アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 職種別メリット・デメリット > 便利屋で持っておくと良い資格・個人とお勤めどちらが得?

便利屋で持っておくと良い資格・個人とお勤めどちらが得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

今回が一応『便利屋』シリーズのラストとなります。これまで便利屋の仕事の中でもおもしろいというか、めずらしい仕事についてを特集してきましたけれど、今回はちょっと違った内容をお届けいたします。

便利屋は猫の手も借りたいと思っている方のためのサービスを行っていますが、個人でもできそうなイメージがあるのも事実です。そこで今回は便利屋は個人でやるのと企業で勤めるのとどちらが良いのかを特集してみました。

便利屋は個人でも開業する事が可能なお仕事



便利屋というのはこの仕事をする!という明確なものはありません。依頼主が「これをして欲しい」と思った事が仕事ですから、その仕事をこなす事ができればどんな事も仕事になるわけです。なので個人でできるサービスだけに限定すれば個人でも開業は可能です。

中には便利屋をしている企業に就職して仕事を一通り覚えてから独立して仕事をする方もいらっしゃるようです。この場合だとサービスによって使う道具や工具の選択も簡単ですし、やり方も覚えられるので良いですよね。

個人で開業する時に注意すべきなのは、全てができるわけではないので得意分野での実績を伸ばせるように努力すると良いようです。というのも強みがあればそれだけ生き残る確率を上げる事になるからです。

一度お客様がついてくれれば何かの時には依頼してもらえるので、普段からお客様との関係は友好的に行うと良いですね。

便利屋になるために必要な資格ってどんなの?



気になるところですが、何よりも絶対に持っておいた方が良いのが『運転免許』です。お客様のところへ行くときに電車やバスを活用して……。なんて事ではお客様に良い印象を与えません。

運転免許も普通車はもちろんですが大型車の免許があると、仕事の幅も広がっていくでしょう。ユニック車などを使えたら効率よくお仕事の依頼を増やす事もできるでしょう。

お客様を乗せて移動する事もあるかもしれないので、二種免許があるとさらに仕事の幅が広がります。中には不用品の回収などの依頼も受ける事があると思うので、廃棄物処理業の申請や運送届出などもしておくと良いですね。

特に電気工事の資格はかなり稼ぐ事ができるので取得しておいて損はしません。その分資格の取得に時間と費用がかかりますが、安定すれば一生仕事に困る事は無いかもしれません。そういう意味では先行投資は必要です。

ちなみに資格を持っていないといけなかったり、許可の申請が通らないと特別な業務を行う事はできないというわけです。手間がかかるし費用もかかるのが個人での開業する事のデメリットですね。

では次に個人で開業した場合と企業に属した状態でお仕事をした場合、どちらの方が得なのかについてをご紹介していきましょう。

企業と個人で収入に大きな違いはあるのか?



便利屋のサービスを行っている企業は年々増加傾向にあります。かなり大手の企業で便利屋サービスを行っているところがあるので、企業でお勤めしながら便利屋の仕事を行う方もかなり多いです。

大手企業だと大々的に宣伝活動を行っているので、お客様の数も多いでしょう。そのため仕事が無くて暇という事も無いでしょうし、様々な仕事の依頼があるので当然売上も期待できるでしょう。

企業でお勤めした場合ですが、ひと月15万円くらい~20万円程度のお給料が期待できるようです。もちろん勤続年数や働きによってベースアップはしていくでしょう。福利厚生面でも満足できる企業もありますよね。

一方で個人で開業した場合ですが、仕事の量が多ければそれだけ報酬の方も期待できるでしょうけれど、継続的にお仕事の確保ができなければ安定した収入を継続させるのは難しいかもしれません。

もちろん他の便利屋と差をつけるだけの目玉的なサービスがあれば安定した収入を望めるかもしれませんが、そこまでには長い道のりが必要になる事もあるかもしれません。

結論!便利屋は企業の方がやりやすくて安全



安定した収入を得たい、安定した仕事の量を確保したいと考えたら努力すればやっただけ手に入る個人の方が良いかもしれませんが、そこまでの道のりを考えるとやはり企業に属している方が安定は得られます。

でも経験を積んだら自分で開業したいと思う方もいるでしょう。そういう場合には企業で勤めている間に必要な知識、必要な資格などを取得してあらゆるサービスを経験し経験値を積んで準備が整ったら個人で開業すると良いですね。

企業で便利屋の仕事をしていてその中でも自分にピッタリの仕事に絞って開業をするのもあるでしょうし、急いで個人事業主となってから失敗した!とならないように気を付けて仕事を覚えると良いですね。

開業はいつでもできるので焦らず仕事をやりながら独立する方向で考えておくと良いでしょう。お勤めしている間に新しいサービスや可能性を見出す事もできるかもしれません。

まとめ



今回は便利屋のシリーズの最終回でした。便利屋はどんどん増え続けている事業でもあります。なのでこれから先の事を考えて独立を目指してみるのも良いですね。

高齢化社会になればお年寄りのためのお仕事の種類も増えていきますし、福祉では手の届かないサービスを行う事もできるようになるでしょう。だから便利屋は期待が高い業種なのです。

この記事が便利屋の事を知りたい、将来は個人で開業してみたいと考えている方の役に立てれば幸いです。

関連記事