HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > アルバイトの通勤時間の平均はどのくらい?理想の距離と時間とは

アルバイトの通勤時間の平均はどのくらい?理想の距離と時間とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

アルバイトをしてお小遣いを増やしたい!もっと自分の好きなものにお金を使いたい!そんな気持ちで高校生になったらアルバイトを始める人も多いはずですよね。

実際にアルバイトをしてみたら、やっぱり自分が働いたお金を使うのって嬉しいものです。ところでアルバイトをする場所って自宅や学校からどのくらい離れていますか?

今回はアルバイトの通勤時間はどのくらいが理想的なのかについてを調べてみました。

これからアルバイトを探したいと考えている方が、通勤距離の平均はどのくらいなのか知りたいという方の、参考になれば幸いです。

アルバイトの通勤時間の理想的な時間は何分?



経験からすると学生がアルバイトをする場合には、アルバイト先への通勤時間は自宅から、もしくは学校から数十分くらいが理想的ですよね。

学生だったら自転車やバイクで5分~10分くらいだったら嬉しいですね。夕方からのアルバイトの場合はできるだけ近い方がありがたいです。特に女性の場合はその方がありがたいですよね。

危険回避のためにも近くのアルバイト先の方が嬉しいわけです。ニュースなどでも夜遅くアルバイト先から戻る時に、危険を感じたという話も聞きます。

ただし近くだと困る事も多少はあるもののようです。例えば近くだと知っている人が来るので、あまり嬉しくないという方がいたり、同じ学校の人が一緒に働くなどの問題もあるみたいですね。

ですがこれに関しては誰もが経験する事でもあるので、よほど嫌だという場合は若干離れた場所でアルバイト先を探してみると良いでしょう。

理想的な通勤時間が10分~20分程度であるのはわかりましたが、実際にアルバイトをしている方はどのくらいの通勤時間なのでしょうか?こちらも調べてみました。

アルバイトの通勤時間の平均的な時間は〇分



実際にアルバイトをしている方はどのくらいの通勤時間でお仕事をされているのでしょうか?調べてみたところ、驚く事に10分~20分の間だという方が最も多かった事がわかりました。

つまり理想的な通勤時間内のアルバイト先で働いている方が非常に多いのです。次に多いのが30分~1時間でした。ちなみにそれ以上かかる通勤時間の方は10%以下となっていました。

2時間以上という方はさすがに少なかったので、やはり自分の家の近くでアルバイトをしている方が多いのですね。

ところで通勤時間が10分~20分の間で働いている方のメリットは、バイトに行くのも自宅に戻るのも早くて良いという方が多かったです。さらに天候にあまり左右されないというのもメリットみたいですね。

また、30分以上離れた場所の場合だと地元の人間に合わなくて済むという点が良い点のようでした。また自宅と学校の間にアルバイト先があると、余分な交通費がかからなくて良いという声も多かったです。

確かに通勤する時間が離れていると交通費がかかってしまうので、結構大変だと感じる方も多いようで、余計な費用がかからない距離にアルバイトが見つかると助かるようです。

アルバイトの通勤時間が長い場所は車通勤が許されている事が多い



高校生だと車通勤はできないので困りますが、何らかの事情で働く先が遠くて通勤時間が長いところもあります。例えば工場などがそうでしょう。

住宅地に作るわけにもいかないので、当然ですが人里離れた場所に建設する事もありますから、どうしても遠くなってしまうものです。そのためアルバイトでも車通勤が許されているところがあります。

もしも車の運転ができない場合でもこうした場所には通勤用のバスが出ている事がありますので、車の運転ができなくても送迎バスを活用すれば安全に通勤ができるでしょう。

そうはいっても学生さんの場合は学業を優先しなくてはなりませんから、高校生や学生さんの場合にはできるだけ通勤時間が長いアルバイト先を選ぶのは避けた方が良いかもしれませんね。

どうしてもアルバイトをしなくてはならない場合には、送迎バスがあれば利用して決して徒歩などで行こうとか、自転車で行こうなどとは考えない事です。防犯上の意味も含めて危険を回避しましょう。

なぜアルバイトの通勤時間が重要なのか?



どうしてアルバイトをするのに通勤時間が関係しているのかですが、アルバイトを長く続けるには無理が無い方が良いわけです。もしも毎日の仕事に行く時間が長いときつくなってしまう事もあるからです。

例えば仕事がとても忙しくて疲れてしまった後、帰るのに時間がかかったら疲れが倍増して感じるでしょう。長くアルバイトを続けるためにも、通勤時間は短めの方が良いのですね。

冒頭でお話ししたように、女性の場合は安全面の問題からも自宅や学校から近い方が良いでしょう。もしも通勤を徒歩で行う場合には、何かがあった時のために防災ベルなどを持っておくのも良いですね。

もしも何かがあった場合にすぐに大きな音を出して、近隣の方に助けを求められるようにしておくと良いですね。

自分の身を守る事を最優先に考えると、やはり通勤時間は短めの方が良いという事になりそうです。

今回はアルバイトの通勤時間についてのお話をいたしました。実際にアルバイトを経験した側としては、バイトで疲れていて戻る時に遠いとげんなりしてしまったのは事実です。

なるべく近い距離のバイト先を探して良かったなと今でも思っています。ただし明かりが少ない通勤路だったので、防犯対策だけはしっかりする事を強くおすすめいたします。

関連記事