アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 今更聞けないバイト知識 > どうしてバイトって安いの?その理由を探してみました!

どうしてバイトって安いの?その理由を探してみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

アルバイトってどうしてお給料が安いんだろう?そう感じた事ありませんか?アルバイトの方が社会保険や年金が引かれないのに、どうしてお給料が社員よりも安いのか?そんな疑問を感じた事がある方のために、どうしてアルバイトって給料が安いのかについてを調べてみました。

バイトの給料が安い3つの理由



昔っからアルバイトってお給料が安くて不満に感じている方っていませんか?実はアルバイトやパートの人の給料って、正社員と比べると段違いに安かったりするんですよね。同じ時間帯働いているのにどうしてこんなに違うの?と感じる方もいるかもしれません。

でもよく調べてみるとアルバイトやパートと正社員では「仕事の内容」「仕事の責任」「仕事の時間」がアルバイトとは違うからだという事がわかりました。その中でも特に違うのが労働時間です。

正社員はアルバイトやパートと違って仕事をする時間が長い事が多いのです。例えばアルバイトとかパートはシフト制である事が多いですが、正社員はシフト制とかは関係がありません。

特にお給料を安くしている原因がこのシフト制ですよね。社員の方は毎日出勤して仕事をしますが、パートやアルバイトは契約した曜日や時間しか働く事ができません。多少残業があっても毎日ではありませんよね。

これがバイトの給料を安くしている最大の原因なんです。それでも海外のアルバイトやパートと比べると、かなり日本のバイトやパートの給料は多い方なんですけど……。

バイトの種類によってはお給料が高いところもある



でも本当にバイトやパートの方が給料が安いのか?ここに注目してみました。調べてみるとバイトやパートでも正社員並みのお給料の仕事もあります。サービス業の中にはバイトもパートも社員も同じ時間、同じ日数働ける会社があるのです。

その会社だとバイトやパートの方が給料が良いケースもあるのですね。その差は福利厚生にあるとも言えます。正社員の場合は保険や年金といったものが差し引かれているのですが、バイトやパートの場合はそれがありません。

だから手取りで言えば多めに感じるというのもあるかもしれませんね。あとは主婦の場合は年収の問題があるのでどうしても超えてしまわないように日数や時間を制限しているというのもあります。

それを気にしないで働けば意外とお給料は高くなるものなのです。とはいってもやはりバイトと正社員では差が出るのはある意味仕方がない事なのかもしれません。少なくとも現在の賃金水準が上がらなければ問題の解決はできないでしょう。

高額報酬になりやすいバイトの種類



どうしてもバイトでも高額報酬を狙いたいのなら業種を考えて仕事を探すと良いでしょう。例えば肉体労働って時給も良いし短期間でお金が欲しい人にはぴったりです。土木関係などは良いかもしれませんね。

深夜帯の仕事は深夜料金になるので割増でお給料が高くなる傾向にあります。短時間でも長時間働いたくらい稼ぎたいのなら、深夜帯の飲食店で仕事をしたりすると良いかもしれません。

比較的楽な仕事で深夜帯の仕事と言えば、ネットカフェなんかは最適ですけれど、女性従業員を雇うところは非常に少なくて、ほとんどが男性の募集になるのが嫌ですよね。女性の場合は深夜帯の居酒屋さんなんて良いかもしれません。

ただし明け方家に戻ってそこから寝るので、昼夜逆転の生活になってしまう事になりますから、体調管理には十分に気を付けてお仕事をすると良いですね。意外と深夜の仕事も楽しめるものが多いので、チャレンジしてみても良いかもしれません。

あまりにもバイトの給料が安いなら別の仕事を探すのも吉!



今の仕事に慣れているので本当は転職したくないと思っているのならば、店長などにかけあってみるのも良いかもしれません。自分の働きを認めてもらえていれば時給を上げてくれる事もあるからです。

でも人によって働いてくれているという感覚は違うので、話し合いをしても時給が上がらない事もあります。そんな場合には転職を考えてみても良いかもしれません。同業種なら仕事も覚えやすいので採用されやすいかもしれませんよね。

転職する際には以前の仕事の内容などを話、自分がある程度仕事に慣れているという事をアピールしてみても良いでしょう。そして与えられた仕事を丁寧にしていれば、認めてもらうのも早いですし時給も自然に上がっていくでしょう。

自分の働きに合った給料をもらうのは当然の事ですが、あまり自己主張が過ぎると逆効果になる事もあるので十分に注意する事も必要です。実際に働いてみたら他の人の方が働きが良いなんて事もよくあるからです。

評価してもらいたいのならあまり自分がすごいアピールをしない方が良いケースもあるので、これについても気を付けながらうまくアピールできると良いですね。

まとめ



今回はアルバイトの給料が安いのはどうしてなのか?正社員じゃなくても給料を上げる方法はないのか?そしてどうしてもお給料が上がらない場合には転職を検討した方が良いという事をご紹介いたしました。

誰にでも得手不得手というのはありますし、この際だから自分に合った仕事を探してみるというのも良いかもしれませんよね。また時給が最初から高めの深夜帯の仕事を探してみるというのもおすすめなので、自分の条件に合った仕事を見つけて満足するお給料を得られるよう頑張ってみましょう。

関連記事