HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > アルバイトの定期と交通費の素朴な疑問を解説!みんなはどうしてる?

アルバイトの定期と交通費の素朴な疑問を解説!みんなはどうしてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

アルバイトをしている方の中には、アルバイト先までの交通費の事で悩んでいる方もおられるかもしれません。例えば学生さんの場合ですが、アルバイト先に行く時に交通費がかかるとしましょう。

その交通費をどのように請求すればいいのか?また、定期などを購入してもいいのだろうか?そんな素朴な疑問を感じる事もあるでしょう。

今回はアルバイトの時の交通費と定期の購入についてのお話をしていきたいと思います。

アルバイトの交通費を定期で購入したい!



最近はアルバイトの方にも交通費を出すという企業が多いので、アルバイトをする人にとってはバイト代から交通費を出さなくていいのでとても助かりますよね。

毎日の事ですからしっかりと申請していただく方が得策です。ちなみにアルバイトの交通費をもらう時には注意しなくてはならない事があります。それは交通費と通勤手当についてです。

交通費というのは通う時にかかるバス代とか電車代とかですが、この交通費というのはお給料とは別になるので、支給されても課税される事はありません。

それが何?と思う方もいるかもしれませんが、実は意外とこれが重要になってくるのです。なぜならばアルバイトをする方の多くが夫や両親の扶養となっているからです。

扶養となっている以上は年間103万以上稼ぐことで扶養控除に問題が生じるからです。ですが交通費として支給されているものに関しては、課税対象ではないので心配する事はないのです。

でももしも「通勤手当」となると話は別です。手当は給料として支給されるものであるため、お給料に含まれてしまいます。するとお給料の計算では103万以下になるはずなのに、それを超えてしまう可能性が出てくるのです。

なので交通費を支給していただくのであれば、交通費としていただくように気を付けましょう。つまり通勤手当の場合は年間103万を超えないように調整が必要になるという事になるのですね。

アルバイトの定期については他にもあります。例えば学生がアルバイトをする時に交通費をもらう場合です。

アルバイト先が学校の通学路にある場合



学生がアルバイトをする時によくあるのが「学校の通学路上にある企業で働く」ですよね。学生の多くは定期券を購入して、定期を使って学校へ通っているので通学路だった場合には定期券で通う事ができるのです。

そんな方がアルバイト先で交通費を支給してもらう場合には疑問が生まれます。それは学校の通学のための定期で間に合うのに、アルバイト先で交通費を支給してもらえるのかどうかです。

一般的にアルバイト先が通学路上にある場合、定期券を使って通う事が多いでしょう。この時学校じゃなくても定期券を持っていれば、問題なく通う事は可能でしょう。

まさか定期券があるのにわざわざバイトの時にお金を出してアルバイトに通う事はありませんよね。この場合は定期券があるのでそれを利用して通って問題はありませんが、アルバイト先と交通費について相談してみても問題があるとは言えないでしょう。

でも定期券があるのにアルバイト先から交通費を支給してもらったらどうなるのでしょうか?もしもバレてしまった時に何か問題が起こるのでは?と思いますよね。

実は通学に使っている定期でアルバイトに通っても何も問題は無いのですが、定期を持っているのに交通費をもらっていたとなると、問題が起こる可能性もあるのです。

バイト先に通学定期の事がバレたらどうなる?



もしもバレてしまった場合、アルバイト先の経営者の中には「返金してもらいたい」という事もあるかもしれません。その場合は支給されていた交通費を返金しなくてはならないでしょう。

もちろん定期を使っていても交通費を払うのが当たり前だと思っている企業の場合は、定期券とは別に交通費を出してくれる企業もあるでしょう。ですが何となく気持ちが良いのではありませんよね。

そうならないためにも、最初の段階で通学路にアルバイト先があるので、学校の定期券を使って通いますと伝えるといいでしょう。最初から知っていれば企業側も後から知って嫌な気持ちにならずに済みますよね。

意外と通学に使う定期とは別に交通費を出してくれるという企業も多いです。もちろん中には定期券があるのだから必要ないだろうと考えるオーナーもいるでしょう。

どちらになるのかはアルバイト先のオーナーさん次第となりそうです。後から問題になる方が辛いですよね。だからこそ最初の契約を行う時に定期意見は持っていますが……とお話しするべきです。

今回はアルバイト先でもらう交通費と通勤手当の違いや、課税に関するお話をしただけではなく、アルバイト先でかかる交通費についての疑問にもお話いたしました。

特に扶養となっている場合には、交通費の支給がどのような形になっているのかをしっかりと把握しながらお仕事をされるといいですね。

通勤手当として支給されているのであれば、店長さんに相談してみるとか仕事をする時間を調整する必要があるからです。特に毎日アルバイトをする場合は十分に気を付けるようにしましょう。

関連記事