻すのはそう簡単ではありません。

ですからまずは失敗した事を報告する必要があるのです。勇気を出して話してみましょう。ちなみにこの時やらなくてはならないのは『謝る』事です。その理由をお話ししましょう。

失敗したら必ず謝れ! それから説明をする!


よく「なぜこんな事になったのか?」と聞かれたら、「こうしようと思ったらこうだった」とか「自分はこうしたかったけどこう言われた」などの言い訳を言う方がいますが、決して言い訳を言ってはいけません。

言い訳を言うと「そんな事は聞いていない」と思われたり、「その前に言う事無いのか?」と思われてしまいます。誰もがそうですが、失敗した事に対して怒っているのは事実ですが、まずは謝罪からしなくてはなりません。

まず「申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉を言いましょう。そうすると相手が例え文句を言ったとしても、きっと「何でこうなったの?」と聞いてくれるものです。その時に初めて「事実」を話すのです。

順序を間違ってはいけません。人間性を疑われてしまいます。例えアルバイトだったとしても、社会人としてのルールを守って「申し訳ありませんでした」という気持ちを述べてから説明をすればいいのです。

謝罪をしないまま説明すると「言い訳」になってしまうのですね。ちょっと複雑な気持ちになるかもしれませんが、順序を守れば信用を失う事は無いのです。

失敗に対しての対策を立てておく


失敗をしてしまった場合ですが、どの失敗をどのように挽回するのかが焦点になります。なんの対策もないまま失敗しましたでは済みません。その失敗をどのようにフォローするのかの対策を用意するといいでしょう。

報告と同時に、失敗に対しての対策を伝えて迅速にフォローできるようにするといいですね。例えば自分ひとりでフォローすればいいというのならいいですが、上司や同僚に助けてもらう必要があるケースもあるでしょう。

そのため何も対策が無いけれど皆に助けてもらいたいというのではお話にならないからです。そして対策は一つではなくいくつか用意しておくといいかもしれません。

その方が失敗してもしっかり対応できる人というイメージがつき、信頼を失う事が無いからですね。これはアルバイトでも企業に勤めても同じでしょう。

失敗は悪い事ではないと認識する


最後に、失敗してしまったという事でメンタルな部分でしょんぼりしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、失敗は決して悪い事ではありません。だからくよくよする必要はないのです。

それに最初の内はいくらでも失敗してもいいと思います。なぜならば、失敗を知らない人が大きな失敗をしてしまった時の衝撃たるや、その先の仕事が怖くてできなくなる可能性もあるからですね。

例えば世の中で天才と言われている方だって、最初の頃は失敗続きだったでしょう。そんな失敗を乗り越えたからこそ成功があったとは思いませんか? だから失敗は怖くないのです。

もちろん延々と失敗続きだったとしたら、それはそれで問題かもしれませんが、失敗から学べる事も色々とあるのです。自分が先輩になった時に後輩が失敗したら助言してあげる事もできますよね。

大事なのは同じ失敗を何度も繰り返さないという事です。それに失敗してもフォローができれば自信や信頼につながっていくので、きっと仕事が楽しくなっていくはずですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は仕事で失敗してしまったらどうすればいいのかについてを、簡単にまとめてみました。

ここでわかったのは失敗を恐れる必要はないという事、もしも失敗してもしっかりと謝罪をして、失敗をフォローする事が重要なのだという事でした。

同じ間違いをしなければ、何度だって失敗してそのたびに成長していけばいいのです。あまりくよくよ考えずに前向きに対処していきましょう。

アルバイト探しならココ!厳選ピックアップ
  • バイトル

    バイトを探す上での条件が沢山あります。
    手早く自分にあったアルバイトを探すことが出来ます。

    求人数対応地域お祝金
    50万件以上全国一部あり

    無料登録はコチラ

脱アルバイト!正社員デビューにチャレンジしたい方はココから♪
  • バイトルNEXT

    「バイトル」から生まれた≪バイトル社員≫
    正社員・契約社員のお仕事が多数掲載されています。

    求人数対応地域お祝金
    3万件以上全国一部あり

    無料登録はコチラ


新着のバイト求人情報を確認

関連記事