HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > 調理のアルバイトは料理ができなくても大丈夫?

調理のアルバイトは料理ができなくても大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

飲食店のアルバイトはホールかキッチンかに分かれます。ホールは接客が主な仕事ですが、キッチンはお客様からの注文を受けたら料理を作らなくてはなりません。

ですが一度も料理を作る事ができないのに、キッチンの仕事がこなせるのだろうかと不安に感じる事もあるのではないでしょうか。

今回はキッチンでアルバイトをする時、料理ができなかったとしても仕事ができるのかについてを、簡単ですがお話していきましょう。

キッチンのアルバイト料理をする必要がない


結論から言うと、特別料理ができる人ではなくてもお仕事はできます。なぜならば全てマニュアルがあって、マニュアル通りにお料理は作るようになっているからです。

さらにチェーン店の場合は、アルバイトの方が料理を作るという事はあまりありません。最初の段階ではご飯を盛って測りにかけて、提供するお手伝いをしたりします。

他にする事は、料理に使うためのソースや調味料の補充をしたり、清掃業務などをする事がほとんどです。当然ですが仕事に慣れてきたら他の仕事も任されるかもしれません。

ただしレストラン以外の場合には、調理をしなくてはならない仕事もありますので、自分のスキルに応じて働く場所を選ぶと良いかもしれません。

ではキッチンで作る料理はマニュアルがあると言いましたが、このマニュアルについてお話をします。

キッチンで作る料理はマニュアルがある


レストランのメニューには全てマニュアルがあります。レストランでは一つのメニューに使う材料も、量も決められているので焼いたり温めたりする他調理はしない事が多いです。

もちろん調味料の量もあらかじめ決められていますが、一つ一つが丁寧に説明されている事が多いので、問題なくお仕事ができるはずです。さらにしっかりと先輩に教えてもらえます。

でもマニュアルがあるとはいっても、中には全てがレトルト製品というお店も存在しています。でもそれは悪い事ではなく美味しい料理をいつも同じ味で提供するための企業努力ですね。

ちなみにレストランによっては、野菜の切り方などもマニュアル化されているところがあるので、料理ができなかったという人でもとても勉強になるのです。

キッチンのアルバイトは料理の基礎が覚えられる


アルバイトにキッチンを選んだ場合、料理ができなかったとしても料理の基礎を覚える事ができます。例えば野菜の切り方もそうですが、味付のやり方なども学べます。

キッチンの中ではあまり作らないかもしれませんが、デザートの盛り付けやカクテルなどの作り方なども学ぶ事ができる場合があります。

自分の家で作るかどうかは未知数ですが、料理の基礎を学ぶ事ができれば一人暮らしを始めた時に、自炊をする時などにも役立つスキルとなるはずですね。

他に、自分が実際にキッチンでアルバイトをした時には、パイ生地の作り方を教えてもらったり、サラダ用のドレッシングの作り方を教えていただいたりもしました。

それが今になっても役立っています。ところで話は変わりますが、なぜキッチンは女性よりも男性の方が多いのでしょうか?

実際にキッチンの料理長をしている方に聞いたお話を、参考までにお話してみたいと思います。

キッチンにはなぜ男性が多いのか?


お話によると、男性は体温が比較的低く、一月を通して体にも変化がないため、味覚に違いが出にくいのだそうです。一方女性はというと月経がある時は味覚が変わる事があるようです。

また、月経の前後はイライラしたり精神的にも変化があるため、同じ味を常に求められる調理師には向かないと言われていたのだそうですね。もちろん現在では女性の料理長もたくさんいらっしゃいます。

それにチェーン店の場合は、ほとんど調理をする時にマニュアルがあるので、女性でも男性でも料理長として活躍する場があるようです。なのでどんどん女性もキッチンでお仕事をできるようになったようですね。

女性なら将来結婚をした時などに、料理の基本的な事を覚える事ができれば、家族のために美味しい料理を作ってあげられますよね。

しかしながら、男性の方が調理師として働いている事が多いので、不思議だと常々思っていましたので、その謎の一部を知って驚かれた方もいるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、キッチンのアルバイトで働く時に、調理について何も知識がなかったとしても、慌てる事なく働く事ができるのかどうかについてをお話ししました。

調理の事を何も知らなくても、全てマニュアル化してあるので大丈夫という事もわかりました。

さらに女性より男性が料理長に多いという疑問の答えも一つだけわかりました。もしもこれから調理のお仕事をしてみたいと思う方は、料理を知らないからといって諦めてはいけません。

誰にでも平等に機会があるという事を頭に入れて、怖がらずにどんどんチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

将来自分でお店を持ちたいと思っているのであれば、マニュアル化されていない手作りのレストランでお仕事をされてみても良いでしょう。

そして少しずつでもいいので自分の夢を叶えられるようにチャレンジしてみると、きっと楽しくお仕事ができるのではないでしょうか。

関連記事