HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > 単発アルバイトと長期アルバイトはどちらがいいの?

単発アルバイトと長期アルバイトはどちらがいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着のバイト
求人情報を確認

学生や若い方に人気の働き方に人気の単発アルバイトと長期アルバイトがありますが、この二つの働き方のどちらが得なのか考えた事はあるでしょうか。

今回は単発アルバイトと長期アルバイトの違いや、定義、どちらの方が働いていて得をするのかについてを、簡単ではありますがまとめてみました。

単発アルバイトってどんなお仕事?


今から20年くらい前に初めてアルバイトの仕事の中で、単発アルバイトというお仕事の方法がありますが、そもそも単発のアルバイトというのはどのようなお仕事の事を言うのでしょうか。

アルバイトの定義として調べてみると、単発のアルバイトというのはたった1日の仕事であったり、10日間だけの仕事であったりします。

実は3カ月未満の仕事は全て単発、短期のアルバイトという事になっているので、単発だからといっても1日で終わらないものも実際にはたくさんあるのです。

単発アルバイトのメリット・デメリット


仕事をしていると必ずといっていい程気になるのが「人間関係」です。単発の仕事をする時の最大のメリットは、やはり人間関係で悩む事が少ないという点ではないでしょうか。

長くても3カ月以内で終わってしまう仕事が多いので、人間関係で衝突する事が少ないというのがメリットだと言われていますけれど、中には特殊な性格の方もいらっしゃるので、この場合にはメリットでもありデメリットでもあると言えるかもしれません。

他には短期のアルバイトをする事によって、やってみたい仕事をいくつもできるので、いろいろな仕事を経験できるというのがメリットだと言う方も多いようです。

自分に合った仕事を見つけようと思うのならば、短期のアルバイトで経験を積んでいくというのもいいかもしれません。本格的に就職しようと思った時に本当に合う仕事に絞れるというのは良い事です。

ただし採用する側からしたら、経験を積みたいから仕事を始めたと言っても、もしかしたら続かないからかな? などと思われてしまう可能性も捨てきれません。これもメリットでもありデメリットでもあると言えるでしょう。

長期アルバイトってどんなお仕事?

3カ月以上のアルバイトは長期のアルバイトです。中期のアルバイトというのもありますが、感覚的に長期と言うと何年も務めていれば長期のアルバイトをしていたと言ってもいいでしょう。

一つの会社で長期間働けるので安定感のある仕事であると言えます。例えば主婦の方が昼間の間だけ何年間も仕事をされる事がありますが、主婦の方が長期のアルバイトをするケースが多いかもしれません。

長期アルバイトを見つける事ができれば、いちいち仕事を探さなくてもいいですね。むしろ学生には長期よりも短期の方が魅力を感じるものなのかもしれません。

長期アルバイトのメリット・デメリット

長期アルバイトをする時のメリットの一つは、安定性が高いという点ではないでしょうか。短期のアルバイトだと常に次の仕事の事を考えて仕事をしなくてはならないですが、長期はそんな事を考える必要がありません。

与えられた仕事をこなしていくだけなので、慣れてしまえばとてもありがたいものです。それが最大のメリットだと言えるのではないでしょうか。

また、アルバイトであっても長期間仕事をしっかりとしていれば、責任者として抜擢される事もあるでしょうし、中には働きを認められて社員登用をしてもらえる可能性があるのもメリットです。

長期アルバイトをしていると、人間関係で悩む事もあるかもしれませんが、多くの場合は信頼できる仲間ができるので、人生に潤いを感じる事も多いかもしれません。

ただしその人間関係がデメリットになる事もあるので、人間関係で悩むことが無いよう気を付ける必要があるかもしれません。

長期アルバイトのメリットの一つには、就職をする時の面接をする時の印象を良くする点です。長く続ける事ができるという事で、期待感を与える事ができます。

もう一つは社会性が身につきます。先輩や店長に後輩や同期の人付き合う中で、様々なマナーを学ぶ事もできるようになるでしょう。意外と長期アルバイトはメリットが高いようです。

どちらにもメリットもデメリットもある

長期アルバイトも単発アルバイトもどちらもメリットもあればデメリットもあります。どちらの方が良いというのもありませんが、自分のライフスタイルに合わせて選ぶといいでしょう。

どちらのアルバイトも真面目に勤める事ができればいいわけです。自分のライフスタイルに合ったタイプのアルバイトを探してみるといいですね。

その際にはメリットもデメリットもよく考慮しながらお仕事をされるといいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は単発アルバイトと長期アルバイトはどちらがいいのか、メリットとデメリットも合わせてご紹介いたしました。

どちらの方が良いのかについては比べる事ができませんでしたが、自分が何をしたいのかや自分の性格を考慮しつつ、アルバイトを探してみるといいでしょう。

例えば安定した収入が欲しいという方の場合は長期アルバイトを選択し、いろいろな仕事を経験してみたいと思う方は単発アルバイトを選択してみてはいかがでしょうか。

アルバイト探しならココ!厳選ピックアップ
  • バイトル

    バイトを探す上での条件が沢山あります。
    手早く自分にあったアルバイトを探すことが出来ます。

    求人数対応地域お祝金
    50万件以上全国一部あり

    無料登録はコチラ

  • マッハバイト

    地域カバー率、業界トップクラス!
    豊富な仕事件数で、大手企業の案件も多数あります。

    求人数対応地域お祝金
    18万件以上全国あり

    無料登録はコチラ

  • タウンワーク

    圧倒的な求人数を誇り、様々雇用形態の仕事を掲載。
    仕事が見つかる可能性が高くなる求人サイトです。

    求人数対応地域お祝金
    80万件以上全国一部あり

    無料登録はコチラ

  • フロムエーナビ

    リクルートが運営しているCMでもおなじみのサイト。
    求人案件はもちろん、お役立ち情報も充実。

    求人数対応地域お祝金
    20万件以上全国一部あり

    無料登録はコチラ

もっと見る

短期・単発で働きたい方向け専門サイト。1日だけでもOK
  • ショットワークス

    多種多様な条件の短期・単発アルバイトサイト。
    面接なしや明日からすぐ開始の仕事が見つかります。

    求人数対応地域お祝金
    約1万件全国なし

    無料登録はコチラ

脱アルバイト!正社員デビューにチャレンジしたい方はココから♪
  • バイトルNEXT

    「バイトル」から生まれた≪バイトル社員≫
    正社員・契約社員のお仕事が多数掲載されています。

    求人数対応地域お祝金
    3万件以上全国一部あり

    無料登録はコチラ

  • パーソルキャリア

    若者正社員チャレンジ事業(東京都の支援事業)
    ゼロから正社員を目指し、これまでに500名以上が就職決定

    求人数対応地域お祝金
    100社以上東京都実習期間中に
    支援金あり

    無料登録はコチラ

もっと見る


新着のバイト求人情報を確認

関連記事