アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > ストライキが始まったらどうすれば良いの?

ストライキが始まったらどうすれば良いの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
ストライキって言葉をきいた事がありますか?何となく海外の方がストライキを頻繁にやっているという印象が強いかもしれません。ところでストライキってどうしてやるの?と思った事はありませんか?

ストライキなんかやっても何も得しないと思うんだけどなぁと思っている方の素朴な疑問、ストライキって何?ストライキするとどうなるの?についてを調べてみました。

ストライキってなに?



あまり聞いた事が無いかもしれませんが、昔日本でも頻繁にストライキが行われていた時代がありました。例えば「安田講堂事件」などもストライキ、というかボイコット運動が激化してしまった結果として歴史的な事件になってしまったりもしました。

実はストライキ(ボイコット)というのは学生や労働者が、自分たちの要求を企業や学校などに伝え、その要求が満たされるまでの間仕事や勉強をみんなで放棄する事です。もちろん要求が満たされればストライキは収束方向へと向かいます。

企業側にとっては働いている労働者がいるから売上など利益が出るものであって、ストライキをされると改めてそれを実感します。しかしながら本来ならストライキが起こる前に対処対応をしてくれるから、これまでは企業でのストライキってあまり過激化していないのでしょう。

そういう日本人特有の問題が大きくなる前に解決しようが海外では無いのかわかりませんが、よく労働者が改善して欲しいなどの理由でストライキを起こしたりして、長期化して利用者が困ってしまう事もあるようです。

まぁそういう日本でも佐野サービスエリアなどでいろいろと問題が起こっていたりしますが、できるだけ避けるに越した事は無いものである事は言うまでも無いでしょう。

ストライキをするとどんなメリットがあるの?



さて、ストライキがどんなものなのかがわかりましたが、今度はストライキをするとどういうメリットがあるのかについてを簡単に説明していきましょう。

ストライキをするには何か目的が無くてはなりません。その目的が「賃金のアップ」であったり「福利厚生の充実」だったりと、企業によっていろいろとあるようですが、いきなりストライキを始める事はできません。

正当な理由が無ければ国だってストライキを許すわけにはいかないのです。まずは目的ですが、従業員たちが経営者に対してここを改善してくれないと仕事にならないなどの理由がある場合に、段階を踏んでストライキに突入していきます。

まずは話し合いの場を持って冷静に話し合いをします。何度か話し合いをしてみてそれでも決裂するようであれば、ストライキを行うことを宣言しつつストライキに突入するのです。もちろんこれをやるのは正社員ですよね。

アルバイトの人がいきなりストライキだ!なんてやっても損をするだけかもしれませんし、下手をしたらクビになってしまうのが関の山ですから……。

会社でストライキが始まった!アルバイトでも参加すべき?



もしもアルバイトとして働いている会社でストライキが始まるとしたら、アルバイトの方も参加しないとまずいのでしょうか?実は特にアルバイトの方がストライキに参加するメリットはないのです。

例えばストライキに参加するためにはその企業で労働組合に加入している必要があるでしょう。というのも労働組合では毎月積み立てをして、万が一ストライキが起こった場合にはお給料が出ないので、給料が出ない間のお給料の確保をしておかなくてはならないからです。

なのでバイト先でボイコットやストライキが始まったとしても、アルバイトの立場であれば参加はせずに普通に仕事をしましょう。保証がないのですから!

なのでストライキを起こすような企業で勤めるのはあまりおすすめはできません。そうは言ってもどこがストライキを起こすのかなんて事がわかるわけがありませんよね。

なので静観するという立ち位置を取って言動にも気を付けながらお仕事をしていましょう。よくスリルがある会社って楽しいと言いますが、ストライキをして良い事は無いという事を覚えておきましょう。

ストライキはほどほどに!



先ほども説明しましたけれど、ストライキをしている間というのは仕事をしていない、いわばサボっている状態になります。それは正社員であっても全く同じ条件なのです。

上の章で説明したように、正社員など労働組合に加入している方というのは、毎月積み立てをしているものなのです。だから正社員の人は簡単に生活資金が確保できるのですが、アルバイトは労働組合に加入していないので無収入になります。

ストライキが長引けば長引くほど収入が減り、支払いも生活もできなくなってしまうかもしれません。確かにストライキは職場の指揮を高めるためには良いかもしれませんが、アルバイトにはちょっと荷が重い問題なのです。

なのであくまでも中立の立場を崩さず、ストライキに加担する事が無いよう十分にきをつけましょう。

まとめ



今回はストライキっていったいどういうものなのか?ストライキを行う事によるメリットって?さらにバイト先でストライキが始まったらアルバイトはどうすればいいの?という疑問について簡単に説明いたし8増した。

もし会社に対して不満や不安があるとしたら、そうならないようにするために普段から雇用主側と友好な関係を築いていけるようにして、定期的に話し合いの場を設けてもらうのも良いでしょう。

この記事がストライキって何?という疑問を持っている方や、アルバイトなんだけどどうすれば良いのかについて迷った型の参考になれば幸いです。

関連記事