HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > アルバイトだと賃貸契約ができないって本当?どうやって借りるのか?

アルバイトだと賃貸契約ができないって本当?どうやって借りるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

アルバイトをする人全てが自宅からアルバイト先に通っているわけではありませんよね。中にはアルバイトをしながら一人暮らしをしている方だってたくさんいらっしゃいます。

何かの事情によってアルバイトの状態で家を探そうとしている方だっていらっしゃるでしょう。ですがアルバイトをしているからと言っても簡単に賃貸契約が結べるとは限らないのです。

今回はアルバイトの方が賃貸契約を結ぼうとした時の注意点や、問題点、どうやったら審査が通るのかについてのお話をいたします。

賃貸契約の審査はそんなに厳しいものなの?



経験された方もいらっしゃるかと思うのですが、アルバイトの方が賃貸契約を結ぼうとしてダメだった、という例は意外と多くあるようです。せっかく一人暮らしをしようとしているのにダメだと悲しくなりますね。

アルバイトと言ってもフルタイムでお仕事をされている方もいらっしゃるでしょうし、時給が高くてお給料が高いという方もいらっしゃるものですよね。

しっかりと家賃を払ってもらえれば問題はないのだから、アルバイトだって良いと思うものですが、実は賃貸契約を結ぶ時というのは審査があって、アルバイトだと審査が通らない事があるのです。

ですが賃貸契約をするときの審査ではアルバイトだから、パートだからといって審査が通らないわけではありません。特別に何らかの理由がなければ審査が通らない事はありません。

つまり賃貸契約をしようとして審査に通らなかった方の中には、アルバイトだからという理由ではない別の理由で審査が通らなかったと考えた方が良さそうです。

では賃貸契約が通らなかった方の何がいけなかったのでしょうか?

アルバイトが賃貸契約を結べる条件とは?



先ほど話した通り、アルバイトであってもパートであっても賃貸契約を結べないという理由はありません。実は賃貸契約が結べなかった理由は仕事の形態が原因ではなかったのかもしれませんね。

例えば最もいけないのは携帯電話の支払いが何度も滞ったりすると、賃貸契約が結べないという事があるようです。これはクレジットカードなどの審査と同様の理由ですね。

支払いが毎月しっかりとできないとみなされてしまったのでしょう。実はこの他にも賃貸契約の審査に落ちてしまう事があります。例えばアパートやマンションの規定に関係している事もあるようです。

審査は通ったけれど、大家さんが拒否したりした場合にも賃貸契約の審査に落ちる事があるようです。年齢的なものもあるでしょう。男性より女性の方が良いと考えるケースも多いようですね。

他には常識的な人であると判断された場合には良いかもしれませんが、見た目や話し方で落ちてしまう事もあるようなので、十分に気を付けるようにしましょう。

また、家賃の滞納が起こらないようにするためには、保証人を立てるように言われる事もあります。この時に保証人が立てられなかった場合には残念ながら審査に落ちてしまう事もあるようです。

これらの様々な要因によって審査に通る通らないが決まっている事も頭に入れておくといいでしょう。

間違ってもアリバイ会社を使うのはやめましょう



最近よく目にするのが『アリバイ会社』を使って賃貸契約を結ぶというお話です。これって本当に良いのでしょうか?そもそもアリバイ会社というのはどういう会社なのかからお話いたします。

アリバイ会社というのは賃貸契約を結ぶ時に、アルバイトだったりパートだったりして審査に通らない気がする、そんな時に企業に正社員として勤めているように見せかけて、審査を通すお手伝いをする会社です。

確かにしっかりと支払いができるのにアルバイトだという理由で落とされてはつらいですよね。家賃さえ滞納しなければ問題は無いのでは?と軽い気持ちで利用するとしましょう。

もしも賃貸契約の審査とかでアリバイ会社を利用していた事がバレてしまったらどうなると思いますか?もしかしたら二度と審査に通らないかもしれませんよね。

嘘をついて賃貸契約を結ぼうとしたのですから、良い結果にはならないでしょう。賃貸契約が結べないと困る方もいらっしゃるかもしれませんが、アリバイ会社を利用するのはやめましょう。

もしもどうしても一人暮らしをしたいと思っているのであれば、寮を完備している企業でアルバイトをしてみてはいかがでしょうか。賃貸契約を結ばなくても済むので、一人暮らしを始めたい方にはおすすめです。

また、会社によっては借り上げをしてくれるところもあるようなので、会社に相談してみるというのも良いかもしれませんね。

今回は、アルバイトの方やパートの方がアパートやマンションの賃貸契約の審査に通りにくい、というお話をいたしましたが、実際にはアルバイトであっても賃貸契約が結べないわけではない事がわかりました。

賃貸契約の審査に落ちてしまうのには、他に理由があった可能性があるという事もわかったので、普段から滞納したり支払いが遅れたりしないように十分に気を付けるよう努めると良いでしょう。

いきなり賃貸契約を結ぶのではなく、寮がある企業でアルバイトをする事もおすすめです。

関連記事